Visual StudioにおけるBuildとRebuildの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Visual Studioにおけるビルドと再構築の主な違いは、ビルドは変更されたコードファイルの完成を助けるのに対し、再構築は以前にコンパイルしたファイルをすべて削除し、前に行われたことを無視してゼロからソリューションをコンパイルすることです。

Visual Studioは、Microsoft社によって開発された統合開発環境(IDE)です。

デスクトップアプリケーション、ウェブサイト、ウェブアプリケーション、ウェブサービス、モバイルアプリケーション、その他多くのデバイスを開発するためのプラットフォームを提供します。

さらに、Visual Studioのコードエディタは、C#、C++、Python、Visual Basic、HTML、CSS、JavaScriptなど、さまざまなプログラミング言語をサポートしています。

さらに、自動コード補完やコードリファクタリングなどの機能も提供されています。

全体として、ビルドとリビルドはVisual Studioで利用可能な2つの機能です

スポンサーリンク

Visual StudioのBuildとは

プログラマーは、コードエディターでプログラムを書くことができます。

次のステップは、そのプログラムをコンパイルすることです。

プログラマーは、このタスクを達成するためにビルドオプションをクリックすることができます。

すると、コンパイラはインクリメンタルビルドを実行します。

これは、変更されたコードファイル(DLLと.exe)だけをコンパイルします。

したがって、変更されていないファイルは触られません。

さらに、プロジェクトの一部が変更されていなければ、部分的にビルドされたビットを使用することもできます。

Rebuild Visual Studioとは

ビルドとリビルドの他に、クリーンというオプションがあります。

再構築について学ぶ前に、このオプションについて詳しく知っておくことが重要です。

cleanオプションは、bin/objディレクトリからすべてのコンパイル済みファイル(バイナリファイル)をクリアします。

言い換えれば、前回のビルドの成果物を削除します。

クリーニングの後、rebuild はソリューションをゼロからビルドします。

前に行われたことは一切無視されます。

言い換えれば、コードが変更されているかどうかに関わらず、以前にコンパイルしたファイルをすべて削除して、再度コンパイルします。

さらに、rebuild は build と clean を組み合わせたようなものです。

Visual Studioにおけるビルドとリビルドの違い

定義

ビルドとは、インクリメンタルビルドを行うことができる Visual Studio のオプションまたはメニューであり、リビルドとは、ソリューションをゼロからクリーニングしてビルドする Visual Studio のオプションまたはメニューです。

したがって、これがビルドと再構築の主な違いです。

バイナリファイルの終了

重要なことは、build は既存のバイナリファイルをクリアしないのに対して、rebuild は bin/obj ディレクトリからすべてのバイナリファイルをクリアすることです。

使用方法

さらに、プログラマーはソリューションをコンパイルするために build を使用することができます。

しかし、プログラマーは、作成されたコンパイル済みファイルを削除して、ソリューションを再度コンパイルするためにrebuildを使用することができます。

したがって、この点もビルドとリビルドの違いと言えます。

結論

Visual StudioはMicrosoftのIDEで、プログラマーがデスクトップ、ウェブ、モバイルアプリケーションを構築することができます。

コードを簡単に管理でき、アプリケーションを簡単に開発・デプロイするための機能も備えています。

ビルドと再構築は、Visual Studioで利用可能な2つのオプションです

Visual Studioにおけるビルドと再構築の主な違いは、ビルドは変更されたコードファイルを完成させるのに役立ち、再構築は以前にコンパイルしたファイルをすべて削除し、前に行ったことを無視してゼロからソリューションをコンパイルすることである

タイトルとURLをコピーしました