鉄とヘモグロビンの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鉄とヘモグロビンの大きな違いは、鉄がヘモグロビンと結合した金属イオンであるのに対し、ヘモグロビンは赤血球に含まれる金属蛋白質であることです。

さらに、鉄は酸素と結合するのに対して、ヘモグロビンは酸素運搬分子の役割を果たします。

鉄とヘモグロビンは、赤血球による酸素運搬に関係する2つの分子です。

鉄の欠乏もヘモグロビンの欠乏も貧血の原因となる。

鉄とは


鉄は金属イオンの一種で、体の機能を維持するために不可欠な微量栄養素です

体内の鉄の約70%はヘモグロビンの一部として存在する。

鉄の一部は、フェリチンと結合して心臓、肝臓、骨髄に貯蔵されたままです。

また、筋肉中のミオグロビンや一部の酵素にも鉄が含まれています。

少量の鉄はトランスフェリンと結合して血液中を輸送されます。

なお、鉄のRDA(推奨食事摂取量)は、男性で8mg、女性で18mgとされています。

図1:ポルフィリン環に鉄が結合したさまざまな分子

さらに、鉄の主な働きは、酸素と結合することである

一般に、鉄はヘモグロビンのポルフィリン環の中で還元状態(Fe2+)で存在する。

酸素と結合した後は、酸化状態(Fe3+)になる。

鉄は血液中のpH差に基づき、代謝組織で酸素を放出することができる。

そのため、様々な呼吸・代謝活動に重要な役割を担っています。

それ以外にも、鉄はコラーゲンの合成や神経伝達物質の生成に重要です。

また、体の免疫力は体内の鉄の量に左右されます。

さらに、鉄のレベルが低いと、鉄欠乏性貧血になります。

スポンサーリンク

ヘモグロビンとは

ヘモグロビンは、脊椎動物の赤血球に含まれる鉄を含む金属タンパク質です。

したがって、ヘモグロビンの主な働きは、全身に酸素を運ぶことである

また、少量の二酸化炭素も運搬する。

また、ヘモグロビン分子のタンパク質部分は、4つの球状タンパク質から構成されている。

各サブユニットは、タンパク質のない、補欠の、ヘム基と強固に結合しており、鉄原子を複素環であるポルフィリン環が保持することで構成されています。

酸素結合は鉄原子で行われる。

Iron vs Hemoglobin 図2:ヘモグロビンの構造

また、血液中のヘモグロビンの正常値は、男性で13.5~17.5g/dL、女性で12.0~15.5g/dLと言われている。

血液中のヘモグロビンが不足すると、さまざまな段階の貧血が引き起こされる。

栄養失調は、鉄欠乏性貧血を引き起こします。

活発な出血も貧血の原因になります。

月経による大量出血、創傷、男性や閉経後の女性では消化管出血、生殖年齢の女性では泌尿器系の出血が原因で起こることがあります。

さらに、がん、鎌状赤血球、腎臓病など、他の病気の状態でも貧血になることがあります。

鉄とヘモグロビンの類似性

  • 鉄とヘモグロビンは、血液中の酸素運搬に関係する2種類の分子です。
  • 鉄とヘモグロビンは、血液中の酸素運搬に関係する2種類の分子で、体内の濃度は代謝組織に運ばれる酸素の量に関係する。
  • また、両者が不足すると貧血になります。

鉄とヘモグロビンの違い

定義


鉄は酸素運搬に必要な必須ミネラルであり、ヘモグロビンは赤血球の酸素運搬用色素で赤色を呈し、組織に酸素を運搬する役割を担っている

したがって、これが鉄とヘモグロビンの主な違いです。

分子の種類

さらに、鉄はヘモグロビン分子のポルフィリン環に存在する金属鉄であり、ヘモグロビンはほとんどすべての脊椎動物の赤血球(erythrocyte)に含まれる鉄を含む酸素運搬金属蛋白質です。

役割

鉄とヘモグロビンのもう一つの違いは、鉄は酸素と結合してイオンを酸化するのに対し、ヘモグロビンは酸素を運搬する役割を持つタンパク質であることです。

結論

鉄は、ヘモグロビン分子のポルフィリン環に含まれる金属鉄です。

また、還元状態で酸素と結合して肺で酸化され、代謝組織では酸化された状態が還元されて酸素が放出される。

一方、ヘモグロビンは、赤血球に含まれる金属タンパク質です。

そのため、全身で酸素運搬の役割を担っている。

したがって、鉄とヘモグロビンの主な違いは、その構造と機能です。

タイトルとURLをコピーしました