JVMとCLRの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


JVMとCLRの主な違いは、JVMがJavaバイトコードを実行するための仮想マシンであるのに対して、CLRは.NETプログラムの実行を管理する仮想マシンであることです。

JVM(Java Virtual Machine)は、Javaのソースコードをコンパイルして生成されたバイトコードを実行するためのものです。

多くのハードウェア、ソフトウェアプラットフォームで利用可能である

言い換えれば、JVMはプラットフォームに依存する。

一方、CLR(Common Language Runtime)は、.NETフレームワークで書かれたプログラムを実行するための環境を提供する。

また、型安全性、例外処理、ガベージコレクション、スレッド管理、セキュリティなどの付加的なサービスも提供する。

スポンサーリンク

JVMとは

Javaプログラムは、Javaプログラミング言語で記述された命令のセットです。

コンピュータにある作業を実行させるための命令を提供するものです。

さらに、プログラマーが書いたプログラムのことをソースコードと呼びます。

このソースコードは、プログラマが読んで理解できるものですが、コンピュータが理解できるものではありません。

Javaソースコードをコンパイルする際、Javaコンパイラはそのコードをバイトコードと呼ばれる中間コードに変換する。

そして、JVMがこのバイトコードを機械語に変換し、プログラムで定義されたタスクを実行できるようにする。

Javaソースコードをバイトコードに変換するとき、それは物理的なマシンのために書かれているのではありません。

それはJVMのために書かれる。

したがって、バイトコードはJVMを持つどのようなマシンでも実行することができます。

ここで、バイトコードはプラットフォーム非依存であるのに対し、JVMはプラットフォーム依存であることに注意してください。

CLRとは

CLRまたはCommon Language Runtimeは、.NETフレームワークの実行環境を提供する仮想マシンです。

また、.NETフレームワークのすべてのバージョンは、CLRで構成されています。

CLRは、.NETフレームワークで書かれたプログラムであれば、プログラミング言語に関係なく実行することができる。

Main Difference - JVM vs CLR

また、プログラマーは、C#、Visual Basic、F#など、さまざまな言語で.NETフレームワークのプログラムを記述することができる。

ただし、コンパイル後にMicrosoft Intermediate Language(MIL)と呼ばれる中間コードが生成される。

次に、ジャストインコンパイラ(JIT)がその中間コードをマシンコードにコンパイルする。

したがって、この最終的な機械語コードはコンピュータが理解でき、定義されたタスクを実行することができる。

一方、CLRは複数の利点を提供する。

言語間の統合、例外処理、セキュリティの強化、デプロイメントのサポートなどを提供する。

さらに、CLRはパフォーマンスを向上させる。

また、ガベージコレクタを提供してメモリを管理し、デバッグの実行を容易にする。

JVMとCLRの違い

定義

JVMは、コンピュータがJavaプログラムを実行し、Javaバイトコードにコンパイルすることを可能にする仮想マシンである

  CLRは、マイクロソフトの.NETフレームワークの仮想マシンで、.NETプログラムの実行を管理する。

したがって、これがJVMとCLRの根本的な違いです。

フルフォーム

また、JVMはJava Virtual Machineの略で、CLRはCommon Language Runtimeの略です。

協会

また、JVMはJavaプログラミング言語と関連付けられているのに対し、CLRは.NETフレームワークと関連付けられている。

主な機能

JVMとCLRのもう一つの違いは、JVMはバイトコードをマシンコードに変換するために使われますが、CLRは.NETフレームワークの実行環境を提供することです。

結論

JVMはJava Virtual Machineの略で、CLRはCommon Language Runtimeの略です。

JVMとCLRの違いを簡単に説明すると、JVMはJavaバイトコードを実行する仮想マシンであり、CLRは.NETプログラムの実行を管理する仮想マシンであるということです。

タイトルとURLをコピーしました