SQL Serverにおけるインスタンスとデータベースの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


SQLサーバーにおけるインスタンスとデータベースの主な違いは、インスタンスがオペレーティングシステムのサービスとして実行されるsqlservr.exe実行ファイルのコピーであるのに対し、データベースはテーブルにデータを格納する体系的なデータの集合体である点です。

SQL Serverは、Microsoft社が開発したRDBMSです。

GUIとコマンドラインの両方から構成されています。

プログラマーはSQLを使ってクエリーを書き、SQL Serverで実行することができます。

SQL Serverは複数の利点を提供します。

SQL Serverは、データベースの作成と管理を可能にし、分析サービスやレポートサービスなどのサービスを提供します

SQL Serverにはインスタンスとデータベースという2つの用語があり、インスタンスとデータベースはSQL Serverに関連する用語です。

スポンサーリンク

SQL Serverにおけるインスタンスとは

インスタンスとは、sqlserver.exeという実行ファイルのコピーです。

言い換えれば、SQL Serverのインストールです。

プログラマーがSQLサーバーをn回インストールした場合、n個のインスタンスが作成されます。

1台のコンピュータで複数のデータベースエンジンのインスタンスを実行することができ、1つのインスタンスで複数のデータベースを管理することができます。

Javaや.NETアプリケーションからデータを送信する場合、まずそのデータベースを管理するインスタンスに接続する必要がある

Main Difference - Instance vs Database in SQL Server

SQLサーバーには、デフォルトとネームドという2種類のインスタンスがあります。

SQLサーバーのインスタンスには、デフォルトのインスタンスは1つですが、ネームドインスタンスは複数あります。

ある接続要求でコンピュータの名前だけが指定された場合、その接続はデフォルト・インスタンスに対するものです。

プログラマーがインストール時にインスタンスに名前を付けた場合は、名前付きインスタンスとなります。

この状況では、接続要求には、インスタンスに接続するためのコンピューター名とインスタンス名を指定する必要があります

SQL Serverにおけるデータベースとは

データベースとは、関連するデータの集まりで、それらをテーブルに格納したものです。

テーブルの行は、レコードまたはタプルです。

カラムは属性です。

さらに、各カラムには、id、name、age、city などの特定のタイプの情報のデータが格納されます。

 SQL Serverデータベースは、ファイルシステム内のファイルに格納されます。

データベースには、1つまたは複数のオブジェクト所有グループが存在します。

これらはスキーマと呼ばれます。

各スキーマ内には、テーブル、ビュー、ストアドプロシージャなど、多くのデータベースオブジェクトが存在します。

プログラマーは、SQLサーバー管理ツールを使って、SQLサーバーのデータベースを管理することができます。

このツールはグラフィカルユーザーインターフェースを備えています。

そのため、データベースやデータベースオブジェクトの作成と管理が容易です。

さらに、クエリエディタでSQLコマンドを記述し、それを実行することができます。

SQL Serverにおけるインスタンスとデータベースの関係

  • 1つのインスタンスが複数のデータベースを管理します。

SQL Serverにおけるインスタンスとデータベースの違い

定義

インスタンスとは、オペレーティング システム サービスとして実行される sqlservr.exe 実行ファイルのコピーのことです。

データベースは、構造化されたデータの特定のセットを格納するテーブルのコレクションです。

したがって、これらの定義には、SQLサーバーにおけるインスタンスとデータベースの主な違いが含まれています。

基本情報

インスタンスは SQL Server のインストールで、データベースはデータの集合体です。

数量

SQLサーバーのインスタンスとデータベースのもう一つの違いは、一つのインスタンスに一つ以上のデータベースがあるのに対し、一つのコンピューターに複数のインスタンスが存在できることです。

タイプ

SQLサーバーでは、インスタンスにはデフォルトと名前の付いた2つのタイプがあります。

同様に、データベースには、システムデータベースとユーザー定義データベースがあります。

結論

SQLサーバーにおけるインスタンスとデータベースの主な違いは、インスタンスがOSサービスとして動作するsqlservr.exe実行ファイルのコピーであるのに対し、データベースはテーブルにデータを格納する体系的なデータの集合体である点です。

タイトルとURLをコピーしました