デイクリームとナイトクリームの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


デイクリームとナイトクリームの主な違いは、そのテクスチャーと成分です。

デイクリームはSPF(日焼け止め)やビタミンCなどの美白成分を含む軽いクリームで、ナイトクリームはレチノールやグリコール酸などの有効成分を含むリッチで重めのクリームです。

その名の通り、デイクリームは日中に使用するスキンケア製品で、ナイトクリームは夜間に使用するスキンケア製品です。

両方のクリームの主な機能は、肌に潤いを与え、肌を柔らかく滑らかにすることです。

この2つのクリームは同じように使えると思っている人もいるかもしれませんが、成分や効果に違いがあります。

スポンサーリンク

デイクリームとは

デイクリームは、日中に塗布するスキンケア製品です。

日光や、汚れやほこりなどの汚染物質から私たちの肌を守るように設計されています。

デイクリームは、軽く、べたつかず、粘度が薄く、肌になじみやすいのが特徴です。

デイクリームの上に化粧をすることもできます。

デイクリームの主な機能は、肌に水分補給や保湿を行い、柔らかく滑らかな外観を与えることです。

日中は日光にさらされることが多いため、ほとんどのデイクリームにはSPFが含まれています。

しかし、このSPFの含有量は、十分な日焼け止め効果を発揮するのに十分であるとは限りません。

また、デイクリームには、ビタミンCやコウジ酸などの美白成分が含まれています。

しかし、グリコール酸、アルファヒドロキシ酸、レチノールなど、日光に当たると炎症を起こす可能性のある有効成分は含まれていない傾向があります

ナイトクリームとは

ナイトクリームとは、夜、顔に塗る化粧品用クリームです。

ナイトクリームは、デイクリームよりも濃厚なクリームです。

寝ている間に肌を深く保湿します。

肌は夜間にほとんど修復されます。

そのため、ナイトクリームの多くには、レチノールや各種酸などの有効成分が配合され、肌細胞のターンオーバーを促進します。

また、これらの成分は、小じわを軽減する効果も期待できます。

夜間は紫外線によるダメージがないため、ナイトクリームにはSPF成分が含まれていません。

また、ナイトクリームは肌に吸収されるまでに時間がかかります。

 夜にはナイトクリーム、昼にはデイクリームと使い分ける方もいらっしゃるようです。

しかし、その多くは、日中にナイトクリームを使用すると、重く脂っぽい感じがすることが多いでしょう。

これは、ナイトクリームがデイクリームよりも重く、リッチであるために起こります。

デイクリームとナイトクリームの違い

定義

デイクリームはその名の通り、日中に使用するスキンケア製品で、ナイトクリームは夜間に使用するスキンケア製品です。

テクスチャー

日中用クリームは軽めのテクスチャー、夜用クリームは厚めで重めのテクスチャーが一般的です。

吸収量

日中用クリームは肌になじみやすいですが、夜用クリームは濃厚なため、吸収されるまでに時間がかかる場合があります。

原材料名

さらに、デイクリームにはSPFやビタミンCなどの美白成分、ナイトクリームにはレチノールなどの有効成分が含まれています。

結論

デイクリームとナイトクリームの主な違いは、そのテクスチャーと成分です。

デイクリームはSPFやビタミンCなどの美白成分を含む軽いクリームで、ナイトクリームはレチノールやグリコール酸などの有効成分を含むリッチで重めのクリームです。

タイトルとURLをコピーしました