NodeとInternodeの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


節と節間の主な違いは、節は葉が茎に付着する点であるのに対し、節間は連続する2つの節間の距離であることである

節と節間は、茎の中にある2つの構造部分です。

茎は、維管束植物の2つの構造部分のうちの1つです。

節は腋芽を持ち、枝や花、球果に成長することができ、節間は茎を伸ばす役割を持つ。

主な対象分野

  1. ノードとは
         – 定義、特徴、重要性
  2. 内節とは
         – 定義、特徴、重要性
  3. ノードとインターノードの共通点
         – 共通する特徴の概要
  4. ノードとインターノードの違いは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

腋芽、出芽、節間、節、茎切断、輸送

スポンサーリンク

ノードとは

維管束植物の茎の構造部分で、茎の中にわずかに膨らみを形成している。

節には、傷跡や、腋芽、花芽、球果の芽などの発生構造があります。

腋芽は枝の発生を担っている。

また、一部の節からは気根が発生する。

What is the Difference Between Node and Internode_Figure 1:図1 節と節間

植物の植生繁殖には、節を識別することが重要です。

ほとんどの木本・草本の植物は、茎を切断することで増殖させることができる。

発根を成功させるためには、母株から6インチ以上の長さの切り口を取ることが必要である

また、剪定は植物の大きさを維持するために用いられる方法で、茎を節より上で剪定すると、その節の腋芽が誘導されて新しい茎を作るようになる。

出芽の際には、1株の節が穂木となり、それを子房とともに切り落とす。

インターノードとは

節間とは、茎の連続する2つの節の間にある部分です。

節間が長いと、連続する2つの節の間に適切な空間ができる。

しかし、矮性針葉樹などの一部の植物は、常に節間が短い。

そのため、これらの植物は剪定やせん定によって、さまざまな形状にすることができる。

What is the Difference Between Node and Internode_Figure 2: 図2: 節から発生する着生根

また、節間は木部と葉部の両方が存在するため、節間の主な機能は輸送です。

木部は根から葉への水の輸送を、葉茎は葉から貯蔵部への食物の輸送を担っている。

その他、節間が長くなることで植物の高さが増す。

ノードとインターノードの類似性

  • 節と節間は、維管束植物の茎にある2つの構造です。
  • どちらも茎に関係するユニークな機能を持っています。

ノードとインターノードの違い

定義

節とは、植物の茎の部分で、1枚以上の葉が出て、しばしば少し膨らんでいる部分を指し、節間とは、連続する2つの節の間の部分を指す。

従って、これが節と節間の主な違いです。

腋窩芽

節と節間のもう一つの違いは、節には腋芽があるのに対し、節間には腋芽がないことである

機能

また、節と節間はそれぞれの機能において違いがあります。

節は芽を出し、枝や花、球果に成長することができ、節間は茎の長さを伸ばす役割があります。

結論

節は、維管束植物の茎のわずかな膨らみで、瘢痕または腋芽が存在し、それが枝に発展することを特徴とする。

腋芽のほかに、花芽や球芽を含むこともあります。

節間は、連続する2つの節間の茎の部分です。

植物の高さを伸ばす役割を担っている。

従って、節と節の主な違いは、その構造と機能です。

タイトルとURLをコピーしました