社会階層と社会的差別の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


社会階層と社会分化の主な違いは、社会階層が民族、階級、教育レベル、性別などのカテゴリーに基づく人々の階層的なランク付けであるのに対し、社会分化は生理的、生物学的、社会文化的要因に基づく社会集団や個人の区別であることである

社会階層と社会分化は、社会における個人間の差異を表す2つの概念です。

 簡単に言えば、社会的分化は社会階層をもたらす主な現象です。

スポンサーリンク

社会的差別化とは

社会的差別とは、性別、年齢、民族などの生理的、生物学的、社会文化的な要因に基づいて、社会集団や個人を区別することである

社会的分化は、すべての社会と社会集団に存在する。

これは、実際、社会の中で社会的ヒエラルキーや社会階層が発達し始める過程です。

さらに、不平等と権力は、社会的差別化における2つの重要な概念です。

社会的分化の概念によれば、異なる身分の人々は、権力へのアクセスに差があります。

例えば、職場に目を向けると、雇用主は従業員に対して権力を持っています。

このような社会的地位や社会的意義の考え方が、社会的階層を作り出しているのです。

社会階層とは

社会階層とは、民族、階級、職業、教育レベル、性別などのカテゴリーに基づく人々の階層的なランキングのことである

言い換えれば、社会における個別の階級や層が出現することである

さらに、高いランクや社会的地位の高い人は、低いランクの人に比べて、様々な資源へのアクセスや特権を享受しやすくなります。

すべての社会は階層化システムを持っています。

欧米のほとんどの国では、富と収入に基づく社会階層が存在する。

実際、そのような社会では、上流階級、中流階級、下流階級の3つの階級が存在する。

同様に、古代社会も独自の階層システムを持っていた。

例えば、古代インドではカースト制度があり、王族、貴族、農民の3つの区分があった。

Main Difference - Social Stratification vs Social Differentiation

社会階層には、4つの主要な原則があります。

  1. 1.社会階層は何世代にもわたって存続する。
  2. 普遍的(どの社会にも存在する)であるが、可変的(階層化のシステムは時間や場所によって異なる)です。
    1. 個人差だけでなく、社会の特質です。
  3. 階層化には、不平等だけでなく、信念や態度も含まれる。

社会階層システムには、大きく分けてクローズドシステムとオープンシステムの2種類があります。

閉鎖的なシステムは、極めて硬直的で、社会的地位の変化を許さない傾向があります。

このようなシステムでは、社会的地位は帰属的地位、つまり生まれながらにして受け継いだ社会的地位に基づいている。

しかも、これは多くの古代社会で見られたことである

一方、開放型システムは、より多くの変化と自由を可能にします

さらに、現代社会の多くで見られる階級制度は開放型です。

開放型社会では、自分の功績によって、ある階級から別の階級に移る可能性があるのです

社会階層と社会的差別の違い

定義

社会階層とは、民族、階級、教育レベル、性別などのカテゴリーに基づいて人々を階層的にランク付けすることであり、社会分化とは、生理的、生物学的、社会文化的な要因に基づいて社会集団や人々を区別することである

自然

社会的差別化とは、社会または社会集団における個人間の差異です。

これに対し、社会階層とは、社会的分化に基づく人々の階層的な順位付けのことである

結論

社会階層とは、民族、階級、教育レベル、性別などのカテゴリーに基づいて人々を階層的にランク付けすることであり、社会分化とは、生理的、生物学的、社会文化的要因に基づいて社会集団や個人を区別することである

したがって、この点が社会階層と社会分化の主な違いです。

タイトルとURLをコピーしました