HDLとソフトウェア言語の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


HDLとソフトウェア言語の主な違いは、HDLがデジタルシステムの動作を記述するのに対し、ソフトウェア言語はCPUが特定のタスクを実行するための命令群を提供することです。

デジタル回路とは、2つの離散的なレベル(真、偽)の中で動作する回路を指します。

HDL言語は、デジタルシステムの機能を記述するのに役立つ。

一方、ソフトウェア言語は、Web、モバイル、エンタープライズアプリケーションなど、さまざまなアプリケーションのプログラムを書くのに役立ちます。

スポンサーリンク

HDLとは

HDLとは、Hardware Description Language(ハードウェア記述言語)の略です。

HDLは、デジタル回路の動作を記述するために使用されます。

HDL言語は、式、文、制御構造などのプログラミング構造で構成されています。

HDL言語は、複雑な回路、マイクロプロセッサ、プログラマブルロジックデバイスなどの電子設計自動化システムに不可欠な要素となっている。

Main Difference - HDL vs Software Language

最も一般的なHDL言語はVerilogとVHDLです。

Verilog – C言語と似ていますが、最新バージョンはIEEE 1364 – 2005です。

大文字と小文字を区別する言語であり、リアルタイム・シミュレーションが可能です

この言語の基本的な構成要素はモジュールと呼ばれる。

VHDL – この言語のベースとなる言語はAdaとPascalです。

大文字と小文字は区別されない。

VHDLにおけるハードウェアモジュールはエンティティと呼ばれる。

通常、VHDLはVerilogより複雑です。

ソフトウェア言語とは

ソフトウェア言語は、日常的なソフトウェア・アプリケーションを開発するのに役立つ言語です。

ソフトウェア言語には、高級言語と低級言語の2種類があります。

高水準言語は、英語と似たような構文で書かれている。

プログラマーが読んだり、理解したり、書いたりするのが簡単です。

Java、C、C++、Python、PHP、Perl、Rubyなどが高水準言語の例です。

これらのプログラムを、コンパイラやインタプリタを使って機械語に変換することができる。

最後に、CPUが機械語を直接実行することで、決められたタスクを実行することができる。

これらの言語を使って作ることができるアプリケーションは次の通りです。

C、C++ – オペレーティングシステム、ドライバ、データベース、言語ユーティリティなど。

Python – 機械学習アプリケーション、アルゴリズム開発、Web開発など。

Java – スタンドアローンアプリケーション、Webアプリケーション、モバイルアプリケーションなど

PHP、Ruby – Webアプリケーション

Objective C – モバイルアプリケーション

低レベル言語は、高レベル言語の一歩下、機械語の一歩上に位置する言語です。

高水準言語よりもハードウェアレベルに近い言語です。

アセンブリは低レベルのプログラミング言語です。

アセンブリを使って、OSなどのアプリケーションを書くことができる。

HDLとソフトウェア言語の違い

定義

HDLは、電子回路の構造と動作を記述するために使用される特殊なコンピュータ言語であり、最も一般的なのはデジタル論理回路です。

一方、ソフトウェア言語は、CPUに特定のタスクを実行させるための命令群を記述するために使用されるコンピュータ言語です。

これが、HDLとソフトウェア言語の主な違いです。

複雑さ

複雑さもHDLとソフトウェア言語の違いの一つです。

HDLはソフトウェア言語よりも複雑です。

HDLではVerilogやVHDLが、ソフトウェアではJava、C、C++、Python、PHPなどが一般的な言語として挙げられます。

アプリケーション

HDLの主な用途は、デジタル回路の動作を記述することです。

ソフトウェア言語は、様々なアプリケーションを開発するのに役立ちます。

プログラマは用途に応じて言語を選択することができます。

この点もHDLとソフトウェア言語の違いです。

結論

HDLとソフトウェア言語はプログラミング言語ですが、それぞれ用途が異なります。

HDLとソフトウェア言語の主な違いは、HDLがデジタルシステムの動作を記述するために使用されるのに対し、ソフトウェア言語はCPUが特定のタスクを実行するための命令セットを提供するために使用されることです。

タイトルとURLをコピーしました