レジリエンスとグリットの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レジリエンスとグリットの大きな違いは、レジリエンスが不幸や変化から容易に回復したり適応したりする能力であるのに対し、グリットは長期的な目標に対する情熱と忍耐力であるということです。

レジリエンスとグリットは、私たちが人生で成功するために役立つ2つのポジティブな性格特性です。

さらに、この2つの特性は、困難から立ち直り、目標を達成するまで進み続けることを助けてくれます。

スポンサーリンク

レジリエンスとは

レジリエンスとは、困難から素早く立ち直る力のことです。

言い換えれば、何か悪いことや困難なことを経験した後でも、再び幸せや成功などを手にすることができる能力のことです。

また、レジリエンスとは、ストレスや逆境に対処し、適応する能力のことを指します。

粘り強さ、忍耐力、楽観性、自制心などは、レジリエンスを育むのに役立つ資質です。

このように、逆境に対処するためには精神的な働きが必要なため、一種の感情的・精神的な強さと言えます

レジリエンスのある人は、障壁や挫折、限られた資源にもかかわらず、対処する方法を知っています。

人生には、愛する人を失ったり、仕事を失ったり、病気になったりと、さまざまな挫折があります。

しかし、レジリエンスのある人は、こうした不利な状況にも負けず、あらゆる苦痛や障害を乗り越えていきます。

しかも、子どもはたいてい、とてもレジリエンスが高いのです。

例えば、私たちは歩けるようになったとき、何度も転びますが、また起き上がって頑張ります。

このようにして、私たちはほとんどの技術を身につけることができるのです。

レジリエンスの鍛え方

  • 変化は人生の必然であることを受け入れる。
  • 克服できない問題として危機を見るのをやめる
  • 現実的な目標を立て、それに向かって前進する
  • 優柔不断で、問題が去ることを望む代わりに、断固とした行動をとる。
  • 自分自身を肯定的にとらえる
  • 自己発見のチャンスを探す

グリットとは

グリットとは、基本的に「性格の強さ」を意味します

しかし、この性格特性について最も受け入れられている定義は、アメリカの心理学者アンジェラ・リー・ダックワースによって与えられています。

彼女によると、グリットとは “非常に長期的な目標に対する情熱と忍耐力 “だそうです。

したがって、一定期間にわたって困難な課題に取り組み続ける特性です。

グリットは、決意、勤勉さ、回復力など、他の特性とも関連付けることができます。

さらに、グリットの高い人は、障害や失敗に直面しても、長期間にわたって決意とモチベーションを維持する能力があることが観察されています。

また、グリットは、知的才能(IQ)よりも成功の指標として優れていることが観察されています。

グリットの共通点

勇気 – チャンスをものにする勇気、ビジョンを追う勇気、信じるもののために立ち上がる勇気。

Conscientiousness – 注意深く、勤勉に、組織的に行動すること。

忍耐力 – 反対意見があっても、地道な信念や努力を継続すること。

Resilience(回復力) – 困難から素早く立ち直ることができる。

Passion(情熱) – 情熱的な人は、深い目的意識を持ち、目標に向かって突き進む。

レジリエンスとグリットの違い

定義

レジリエンスとは、不幸や変化から容易に立ち直ったり、適応したりする能力であり、グリットとは、長期的な目標に対する情熱や忍耐力のことである

関連する特性

楽観性、忍耐力、自制心などの資質がレジリエンスと関連し、情熱、回復力、勇気、良心、忍耐力がグリットと関連する。

結論

結論として、レジリエンスとグリットは、人生で成功するために役立つ2つのポジティブな性格特性です。

レジリエンスとグリットの主な違いは、レジリエンスが不幸や変化から容易に回復したり適応したりする能力であるのに対し、グリットは長期的な目標に対する情熱と忍耐力であることです。

タイトルとURLをコピーしました