花と実の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


花と果実の大きな違いは、花が被子植物の生殖器官であるのに対し、果実は卵巣から発達した種子を持つ構造物であることである

また、花は雄性配偶子、雌しべは雌性配偶子を生じ、果実は種子の散布に関与している。

花と果実は、顕花植物の有性生殖の後続産物です。

例えば、裸子植物は花をつけないので、「裸果」を作る。

スポンサーリンク

花ってなんだろう

花は、花を咲かせる植物に見られる生殖構造物です。

花は「ブルーム」「ブロッサム」とも呼ばれる。

花の生物学的機能は、配偶子の生成と、受精と呼ばれるプロセスで配偶子が結合するための機構を提供することによって、生殖を行うことである

例えば、花の主要な部分は、花弁と生殖部の2つです。

ここで、花弁の主要な部分は、萼と花冠の2つです。

萼は萼片の渦巻きで、葉のような形をしており、緑色に見える。

花蕾の内部構造を保護する。

また、花冠は花弁の渦巻きで、大きくカラフルな色をしている。

受粉媒介者を花に引き寄せる。

Flower vs Fruit:図1 カッパドキア科の花

さらに、花の生殖器として、雄しべと雌しべがあります。

ここで、雄しべとは、葯と糸状体からなる雄性生殖器官です。

葯の中には、精細胞を作ることができる花粉粒が存在する。

一方、雌しべは、花の雌の生殖器部分です。

子房は、卵巣、雄しべ、汚名で構成されている。

卵巣には、胚嚢の中に卵細胞を持つ子房があります。

スティグマは花粉粒を捕らえ、発芽した花粉粒の花粉管は、スタイルを通って卵巣に至る。

さらに、花は自家受粉と他家受粉を行う。

自家受粉では、融合した精細胞と卵細胞は同じ花に属する。

一方、他家受粉では、融合した精細胞と卵細胞は、同じ種の異なる植物に属する。

受精後、卵巣は果実となり、胚は種子に成長する。

果実とは

果実は、顕花植物において受精後に卵巣から形成される種子を持つ構造物です。

花を咲かせる植物は、果実によって種子を散布する。

そのため、果実には食用とする動物を引き寄せるための可食部があります。

一般に、果実は食物繊維や炭水化物、ビタミン、水分などを豊富に含んでいる。

一方、一般的な果実は、種子を取り囲むように果皮が形成されている。

この果皮は、外側から上皮、中果皮、内果皮の3つの層で構成されている。

また、被子植物は一般に、1個の精子核が卵核と融合し、もう1個の精子核が子房内の巨大胚葉の大きな中心細胞の2個の極性核と融合する二重受精が行われる。

前者は接合子を形成し、後者は種子の栄養部分である胚乳を形成する。

このとき、卵巣の壁は果皮となり、果実や核果のように肉厚のものと、ナッツのように硬い外皮を形成するものとがあります。

一方、雌しべ、雄しべ、花びらなどの他の部分は落ち、場合によっては萼片だけが残り、発達中の果実を保護する。

花と実の共通点

  • 花と果実は、顕花植物や被子植物の有性生殖において、その後発生する2つの産物です。
  • 花と果実は、被子植物の有性生殖において、配偶子の生成、受精、種子の生成と散布を担う。
  • そのため、花粉や種子の散布のために動物を誘引する適応性を持っています。

花と実の違い

定義

花は顕花植物の性器で、鮮やかな色の花冠(花弁)と緑色の萼(がく)に囲まれた生殖器(雄しべと子房)を含むものを指し、果実は木などの植物が種子を含み、食用として食べられる甘くて肉厚なものを指しています。

したがって、これが花と果実の大きな違いです。

結果

また、花が先に咲き、それが受精して果実となる。

コンポーネント

花は萼片、花弁、雄しべ、雌しべからなり、果実は果皮と種子からなる。

機能

さらに、花と果実のもう一つの違いは、それぞれの機能です。

花は受精を受け、配偶子を作る働きをし、果実は種子の散布を担当する。

結論

花は顕花植物の性器であり、配偶子の生成、受精、種子の生成を担う。

一般に、花は萼片、花弁、雄しべ、雌しべから構成されている。

一方、果実は、顕花植物の卵巣が作る種子を持つ構造物です。

種子の散布を担い、果皮と種子で構成される。

花と果実は、どちらも顕花植物の有性生殖の後続産物です。

しかし、花と果実の大きな違いは、その構造と機能です。

タイトルとURLをコピーしました