婚姻と受精の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

共役と受精の間に大きな違いはありません。

どちらも雄性配偶子と雌性配偶子が融合して接合子を形成することを表す。

一般的には、雌雄の配偶子が融合し、2倍体の胚を形成することを「合体」という。

さらに、動物でも植物でも最も一般的な有性生殖の様式です。

ここで、雄性配偶子は精子であり、雌性配偶子は卵子細胞です。

植物には2つのタイプがあります。

内殖(自家受精)と外殖(他家受精)です。

受精の際に融合した配偶子の構造から、3つのタイプの配偶子が存在する。

アイソガミー、アニソガミー、ホロガミーです。

さらに、動物の受精には、内受精と外受精の2種類があります。

主な対象分野

  1. 共益・受益とは
         – 定義、説明
  2. 植物における交配
         – 異なるタイプ
  3. 動物における一夫一婦制
        – さまざまなタイプ
  4. 近親交配と受精の違いについて
         – 違いの比較

Key Terms

内縁関係、外縁関係、外部受精、受精、内部受精、配偶子、動物の共時婚、植物の共時婚。

スポンサーリンク

共生/受精とは何か

配偶子が融合し、新しい個体が誕生することを「受精」といいます。

配偶子形成によって生じた雄と雌の配偶子が融合し、2倍体の接合子が形成される。

さらに、雄性配偶子は精子細胞であり、雌性配偶子は卵子細胞です。

しかし、雄性配偶子も雌性配偶子も、その前駆細胞が減数分裂を経ているため、1倍体です。

従って、動物でも植物でも有性生殖の一過程である共時性(syngamy)が存在する。

また、配偶子形成の後に発生する。

さらに、シンガミーの別名は、受精、受精、生成受精などです。

植物の共時性

植物では、融合する配偶子の供給源によって、2つのタイプの共役を行う。

それは内縁関係と外縁関係です。

ここで内縁関係とは、同じ植物の配偶子同士が融合することである

したがって、これらの配偶子は一卵性です。

別名を自家受精という。

逆に、外生殖は、同じ種の別々の植物の配偶子が融合することである

したがって、この配偶子は両性具有であり、他家受精とも呼ばれる。

What is the Difference Between Syngamy and Fertilisation: 図1: 植物の受精の様子

さらに、融合する配偶子の構造から、3つのタイプがあります。

それは、アイソガミー、アニソガミー、ホロガミーです。

アイソガミーでは、融合した配偶子は形態的にも生理的にも類似している。

従って、これらの配偶子はホモガミーと呼ばれる。

また、異性交配では、融合した配偶子は形態的にも生理的にも互いに異なる。

従って、これらの配偶子は異性配偶子と呼ばれる。

特に、雄性配偶子はミクロ配偶子、すなわち精子細胞であり、雌性配偶子はマクロ配偶子、すなわち卵細胞です。

一方、ホロガミーでは、2つの生物自身が配偶子として機能する。

動物の一夫一婦制

動物の受精には、体内受精と体外受精があります。

ここで、体内受精とは、雌の器官の中で起こる受精のことである

また、内部受精では、雄性配偶子は選択された個体から得られる。

一方、このタイプの受精は、少ない数の配偶子を作る必要があります

さらに、この方法は厳しい環境条件下でも成功する。

そのため、胚の生存率が高くなります。

一般に、体内受精は哺乳類、爬虫類、鳥類などの卵生・胎生動物で行われる。

しかし、被子植物、裸子植物、シダ植物、蘚苔類などの植物でも、雌の配偶体の内部で受精が行われ、内部受精が起こる。

一方、外部受精は、雌の生物体外、つまり外部環境において配偶子が融合することである

この場合、受精を成功させるためには、多くの配偶子が作られなければならない。

また、ミスト環境でなければ成功しない。

したがって、外部受精は胚の生存率が低くなる。

一般に、カエル、魚、甲殻類、軟体動物などの卵生動物が外部受精を行う。

 また、藻類のように外部受精を行う植物もあります。

SyngamyとFertilisationの違い

  • 同調と受精の間に有意な差はない。

結論

雄性配偶子と雌性配偶子が融合して接合子を形成することを、同義語として「交配」と「受精」があります。

ここで、両者の配偶子は半数体であり、形成される接合体は2倍体です。

一般に、生物の有性生殖において起こるいくつかのプロセスのうちの1つです。

一方、配偶子の特徴や融合方法によって、様々なタイプの共役や受精を識別することができる。

しかし、同系交配と受精の間に大きな違いはない。

タイトルとURLをコピーしました