遺伝子操作と遺伝子組換えの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


遺伝子工学と遺伝子組換えの主な違いは、遺伝子工学が特定の製品を実現するために生物のゲノムに目的の変化を人工的に導入するのに対し、遺伝子組換えは生物の遺伝子組成を変更するために用いられる手法の集合体であることである

遺伝子工学と遺伝子組換えは、遺伝子組換え生物(GMO)の生産に使用されるバイオテクノロジーの2つの側面です。


遺伝子工学は遺伝子組換えの一種であり、遺伝子組換えには、特定のゲノムの交雑、選択、誘発突然変異などが含まれる

主な対象分野

  1. 遺伝子工学とは
         – 定義、特徴、利点
  2. 遺伝子組換えとは
         – 定義、特徴、メリット
  3. 遺伝子操作と遺伝子組換えの共通点
         – 共通点の概要
  4. 遺伝子組換えと遺伝子改変の違いについて
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

外来DNA、遺伝子工学、遺伝子組換え、選択的品種改良

スポンサーリンク

遺伝子組み換えとは

遺伝子組み換えとは、生物の遺伝子を改変することであり、有益な特性を持つ外来遺伝子をゲノムに導入することである

ここで、外来遺伝子は、宿主生物とは無関係の生物のものです。

この遺伝子はまずベクターに挿入され、その後、宿主に形質転換される。

このように、遺伝物質が変化した宿主生物をトランスジェニックと呼びます。

図1:遺伝子組み換えの概要

遺伝子組み換えの最大の利点は、特定の生物に有益な特性を導入できることである

したがって、遺伝子組換え生物内で外来DNAを発現させれば、新しい産物を生み出すことができる。

したがって、遺伝子工学は、対応する遺伝子をバクテリアに導入することによって、抗生物質、ワクチン、酵素、ホルモンなど、さまざまな代謝産物を生産するために使用することができる。

また、遺伝子組み換えの例として、イネにβカロテン生産遺伝子を導入した例があります。

遺伝子組換えとは

遺伝子組換えとは、特定の生物のゲノムを改変することです。

人為的な操作によるものと、交配や植物間の選択的交配など自然現象の結果としてのものがあります。


交配や突然変異も自然界の遺伝子組換え方法の一種である

遺伝子組み換えは、有益な特性を持つ外来遺伝子を挿入することで、ゲノムを人間が操作することである

What is the Difference Between Genetic Engineering and Genetic Modification_Figure 1 図2:遺伝子組換え

遺伝子組み換え生物の主な利点は、害虫や病気に強く、除草剤、乾燥、寒さに耐性があることです。

また、収穫量も多い。

遺伝子操作と遺伝子組み換えの類似性

  • 遺伝子操作と遺伝子組み換えは、特定の生物の遺伝子を改変する方法です。
  • また、どちらの方法でも、より有益な生物を生産することができる。

遺伝子操作と遺伝子組換えの違いについて

定義

遺伝子工学とは、生物の遺伝子を操作して、その生物の特性を意図的に改変することであり、遺伝子組換えとは、生物の遺伝子を人工的に改変して、所望の特性を生み出すことである

ここでは、遺伝子工学と遺伝子組換えの基本的な違いについて説明します

意義

さらに、遺伝子操作と遺伝子組換えの大きな違いは、遺伝子操作が無関係の種の細胞に外来のDNAを導入するのに対し、遺伝子組換えは現在の遺伝子を改変して新しい特性を生み出すことである

生物

遺伝子操作された生物をトランスジェニック・オーガニズムと呼ぶのに対し、遺伝子改変された生物をジェネティック・モディファイド・オーガニズムと呼ぶ。

メリット

遺伝子組換え生物は、抗生物質、酵素、ホルモンなどの新製品を生産することができ、遺伝子組換え生物は、乾燥に対する耐性など有益な特性を持つ。

遺伝子組換え生物は、交配や選抜育種によって生み出されるが、ゴールデンライスはその一例です。

結論

遺伝子組み換えとは、ある生物に、その生物とは関係のない外来のDNAを導入する方法です。

遺伝子組換えは、交配、選択育種、遺伝子工学などの手段により、特定の生物のゲノムを改変することである

遺伝子工学と遺伝子組換えの主な違いは、ゲノムの改変の種類です。

タイトルとURLをコピーしました