カジャルとアイライナーの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カジャルとアイライナーの大きな違いは、カジャルが上下のまぶたの水際に塗れるのに対し、アイライナーは上か下(通常は上)のどちらかのまぶたにしか塗れない点です。

ただし、カジャルをアイライナーとして使うことも可能ですが、テクスチャーの関係でアイライナーとしては長持ちしません

カジャルやアイライナーは、目元をよりきれいに、シャープに見せることができる化粧品です。

しかし、副作用や肌のトラブルを避けるために、適切な使い方をする必要があります

スポンサーリンク

カジャルとは

カジャルは、目の上下のラインや外側のアウトラインを描くことができるアイメイクアップ製品です。

まぶたに深みとシャープな印象を与え、まつ毛にボリュームを与えます。

カジャルはヒンディー語に由来し、アラビア語ではKohlと呼ばれている。

カジャルは通常、樹木から抽出した果汁や、モナシャの果汁、サンダルウッド、マンジャルカルシランガンニ、ヒマシ油、ギー、スティブナイトの研磨などのミネラルなど、有機成分を含んでいる。

したがって、それはあなたの目の内側 – あなたの目のまぶたの内側に適用するために、その安全性を確保する薬効があります。

 したがって、カジャルをまぶたの縁や水際の内側につけても害はないので、簡単につけることができる。

さらに、水のようなクリーミーなテクスチャーで、上まぶただけでなく下まぶたにも簡単に塗ることができます。

また、あなたの目に非常になだめるような感じを与え、古代の人々はこれを感染症や有害な太陽光線から目を保護するために使用しました。

このように、kajal(kohl)はその薬効により、女性にも男性にも(特にアラビア人男性)日常的に使用されているのです。

以下は、メイクアップアーティストによる、目元にカジャルを使用するいくつかの方法についての小さなビデオです。

カジャルは、アイライナーとして使う人もいます。

まぶたの上にのせて、目の形をシャープに整えます。

また、先端がまぶたの内側に入り込むように作られているため、アイライナーとして使うのは難しく、仕上がりに不満を感じる人も多いようです。

アイライナーとは

アイライナーは、様々な種類があるアイメイク用品です。

主な目的は、上まぶたの外側と下まぶたの外側からアイラインを描くことです。

そのため、アイラインは目元を外側から強調するものであり、メイクアップ全体の中で大きな役割を担っています。

つまり、アイラインは目の輪郭に引くものなのです。

このように、アイラインは目の形を整え、目元を強調するのに役立つ。

このように、アイライナーは、あなたの好きなスタイルを選択することによって、さまざまな効果を作成するために使用することができます。

これは、あなたの目に美しい美的効果を作成します。

このように、アイライナーの目的は、あなたの希望に応じてあなたの目のサイズと形状を向上させるか、または再形成することです。

また、アイライナーはカジャルとは異なり、通常、女性のみが使用するものです。

しかし、アイライナーには美的価値があるため、男性もアイライナーを使うことがあります。

アイライナーには、リキッドタイプ、ペンシルタイプ、ジェルタイプ、パウダータイプなど、さまざまな形状があります。

そのため、このビデオでは、アイライナーを簡単に塗る方法を説明します

アイライナーはカジャルと違い、オーガニック素材ではないので、カジャルよりも硬い質感になるのが一般的です。

そのため、アイライナーをカジャルのように使う、つまりウォーターラインに塗るために使うことは、アイライナーが外で使うために作られているため、それほど健康的な行為ではありません。

特にアレルギーに非常に敏感な人であれば、合併症や副作用を与えることになります。

カジャルとアイライナーの共通点

  • アイメイクに使用される化粧品です。
  • 現在では、カジャルとアイライナーを同じ意味で使うことが多いようですが、そうではありません。

カジャルとアイライナーの違い

定義

カジャルは、まぶたの上下の生え際を彩るためのアイメイク用品です。

一方、アイライナーは、上下のまぶた(外側)に色をつけて、目をはっきりさせるためのアイメイク用品です。

使用方法

Kajalとアイライナーの主な違いは、その用途です。

カジャルは上下のまぶたのウォーターラインとして使うのに対し、アイライナーは上下のまぶたの外側をはっきりさせるまぶたのメイクアップとして使う。

アプリケーション

さらに、カジャルはウォーターラインを深くするのに対し、アイライナーは目の大きさや形を強調するものです。

これもカジャルとアイライナーの大きな違いです。

カラー

Kajalとアイライナーのもう一つの違いは、使用できる色です。

このような場合、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」。

製品情報

さらに、Kajalは通常、水のようにクリーミーなテクスチャーのペンシルであるのに対し、アイライナーはリキッドアイライナー、ジェルライナー、パウダリーアイライナー、ペンシルアイライナーなどさまざまなタイプの製品があるのも事実です。

この点も、カジャルとアイライナーの違いといえるでしょう。

結論

カジャルとアイライナーは、アイメイクのための重要な化粧品です。

現在、ほとんどの人がこの2つを使い分けているとはいえ、カジャルとアイライナーは2つの目的を持った製品であるため、明確な違いがあります。

カジャルとアイライナーの主な違いは、カジャルは上下のまぶたの水際に塗ることができるのに対し、アイライナーは上か下(通常は上)のまぶたにしか塗ることができない点です。

タイトルとURLをコピーしました