Program FilesとProgram Files x86の違いは何ですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


プログラムファイルとプログラムファイルx86の主な違いは、64ビットアプリケーションはプログラムファイルフォルダにインストールされ、32ビットアプリケーションはプログラムファイルx86フォルダにインストールされることです。

64ビットWindows OSでは、Cドライブに2種類のフォルダが表示されます。

それは、プログラムファイルとプログラムファイルx86です。

この記事では、プログラムファイルとプログラムファイルx86の違いについて説明します

スポンサーリンク

プログラムファイルとは

64ビットWindows OSでは、64ビットソフトはプログラムファイルフォルダにインストールされます。

このOSは、64ビットと32ビットの両方のプログラムを同時に実行する機能を提供します。


エミュレーター層を使って32ビットアプリケーションを実行することが可能です

Program Files x86とは

32ビットアプリケーションは、Program Files x86フォルダーにインストールされます。

この2つのフォルダーを持つ目的は、後方互換性を提供することです。

つまり、64ビットマシン上で32ビットアプリケーションを問題なく実行できるようにするためです。

さらに、すべてのファイルを同じフォルダーに格納すると、ファイルへのアクセスが困難になります。

そのため、32ビットソフトはこの別フォルダにインストールされます。

Program files x86 フォルダーは、XP、Vista、7、8、10 などの 64 ビット Windows オペレーティングシステムでのみ使用できます。

このフォルダーがある場合は、64ビットのWindows OSを搭載していることを示しています。

アプリケーションは2つの別々のフォルダーにあるため、OSは特定のプログラムに使用する設定を理解することができます。

さらに、同じプログラムでも32ビット版と64ビット版の両方が存在する可能性があります

Program Files と Program Files x86 の違い

定義

Program filesは、64ビットWindowsオペレーティングシステムを搭載したコンピュータで、64ビットアプリケーションを格納するためのフォルダーです。

一方、プログラムファイルx86は、64ビットWindowsオペレーティングシステムを搭載したコンピューターで、32ビットアプリケーションを格納するためのフォルダーです。

これが、プログラムファイルとプログラムファイルx86の主な違いです。

目的

Program filesフォルダは64ビットアプリケーションのインストールと保存に使用され、Program files x86フォルダは32ビットアプリケーションのインストールと保存に使用されます。

ファイルパス

C:Program Files」は64ビットプログラムのパス、「C:Program Files (x86)」は32ビットプログラムのパスです。

この点も、プログラムファイルとプログラムファイルx86の違いとなります。

結論

プログラムファイルとプログラムファイルx86の主な違いは、64ビットアプリケーションはプログラムファイルフォルダにインストールされ、32ビットアプリケーションはプログラムファイルx86フォルダにインストールされることです。

 簡単に言うと、この2つのフォルダーは後方互換性をサポートするために用意されています。

タイトルとURLをコピーしました