規範と価値観の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


規範と価値の主な違いは、規範は受け入れられる行動基準であるのに対し、価値は何が正しくて何が間違っているかを決めるのに役立つ原則であることです。

規範は、社会の秩序と安定を維持するために大きな役割を果たす行動基準です。

一方、価値観は、何が間違っていて何が正しいかを判断するのに役立つ抽象的な概念です。

価値観が一般的な指針であるのに対し、規範は具体的な指針です。

スポンサーリンク

規範とは何か

規範とは、物事のあり方ややり方について受け入れられている基準や方法のことです。

より具体的には、社会的集団のメンバーが共有する行動基準です。

これらは、不文律のようなものです。

例えば、人に会ったら握手する、人にぶつかったら「ごめんなさい」と言う、人が話しているときに割り込まない、お年寄りにドアを開けてあげる、くしゃみをしたら口と鼻を覆う、口をいっぱいに開けて話さないなどは、社会規範の一部です。

また、文化や社会、環境によって規範が変わることもあります。

例えば、ヒンズー教や仏教の寺院やモスクに入るときは、靴を脱がなければなりません。

ただし、すべての宗教施設に適用されるわけではありません。

さらに、規範は社会の秩序と安定を生み出すのに役立っています。

ほとんどの人は社会の一員となり、社会から受け入れられたいと願っています。

社会規範に従わない人は、社会から嫌われ、疎外されることになります。

このように、社会は人々が規範に従うように仕向けるのです。

さらに、私たちは通常、正式な学習ではなく、経験や観察によって社会規範を学びます。

バリューとは

価値観とは、基本的に何が正しくて何が間違っているかを判断するのに役立つ原則です。

価値観は、何が価値あるもの、あるいは重要なものであるかという個人的な基準を示すものです。

価値観は、正しいこと、間違っていること、重要なこと、重要でないことなどについて判断するのに役立ちます。

価値観は、私たちの好き嫌い、視点、偏見、判断で構成されることがあります。

それらは、人の行動を形成する能力を持っています。

したがって、価値観は人の性格、行動、態度、認識を理解するための基本的な基盤となる。

Main Difference - Norms vs Values

また、価値観は個人に依存するものであり、各個人が異なる価値観を持っていることに留意することが重要です。

さらに、文化、教育、宗教、社会などさまざまな要因が、その人の価値観に影響を与えることがあります。

おもてなし、寛大さ、正直さ、勇気、誠実さ、公平さなどは、価値観の一例です。

規範と価値観の違い

定義

規範とは、受け入れられている行動基準であり、価値観とは、何が正しくて何が間違っているかを判断するための原理原則です。

自然

規範が具体的な指針であるのに対し、価値観は一般的な指針です。

ソーシャル vs パーソナル

規範とは、社会で受け入れられている行動のことであり、価値観とは、個人が信じている原則のことである

増減率

また、規範は社会によって、価値観は個人によって異なる場合があります。

くしゃみをするときは口と鼻を覆う、人と会ったら握手をする、人とぶつかったら「ごめんなさい」と言う、口パクで話をしないなどは規範の例であり、正直、誠実、勇気、親切、公平、寛大などは価値の例です。

結論

規範と価値観の主な違いは、規範が行動の基準であるのに対し、価値観は何が正しくて何が間違っているかを決めるための原理原則であるということです。

価値観が一般的なガイドラインであるのに対し、規範は具体的なガイドラインです。

規範と価値観はどちらも社会の重要な側面です。

タイトルとURLをコピーしました