ShredとGrateの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


細切りとおろしの主な違いは、細切りは長い断片になり、おろしは短い断片になることです。

細切りとおろしは、よく似た調理方法なので混同してしまいがちです。

細切りとおろしは、調理時間や固さによって違いがあります。

どちらもチーズやココナッツ、ニンジンのような葉のない野菜などの食品に関わります。

簡単なキッチン用おろし金を使って、食材を千切りにすることも、すりおろすこともできます。

スポンサーリンク

シュレッドの意味

料理で、シュレッダーは、千切りまたは薄いストリップにカットすることを意味します

レシピは、通常、チーズ、ニンジンやキャベツのような細断された食品を必要とします

千切りは、おろし金を使用して行うことができます – 手おろしや箱のおろし金のどちらか。

千切りには、大きな穴の開いたおろし金を使うとよいでしょう。

フードプロセッサーを使うこともできます。

図1:シュレッドチーズの作り方

上の図にあるように、シュレッドチーズはチーズの薄い帯のようなものです。

細長いので、すりおろすよりも溶けたり焼けたりするのに時間がかかる。

おろし金で野菜を細かくする前に、まず野菜をきちんと洗い、必要であれば外皮をむきます

そして、大きな穴にそって野菜を押していきます。

このとき、上から順番に押していくと簡単です。

指を傷つけないように注意してください。

Grate の意味するところ

おろし金で食材をこすって細かくすることです。

チーズや根菜類など、葉のない食材に使用します。

細切れにするのに比べて、すりおろすと粉のような小さな破片ができます。

図2:すりおろしたココナツ

チーズを早く溶かしたいときや、野菜を液状にしてソースにしたいときなど、すりおろすのは理想的です。

小さな穴の開いたおろし金ですりおろすことができます。

シュレッドとグレートの類似性

  • チーズやココナッツ、ニンジンやキャベツのような野菜など、食材を細かく切ったり、スライスしたりします。
  • チーズやココナッツ、ニンジンやキャベツなどの野菜など、食材を細かく切ったり、おろしたりします。
  • どちらも細かい千切りになります。

シュレッドとグレートの違い

定義

シュレッダーは千切り、おろし金はおろし金でこすって食材を細かくすることを意味する。

シュレッドの大きさ

千切りは薄い短冊状、すりおろしは粉のような小さな食べ物の断片になります。

おろし金

千切りは穴の大きい方を使いますが、おろしは小さい方を使います。

調理時間

細切れの食品は調理に時間がかかり、おろした食品は早く調理されます。

例えば、細切れのチーズは、おろしたチーズよりも溶けるのに時間がかかる。

結論

チーズやココナッツ、ニンジンやキャベツなどの野菜など、食材を細かく切ったり、スライスしたりするのが「千切り」と「おろし」です。

細切りとおろしの主な違いは、細切りは薄い帯状になり、おろしは粉のように見える小さな食べ物の断片になることです。

さらに、細切れのものは調理に時間がかかるのに対し、おろしたものは早く調理できる。

タイトルとURLをコピーしました