センシティブとセンシティブの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

sensibleとsensitiveの大きな違いは、sensibleという形容詞は慎重で合理的な人を表すのに対し、sensitiveという形容詞は物事を簡単に、そして深く感じる人を表すということです。

Sensitiveとsensibleは似ているようで、大きく異なる意味を持つ2つの形容詞です。

この2つの形容詞は、人間だけでなく、生物以外も表現することができます。

また、sensibleは現実的で慎重な人ですが、sensitiveは物事を簡単に、そして深く感じる人です。

スポンサーリンク

Sensible – 定義、意味、例文

Sensibleは、prudent, practical, or rationalと同義語の形容詞です。

したがって、分別のある人とは、実用的で合理的、そして冷静な人のことを指します。

分別のある人は常に良い判断を示し、賢明な決断を下します。

私たちがこの形容詞を使って人を表現する場合、通常は肯定的な意味合いを持ちます。

しかし、この形容詞は時に否定的になることもあります。

例えば、創造的または冒険的な選択と対照的な賢明な選択です。

  この形容詞を物について説明するときに使うと、sensible shoes, sensible dress などのように、快適で実用的な選択を意味します

– この形容詞は、高価なものやファッショナブルなものよりも、快適で実用的なものを選ぶことを意味します

Main Difference - Sensible vs Sensitive 図1: 彼は賢明な靴を履いていた。

では、例文でこの形容詞の使い方を観察してみましょう。

傘を持ち歩くようにしましょう。

彼女はいつも賢明なアドバイスをしてくれるので、誰もが彼女を尊敬していた。

ライラは長い距離を歩かなければならないので、分別のある靴を履いていた。

彼はいつも分別のある方法でお金を使っている。

私は疲れすぎたときに運転をやめるほど分別があった。

Sensitive – 定義、意味、例文

Sensitiveとは、他人の態度、感情、または状況に敏感であることを意味します

私たちはこの形容詞を、他人の気持ちを素早く繊細に察することができる人、またはそれを示す人を表現するために使用しています。

言い換えれば、繊細な人は物事を簡単かつ深く感じ、物事や人に感情的に反応します。

簡単に自分の気持ちを傷つけてしまうが、他人の気持ちや感情を理解することもできる。

彼女はとても繊細だから、発言には気をつけないといけないよ。

とても思いやりのある、繊細な男だった。

ジェームズはタフガイのように振る舞っているが、とても繊細な人だ。

What is the Difference Between Sensible and Sensitive 図2: 彼女は批判に対して非常に敏感だった。

植物、動物、出来事、プロセスもまた、敏感である可能性があります

例えば、センシティブな問題、タッチセンシティブな植物、センシティブな商品など。

同社は多くの敏感な市場への参入に成功した。

この植物は光に敏感です。

彼は機密情報を任せてはいけない。

センシティブとセンシティブの類似性

  • これらの形容詞は両方とも、人間だけでなく、非生物的なものの性質を表すことができます。

センシティブとセンシティブの違い

定義

センシティブとは、慎重、合理的、冷静という意味で、センシティブとは、他人の態度、感情、状況に影響されやすいという意味です。

感受性の強い人は現実的で慎重なのに対し、感受性が強い人は物事を感じやすく、深く考え込む。

パーソナリティ

また、感受性の強い人は常に的確な判断力を発揮し、賢明な決断を下しますが、感受性の強い人はすぐに自分の感情を傷つけてしまいますが、他人の気持ちや感情を理解することができるのも特徴です。

非生物的なもの

物体を表すのに使われる場合、sensible は通常、実用的で快適であることを意味します

しかし、物体、動物、プロセスなどを表現するときに使われるsensitiveは、変化に素早く対応することを意味します

結論

センシティブとは、慎重、合理的、冷静という意味で、センシティブとは、他人の態度、感情、状況などに影響を受けやすいという意味です。

センシティブな人は常に的確な判断を下し、賢明な決断を下すのに対し、センシティブな人はすぐに自分の感情を傷つけてしまうが、他人の気持ちや感情を理解することも可能である

このように、センシティブとセンシティブの主な違いはこの点にあります。

タイトルとURLをコピーしました