ラスターデータとベクターデータの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ラスターデータとベクトルデータの主な違いは、ラスターデータがセルまたはグリッドマトリックスとしてデータを表すのに対し、ベクトルデータは連続した点または頂点を使用してデータを表すことである

地理情報システム(GIS)は、地理的に参照される情報を管理、分析、表示するためのコンピュータベースのツールまたは技術です。

GISを使用することにより、ユーザーは地理データ間の関係を可視化し、レポート、チャート、地図などの形で理解することができます。

GISで利用できるデータ型やデータ構造の1つに空間データがあります。

空間データは、ベクターデータとラスターデータの2種類で管理することができます。

簡単に言うと、ラスターデータは連続したデータで、ベクターデータは離散的なデータです。

スポンサーリンク

ラスターデータとは

ラスターデータは画素で構成されています。

各画素には値が設定されています。

このデータを表すのが格子状のセルです。

つまり、行と列で構成されたセルの行列です。

各セルは情報を表す値を持っています。

化学物質の濃度や標高などは、ラスターデータの一例です。

ラスターデータはシンプルです。

ラスターデータは単純で、セルの大きさや形がすべて同じなので、シミュレーションがしやすい。

一方、ラスターデータは情報の欠損が起こりやすい。

また、ネットワークとの連携が難しい場合もあります。

さらに、特別なハードウェアやアルゴリズムがない場合、投影変換に時間がかかることがあります。

ベクターデータとは

ベクトルデータとは、連続した点(頂点)を使ってデータを表現するデータです。

各頂点はx座標とy座標を含む。

行政区画、線状地形、道路、河川などがベクターデータの例です。

また、線、点、多角形などを用いて緯度・経度を表示する。

ベクトルデータには様々な利点があります。

それは全体のトポロジーを記述するのを助けます。

また、正確な図形を表現することができます。

さらに、ラスターデータを一般化し、更新することも可能である

しかし、複雑なデータ構造です。

各ユニットが異なるトポロジー形態を持っているため、シミュレーションが困難です。

さらに、高品質な色彩を表示するためにコストがかかることもあります。

ラスターデータとベクターデータの違い

定義

ラスターデータとは、行と列で構成されたセルの行列で、各セルが特定の情報を表す空間データの一種である

一方、ベクトルデータは、離散的な境界を持つデータを格納するために使用される空間データの一種である

これがラスターデータとベクトルデータの主な違いです。

データ型

重要なことは、ラスターデータが連続データであるのに対し、ベクターデータは離散データであるということです。

データ表現

ラスターデータとベクターデータのもう一つの違いは、ラスターデータがセルやグリッドマトリックスでデータを表現するのに対し、ベクターデータは連続した点または頂点でデータを表現する点です。

複雑さ

また、ラスターデータはベクターデータに比べ、より単純です。

これもラスターデータとベクターデータの違いです。

気温、気圧、土壌のPH、エコトーン、標高、流れ、距離などがラスターデータにあたります。

一方、行政区画、線形地形、道路、河川などは、ベクターデータと呼ばれる。

結論

GISにおける空間データには、ラスターデータとベクターデータがあります。

ラスターデータとベクターデータの主な違いは、ラスターデータがセルやグリッド行列でデータを表現するのに対し、ベクターデータは連続した点や頂点でデータを表現する点です。

タイトルとURLをコピーしました