細胞遺伝学と分子遺伝学の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


細胞遺伝学と分子遺伝学の主な違いは、細胞遺伝学が有糸分裂や減数分裂の際に染色体が細胞の挙動に与える影響を研究する学問であるのに対し、分子遺伝学は遺伝子の構造や機能を分子レベルで研究する学問である点です。

細胞遺伝学と分子遺伝学は、染色体の異なる特徴に着目した遺伝学の2つの研究分野です。

さらに、細胞遺伝学は染色体の数や構造の異常による病気についても研究し、分子遺伝学は染色体や遺伝子の発現を通じた遺伝、遺伝的変異、突然変異についても研究しています。

主な対象分野

  1. 細胞遺伝学とは
         – 定義、特徴、重要性
  2. 分子遺伝学とは
         – 定義、特徴、重要性
  3. 細胞遺伝学と分子遺伝学の類似点とは?
         – 共通点の概要
  4. 細胞遺伝学と分子遺伝学の違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

染色体異常、染色体、細胞遺伝学、遺伝学、分子遺伝学

スポンサーリンク

細胞遺伝学とは

細胞遺伝学は、遺伝学の一分野です。

主に染色体と、染色体の数や構造の異常によって起こる関連する病気について研究します。

したがって、細胞遺伝学の主な目的は、染色体と細胞の挙動、特に細胞分裂の際の挙動との関係を明らかにすることです。

さらに、細胞遺伝学の主な技術としては、核型分析、Gバンディングなどによる染色体のバンディングパターンの解析などがあります。

また、分子レベルの細胞遺伝学の分野として、分子細胞遺伝学があります。

FISH(Fluorescent in situ hybridization)やCGH(Comparative Genomic Hybridization)などの技術を用います。

図1: FISH – 細胞遺伝学

さらに、細胞遺伝学は、染色体の数や構造の異常によって引き起こされる遺伝病の診断も担っている。

染色体異常には、ダウン症、異数性、ターナー症候群、クラインフェルター症候群、エドワーズ症候群などがあります。

分子遺伝学とは?

分子遺伝学とは、遺伝学の一分野で、遺伝子の構造と機能を分子レベルで研究する学問です。

したがって、分子遺伝学では、遺伝学だけでなく、分子生物学も採用される。

重要なことは、分子遺伝学は染色体だけでなく、遺伝子の発現とそれらが遺伝、遺伝的変異、突然変異に及ぼす影響についても研究していることです。

したがって、この分野は発生生物学を研究する上でも重要です。

また、遺伝病の診断や治療にも重要です。

さらに、分子遺伝学では、DNA配列を増幅する技術として、PCRと分子クローニングがあります。

また、DNAやRNAの分離、細胞培養などは、核酸の分離や検出のための技術です。

細胞遺伝学と分子遺伝学の類似性

  • 細胞遺伝学と分子遺伝学は、遺伝学の2つの分野です。
  • 基本的には、両分野とも、ゲノムを通じて世代を超えて受け継がれる特徴を研究します。
  • どちらも、遺伝性疾患、その進化、診断、治療の理解に重要です。

細胞遺伝学と分子遺伝学の違い

定義

細胞遺伝学とは、染色体の構造と機能に関連する遺伝の研究を指し、分子遺伝学とは、遺伝物質の構造と活動を分子レベルで扱う遺伝学の一分野です。

研究の種類

また、細胞遺伝学は、染色体が有糸分裂や減数分裂の際の細胞の挙動に与える影響を研究する学問であり、分子遺伝学は、遺伝子の構造や機能を分子レベルで研究する学問です。

このように、細胞遺伝学と分子遺伝学は大きく異なる。

技術情報

細胞遺伝学の技術には、核型分析、染色体染色、FISH、CGHなどがあり、分子遺伝学の技術には、PCR、分子クローニング、DNAやRNAの分離、細胞培養などがあります。

従って、この点も細胞遺伝学と分子遺伝学の違いと言えます。

重要性

さらに、細胞遺伝学は染色体の数や構造の異常による病気を研究し、分子遺伝学は染色体や遺伝子発現を介した遺伝、遺伝的変異、突然変異を研究している。

結論

細胞遺伝学は遺伝学の一分野であり、有糸分裂や減数分裂の際に染色体が細胞の挙動に及ぼす影響を研究している。

したがって、染色体の数的・構造的異常の影響も研究し、遺伝性疾患に関係する。

一方、分子遺伝学も遺伝学の一分野であり、遺伝子の構造と機能を分子レベルで研究する。

さらに、遺伝子の構造と機能を利用して、遺伝、遺伝子の変異、突然変異のパターンを研究する。

したがって、細胞遺伝学と分子遺伝学の主な違いは、研究の種類にあります。

タイトルとURLをコピーしました