クローン再生産と無性生殖の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


クローンと無性生殖の主な違いは、クローンが遺伝的に同一の生物のグループであるのに対し、無性生殖は遺伝的に同一の個体または細胞の生産を担当する方法であることである

また、クローンとは、自然にクローンを作り出す方法です。

クローンと無性生殖は、遺伝的に同一の個体や細胞を作り出すための関連したものです。

有糸分裂は、この2つの機構に関わる細胞分裂の方法です。

スポンサーリンク

クローンとは

クローンとは、遺伝的に同一の生物または細胞の集まりで、主に細胞培養技術によって作られる。

クローンとは、クローンを作り出す手法のことです。

クローンの最大の特徴は、クローン内に正確な遺伝子が存在することである

また、DNAなどの分子をクローン化する方法を分子クローニングといいます。

また、細胞クローニングは、単細胞生物や幹細胞などの多細胞生物の細胞を細胞培養技術によってクローニングする方法です。

ここで、細菌などの単細胞生物のクローニングは、酵素、ホルモン、医薬品など多くの副産物を生み出すことができるため、極めて重要な応用分野です。

一方、幹細胞のクローニングは、治療や研究のための細胞を作り出すために重要です。

図1:バナナクローン

クローンのもう一つの形態は生物クローンであり、親生物の正確な遺伝子構成を持つ多細胞生物を作り出すものです。

これは、無性生殖によって行われる。

園芸分野では、接ぎ木などの方法を用いた植物生殖により、生物のクローニングが行われる。

アポミクシスやフラグメンテーションは、生物クローニングの自然な方法です。

生物クローンは、生殖クローンとも呼ばれる。

無性生殖とは?

無性生殖とは、片親から子孫が発生する生殖形態です。

したがって、親となる生物と子孫の遺伝子の構成は同一です。

ただし、無性生殖では有性生殖のような配偶子の融合が行われない。

植物や菌類などの多細胞生物、細菌や古細菌などの単細胞生物における主な生殖方法です。

What is the Difference Between Clone and Asexual Reproduction:図2 無性生殖 – 小植物体

さらに、細菌の無性生殖の主な方法として、二体核分裂があります。

1つの細菌から2つの娘細菌を作ることができる。

また、多核分裂は、有糸分裂によって複数の核を作る方法です。

藻類を含む多くの原生生物は、この多重核分裂を行う。

また、酵母の無性生殖の主な方法は出芽であり、娘細胞と母細胞ができる。

さらに、植物では、根茎、塊茎、不定芽の生産など、多くの植生的生殖方法がとられている。

また、菌類などの一部の生物は、無性生殖法として胞子を生産する。

一方、環形動物、多毛類、乏毛類、海星などの原始動物の中には、無性生殖法として断片化を行い、親生物の断片から新しい生物を発生させるものがあります。

また、agamogenesisも雄性配偶子を介さない無性生殖の仕組みの一つです。

単為生殖とアポミクシスという2つの方法があります。

クローン再生産と無性生殖の類似性

  • クローンと無性生殖は、遺伝的に同一の個体や細胞を作り出す方法です。
  • 両者とも片親が関与する単親生殖です。
  • また、両者とも細胞分裂は有糸分裂です。
  • また、どちらの方法でも、多数の同一の遺伝子を持つ個体を作り出すことができます。

クローン再生産と無性生殖の違い

定義

クローンとは、遺伝的に同一の祖先または株から無性に生み出された生物または細胞、あるいは生物または細胞の一群のことである

無性生殖とは、一つの生物から、その親の遺伝子のみを受け継ぐ生殖のことで、配偶子の融合を伴わず、染色体の数もほとんど変わらない。

この点が、クローン生殖と無性生殖の大きな違いです。

意義

クローンとは、遺伝的にも形態的にも同一の生物の集まりであり、無性生殖とは、遺伝的に同一の子孫を残すための方法です。

メソッドの性質

クローンと無性生殖のもう一つの違いは、クローンが細胞培養技術によって人工的に作られるのに対し、無性生殖は自然にクローンを作る方法であることです。

タイプ

分子クローン、細胞クローン、生物クローンがクローンであり、分裂、出芽、断片化、植物繁殖、胞子形成、agamogenesisが無性生殖のタイプです。

従って、この点もクローンと無性生殖の違いの一つです。

結論

クローンとは、実験室内での細胞培養技術によって作られた、遺伝的に同一の個体の大きな集団のことである

これに対し、無性生殖は、単一の親を持つ生物に遺伝的に同一の子孫を残す自然な方法です。

植物や菌類などの原始的な生物は、主に無性生殖で子孫を残しています。

したがって、クローン生殖と無性生殖の大きな違いは、遺伝的に同一の子孫を残すための仕組みと性質にあります。

タイトルとURLをコピーしました