データ損失防止とデータ漏洩防止の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


データ損失防止とデータ漏洩防止の主な違いは、データ損失防止が一般的な使用時のデータ損失を防止する方法を用いることであるのに対し、データ漏洩防止はデータが組織外の誰かに送信されることを防止する方法を用いることである点である

一般的に、データはすべての個人と企業組織にとって重要なものです。

企業組織では、従業員、取引、顧客など、さまざまなデータを保管しています。

しかし、データの紛失や漏えいなど、セキュリティ上大きな損失となる事態が発生することがあります。

そのため、データ損失やデータ漏えいを防ぐための手段を用いる必要があります

スポンサーリンク

データ損失防止とは

データ損失とは、意図的または偶発的にデータが失われることを指します。

データが失われるため、データにアクセスすることができなくなります。

一般的に、データ損失は、データを保存するあらゆるデバイスで発生する可能性があります

メモリやディスクの故障などのハードウェア障害、停電、洪水などの環境災害が原因で発生する。

さらに、誤って、あるいは故意にデータを削除することによっても発生します。

ウイルスなどのマルウェアが意図的にデータを消失させることもあります。

このような状況に着目し、データ損失を回避するための対策を講じることを「データ損失防止」といいます。

バックアップファイルの作成、マルウェア対策ソフトの使用などは、データ損失を防ぐための2つの方法です。

データ漏えい対策とは?

データ漏洩とは、機密データを組織の外に流してしまうことを指します。

言い換えれば、データが組織外の誰かに送信されることです。

データは、組織の重要なシステムに属していることがあります。

例えば、人事システム、ERP、クラウド内のデータなどが挙げられます。

さらに、データの漏洩は、物理的または電子的な伝送である可能性があります

データ漏洩は、意図的でない場合と意図的な場合があります。

例えば、社員が会社の報告書を持ち帰り、バスや電車の中でその報告書を忘れてしまい、他の人がそのファイルを持ち帰った場合を考えてみよう。

これは意図せずに起こる情報漏えいのシナリオです。

一方、社員が会社の重要なファイルを法的な権利のない人に送ってしまった場合を考えてみましょう。

これは意図的な情報漏えいです。

さらに、データフローマップを使用することで、データ漏えいのリスクを把握することができます。

さらに、組織は機密データを検知し、個人情報保護法を実施しなければならない。

以上が、データ漏えい防止の仕組みです。

Data Loss PreventionとData Leakage Preventionの違い

定義

データ損失防止は、データの紛失、鋼鉄化、マルウェア攻撃などの事態を防ぐ方法です。

これに対し、データ漏洩対策は、データが組織から不正に流出することを防ぐ方法です。

使用方法

また、データ損失防止には、ハードウェアの故障や自然災害、マルウェアなどによるデータ損失を防ぐことが含まれます。

一方、データ漏洩防止は、組織にとって重要な機密データを保護することである

メソッド

このほか、バックアップファイルの作成、マルウェア対策ソフトの使用などが情報漏えい対策、個人情報保護法の施行、データフローマップの導入などが情報漏えい対策になります。

複雑さ

さらに、情報漏えい対策は、情報漏えい対策よりも複雑です。

結論

簡単に説明すると、データ損失防止とデータ漏洩防止は同じ意味で使われていますが、両者には違いがあります。

データ損失防止とデータ漏洩防止の大きな違いは、データ損失防止は一般的な使用時にデータの損失を防ぐ方法を用いることであり、データ漏洩防止はデータが組織外の誰かに送信されることを防ぐ方法を用いることであるということである

タイトルとURLをコピーしました