MVCにおけるコードファーストとデータベースファーストの考え方の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


MVCにおけるコードファーストとデータベースファーストのアプローチの主な違いは、コードファーストでは、プログラマが最初にプロパティ付きのエンティティクラスを作成し、次に定義されたエンティティクラスに基づいてデータベースとテーブルを作成することができることである

しかし、データベースファーストでは、まずデータベースとテーブルを作成し、そのデータベースを使用してエンティティデータモデルを作成することができます。

ソフトウェアの専門家は、ソフトウェア開発において様々なパターンに従っている。

そのひとつがMVCで、モデル、ビュー、コントローラの頭文字をとったものです。

モデルはデータとビジネスロジックを表し、ビューはアプリケーションのユーザーインターフェースを表し、コントローラーは入ってくるリクエストを処理します。

MVCのアプローチは、ソフトウェアアプリケーションの保守に役立ちます。

さらに、コードに修正を加えることも容易です。

そのため、ASP.NETなどのWebフレームワークでは、ユーザーがMVCパターンに従ってWebアプリケーションを開発することができます。

さらに、プログラマーは、データベースに対する操作を実行するために、エンティティフレームワークを使用することができます。

エンティティフレームワークを使用する2つの方法は、コードファーストとデータベースファーストのアプローチです。

スポンサーリンク

MVCにおけるコードファーストの考え方とは

コード・ファースト・アプローチでは、プログラマはまず、必要なプロパティを持つエンティティクラスを作成します

次に、エンティティフレームワークは、それらの定義されたクラスに従ってデータベースとテーブルを作成します。

同様に、コードも生成するのに役立ちます。

言い換えれば、プログラマがアプリケーションを実行すると、データベースが作成されます。

このアプローチの主な利点は、プログラマがビジネスオブジェクトからデータベースと関連テーブルを簡単に作成できることです。


プログラマはデータベースを構築することにあまり注意を払う必要がありません

その代わり、エンティティフレームワークのコードファーストのアプローチがそのタスクを引き受けます。

それから、プログラマは、イーガーローディングされなければならないコレクションを指定するか、または全くシリアライズされないようにすることができます。

しかし、このアプローチは小規模なアプリケーションにより適しています。

しかし、データベースファーストのアプローチには欠点もあります。

ストアドプロシージャを使う場合、プログラマはFluent APIを使ってストアドプロシージャをマッピングし、コード内にストアドプロシージャを記述しなければなりません。

また、データベースのテーブルを変更する場合、プログラマはコード内でエンティティクラスを変更しなければなりません。

そして、パッケージマネージャのコンソールから必要なコマンドを実行し、データベースを更新することができます

したがって、この方法はデータへの依存度が高いアプリケーションにはあまり向いていません。

MVCにおけるデータベースファーストとは?

データベースファーストアプローチでは、データベースとテーブルが最初に作成されます。

その後、プログラマーは作成されたデータベースを使用してエンティティデータモデルを作成することができます。

このアプローチでは、グラフィカルユーザーインターフェイスがあるため、最初にデータモデルを作成するのは簡単です。

次に、プログラマーがキーやリレーションシップをコードで記述する必要がないので、マッピングや作成が容易になります

したがって、この方法はデータへの依存度が高い大規模なアプリケーションに適しています。

一方、既存のデータベースを利用して.edmxモデルファイルと関連するコードモデルを生成すると、大量の自動生成コードを作成することになります。

MVCにおけるコードファーストとデータベースファーストのアプローチの違い

定義

コードファーストとは、エンティティフレームワークで利用可能なアプローチで、プログラマがMVCアプリケーションを構築する際にエンティティクラスを使ってデータベースを作成することを可能にする

これに対して、データベースファーストは、エンティティフレームワークで利用可能なアプローチで、MVCアプリケーションを開発する際に、プログラマがエンティティデータモデルを作成して最初にデータベースを作成することを可能にするものです

これが、MVCにおけるコードファーストとデータベースファーストの主な違いです。

方法

さらに、MVCにおけるコードファーストとデータベースファーストのアプローチのもう一つの重要な違いは、従った方法です。

コードファーストのアプローチでは、プログラマは必要なプロパティを持つクラスを最初に書かなければなりませんが、データベースファーストのアプローチでは、プログラマはGUIを使用して最初にデータベースを作成する必要があります

使用方法

さらに、コードファーストのアプローチはデータ集約的でない小規模なアプリケーションに適しており、データベースファーストのアプローチはデータ集約的で大規模なアプリケーションに適しています。

結論

ASP.NETのようなアプリケーションを使用する場合、プログラマはコードファーストまたはデータベースアプローチを使用することができます。

エンティティフレームワークは、プログラム内でこれら2つのアプローチを使用することができます。

MVCにおけるコードファーストとデータベースファーストの主な違いは、コードファーストのアプローチでは、プログラマが最初にプロパティを持つエンティティクラスを作成し、定義されたエンティティクラスに基づいてデータベースとテーブルを作成することができます。

しかし、データベースファーストのアプローチでは、まずデータベースとテーブルを作成し、そのデータベースを使用してエンティティデータモデルを作成することができます。

しかし、プログラマはアプリケーションに応じてどちらかのアプローチを選択しなければならない。

タイトルとURLをコピーしました