クラスフルアドレッシングとクラスレスアドレッシングの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


クラスフルアドレッシングとクラスレスアドレッシングの主な違いは、クラスレスアドレッシングでは、クラスフルアドレッシングよりも効率的にIPアドレスを割り当てることができることです。

ネットワーク上のすべてのデバイスには、IPアドレスがあります。

このアドレスは、ネットワーク上の各機器を識別し、ネットワーク上の他の機器との通信を可能にするのに役立ちます

IPアドレスは32ビットで構成されています。

8ビットごとに1つのオクテットとなり、ドットで区切られます。

アドレスは、ネットワークIDとホストIDの2つのセクションから構成されています。

ネットワークIDはネットワークを表し、ホストIDはホストを表します。

IPアドレスには、クラスフルアドレッシングとクラスレスアドレッシングの2種類があります。

スポンサーリンク

クラスフルアドレッシングとは

クラスフルアドレッシングは、IPアドレスを大きく5つのクラス(クラスA、B、C、D、E)に分類しています。

クラスAアドレスは、最初の8ビットをネットワークに、残りのビットをホストに割り当てます。

クラスBアドレスは、最初の16ビットをネットワークに、残りのビットをホストに割り当てます。

クラスCアドレスは、最初の24ビットをネットワークに、残りのビットをホストに割り当てます。

クラスDアドレスは、ネットワークIDおよびホストIDを持ちません。

このアドレスは、マルチキャストに使用されます。

クラスEアドレスもネットワークIDとホストIDを持ちません。

将来や実験用に予約されています。

図1:IPアドレス

IPアドレスの最初のオクテットを読むことで、そのアドレスがどのクラスに属するかを判断することができます。

1〜126 – クラスAアドレス

128 – 191 – クラスBアドレス

192 – 223 – クラスCアドレス

224 – 239 – クラスDアドレス

240 – 254 – クラスEアドレス

さらに、IPアドレス0.0.0.0はブロードキャスト用、127.0.0.1はループバックアドレスとして使用されます。

クラスレスアドレスとは

クラスレスアドレッシングは、クラスレスドメイン間ルーティング(CIDR)とも呼ばれます。

このアドレッシングタイプは、IPアドレスをより効率的に割り当てるのに役立ちます。

この方式は、ユーザーが特定の数のIPアドレスを必要とする場合、一定の規則に従ってIPアドレスのブロックを割り当てます

また、このブロックはCIDRブロックと呼ばれ、必要な数のIPアドレスを持つ

クラスレスアドレッシングでは、ブロックを割り当てる際に、以下の3つのルールを考慮します。

ルール1:CIDRブロック内のすべてのIPアドレスは連続でなければならない。

また、ブロック内のIPアドレスの数は、サイズと等しくなります。

ルール3 – ブロックの最初のIPアドレスは、ブロック・サイズで分割可能でなければならない

例えば、クラスレスアドレスが192.168.1.35/27であるとします。

ネットワーク部分のビット数は27、ホスト部分のビット数は5です。

このアドレスを2進数で表すと、次のようになります。

      1. 00100011

ハイライトされたビットは、ホストビットを表します。

最初のIPアドレス – 11000000.10101000.00000001.00100000 (すべてのホストビットに0を割り当てる)

192.168.1.32

最後のIPアドレス – 11000000.10101000.00000001.00111111 (すべてのホストビットに1を割り当てる)

192.168.1.63

IPアドレスの範囲 – 192.168.1.32~192.168.1.63

クラスフルとクラスレスのアドレッシングの違い

定義

クラスフルアドレッシングは、IPアドレスを5つの大きなクラスに分類して割り当てる方法です。

クラスレスアドレッシングは、クラスフルアドレッシングに代わるIPアドレスの割り当て方式で、IPアドレスの急激な枯渇を最小限に抑えるために考案されたものです。

したがって、これがクラスフルアドレッシングとクラスレスアドレッシングの主な違いです。

有用性

クラスフルアドレッシングとクラスレスアドレッシングのもう一つの違いは、その有用性です。

クラスレスアドレッシングは、クラスフルアドレッシングよりも実用的で有用です。

ネットワークID、ホストID

クラスフルアドレッシングでは、クラスによってネットワークIDやホストIDが変わります。

しかし、クラスレスアドレッシングでは、ネットワークIDとホストIDに境界はありません。

この点も、クラスフルアドレッシングとクラスレスアドレッシングの違いとなります。

結論

IPアドレスの種類には、クラスフルアドレッシングとクラスレスアドレッシングがあります。

クラスフルアドレッシングとクラスレスアドレッシングの主な違いは、クラスレスアドレッシングは、クラスフルアドレッシングよりも効率的にIPアドレスを割り当てることができることです。

  簡単に言うと、クラスレスアドレッシングは、クラスフルアドレッシングで発生するIPアドレスの枯渇を回避することができます。

タイトルとURLをコピーしました