半加算器と全加算器の回路の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


半加算器と全加算器の主な違いは、半加算器が1ビットの数値2つの加算を行うのに対し、全加算器は1ビットの数値3つの加算を行うことです。

デジタル回路は、ブール論理関数を表現するための論理ゲートで構成される回路です。


デジタル回路の一種に組合せ論理回路がある

これらの回路の出力は、現在の入力に依存する。

これらの回路は記憶素子を持たない。

加算器は、2値データに対して算術加算を行うことができる組合せ回路です。

加算器には、半加算器と全加算器の2種類があります。

いずれも和とキャリーが出力される。

スポンサーリンク

半加算器回路とは

半加算器とは、1ビットの数値を2つ加算することができる回路です。

1ビットの入力を2つ、出力を2つ持っています。

回路図は次のとおりです。

Main Difference - Half Adder vs Full Adder Circuit_Figure 1

真理値表は以下の通りです。

AとBが入力で、SumとCarryが出力です。

和のブール式はS = A B / + A / Bです。

キャリーのブール式はS = A B

フルアダーとは

フルアダーとは、1ビットの数値を3つ加算することができる回路です。

2つの1ビット入力に加え、前のビットの加算から生成されるもう1つの入力があります。

>となります。

和のブール式は、S = A / B / Cin + A / B C/ + A B Cin + A B / Cin / です。

キャリーのブール式は、S = A B + A Cin + B Cin

半加算器2個で全加算器を表現することができる。

半加算器と全加算器の回路の違い

定義

半加算器とは、2つの1ビット2進数を加算し、和とキャリービットを与える加算回路であり、全加算器とは、3つの1ビット2進数を加算し、和とキャリービットを与える加算回路です。

これが、半加算器と全加算器の主な違いです。

入力

さらに、半加算器は2つのオペランド(A、B)を入力とし、全加算器は2つのオペランド(A、B)とキャリービット(Cin)を入力とします。

前キャリービット

半加算器では、入力として前キャリービットはありません。

しかし、全加算器では、入力として前のキャリービットがあります。

この点も、半加算器と全加算器の違いです。

使用方法

半加算器は1ビットの数字を2つ足すのに役立ち、全加算器は1ビットの数字を3つ足すのに役立つ。

結論

半加算器と全加算器は、2つの組合せ論理回路です。

半加算器と全加算器の主な違いは、半加算器が1ビット数2個の加算を行うのに対して、全加算器は1ビット数3個の加算を行う点です。

タイトルとURLをコピーしました