外生菌根と内生菌根の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

外菌根と内菌根の大きな違いは、外菌根の菌糸は外側から根の周りに鞘を形成するのに対し、内菌根の菌糸は根の細胞の中に入っていくことです。

植物の根に共生する菌根菌には、外菌根菌と内菌根菌の2種類があり、外菌根菌は植物の根に、内菌根菌は植物の根に共生する菌根菌です。

外菌根菌は根の皮質の細胞の間にハーティグ網を形成し、内菌根菌は根の皮質の細胞の中にアーバスクルと呼ばれる分岐した菌糸を形成する。

主な対象分野

  1. 外生菌根とは何か?
         – 定義、構造、重要性
  2. 腹菌根とは何か
         – 定義、構造、重要性
  3. 外菌根と内菌根の共通点は何か
         – 共通点の概要
  4. 外生菌根と内生菌根の違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

アーバスキュール、外菌根、内菌根、ハーティグネット、菌根菌、共生

スポンサーリンク

外生菌根とは?

外菌根菌(ECM)は、植物の根と共生関係を結ぶ2種類の菌根菌のうちの1つです。

しかし、あまり一般的ではなく、外菌根菌と共生関係を結ぶ植物科は10%程度に過ぎない。

シラカバ、フタバガキ、ユーカリ、カシ、マツ、バラ科などです。

主に担子菌門、子嚢菌門、接合菌門が菌根の役割を担っている。

図1:外生菌根

さらに、外菌根の最大の特徴は、根を取り囲むようにハーティグネットを作ることである

一般的には菌鞘やマントルと呼ばれるもので、主に根の先端を覆っている。

さらに、菌根菌の菌糸は、その細胞外空間を介して根の皮質の細胞を取り囲んでいる。

また、外から見ると、菌糸は土や葉の裏と広範囲にネットワークを形成している。

エンドミコルニアとは?

根粒菌は、根と共生関係を形成する菌根菌の一種です

  この菌根菌の最大の特徴は、根の皮質の細胞内に侵入することです。

内生菌根の種類には、アーバスキュラー菌根、エリコイド菌根、アルブトイド菌根、モノトロポイド菌根、オーキッド菌根があります。

このうち、アーバスキュラー菌根(AM)は最も一般的な形態です。

一般に、菌根菌の70%はアーバスキュラー菌根菌です。

しかし、このアーバスキュラー菌根の最大の特徴は、菌類がアーバスキュールやベシクルといった独特の構造物を形成することである

また、アーバスキュラー菌根は糸状菌門に属します。

アーバスキュラー菌根の形成は、陸上植物の初期コロニー形成や維管束植物の進化に重要な役割を果たしたと科学者は考えている。

しかし、共生関係にあるこれらの菌類の主な役割は、植物に水とミネラルを供給することである

また、根から糖分を得ている。

外生菌根と内生菌根の類似性

  • 菌根菌には、外菌根菌と内菌根菌の2種類があります。
  • 植物の根と共生関係にある。
  • 植物の根と共生し、植物が光合成で生産した糖分を摂取しています。
  • さらに、水やリンなどのミネラル栄養素を植物に供給する。
  • アブラナ科やアカザ科など、菌根を作らない植物もあります。
  • さらに、蘚苔類は菌根のような結合をする。

外生菌根と内生菌根の違いについて

定義

外菌根とは、菌類が植物と共生することで、菌糸が植物の根の外側に鞘を形成し、植物の細胞の間に伸びて養分の交換を行うことをいう。

一方、内生菌根は、菌の菌糸が植物の根の細胞内に入り込み、養分を交換する植物との共生関係を指します。

したがって、これが外生菌根と内生菌根の大きな違いです。

コロニー化

外生菌根と内生菌根のもう一つの違いは、外生菌根が細胞外コロニーであるのに対し、内生菌根は細胞内コロニーを形成していることである

発生状況

さらに、外生菌根は少なく、内生菌根は多い。

真菌門

担子菌門、子嚢菌門、接合菌門は外生菌根の役割を果たし、糸状菌門は内生菌根の役割を果たす。

プロデュース

さらに、外菌根は根皮の細胞間にハーティグネットを作るが、内菌根は根皮の細胞内にアーバスクルと呼ばれる分岐した菌糸を作る。

このことも外菌根と内菌根の違いです。

タイプ


アーバストイド菌根は外生菌根の一種であり、アーバスキュラー菌根、エリコイド菌根、オーキッド菌根は内生菌根の一種である

結論

外生菌根菌は、菌根菌の一種で、植物の根の周りにハーティグ網を作る

そのため、根の細胞内には侵入しない。

しかし、細胞外のコロニーを形成する。

一方、内生菌は、もう一つのタイプの菌根菌で、根の細胞を貫通する。

そのため、アーバッスルとともに細胞内コロニーを形成する。

このように、外菌根菌と内菌根菌の大きな違いは、コロニー形成の方法です。

タイトルとURLをコピーしました