妊娠月齢と胎児月齢の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


妊娠年齢と胎児年齢の主な違いは、妊娠年齢は女性の最終月経(LMP)の始まりから取った妊娠の年齢であることです。

しかし、胎児年齢とは、妊娠した時点から、成長する赤ちゃんの実年齢のことです。

したがって、妊娠年齢には、女性が妊娠していなかった2週間の時間が追加で含まれます。

妊娠期間については、妊娠月齢と胎児月齢の2つの期間が使われます。

より多くの場合、妊娠は、測定の正確さのために、胎児年齢ではなく、妊娠年齢を指します。

しかし、その主な機能は妊娠予定日を決定することです。

一般に、妊娠年齢は月経年齢とも呼ばれ、胎児年齢は概念年齢とも呼ばれる。

主な対象分野

  1. 妊娠年齢とは
         – 定義、計算方法、重要性
  2. 胎児年齢とは
         – 定義、算出方法、重要性
  3. 妊娠年齢と胎児年齢の類似点とは?
         – 共通点の概要
  4. 妊娠年齢と胎児年齢の違いについて
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

受胎、妊娠予定日、胎児年齢、妊娠期間、最終月経日

スポンサーリンク

妊娠可能年齢とは

妊娠年齢とは、最終月経を起点に計算したときの妊娠年齢のことです。

そのため、月経年齢とも呼ばれます。

一般的に、妊娠週数による妊娠期間は40週とされています。

さらに、通常の妊娠期間は、発育期、胎生期、胎児期の3期に分けられる。

What is the Difference Between Gestational Age and Fetal Age 図1:妊娠期と胎児期の時間差と臓器発生

妊娠期の発育段階の開始は、胎児期より2週間前に起こります。

これは最終月経の2週間後に排卵が起こるためです。

しかし、妊娠年齢は目に見える最終月経によって計算されるため、胎児年齢と対比してより正確に測定することができます。

胎児年齢とは

胎児年齢とは、受胎した時点から始まる成長期の赤ちゃんの実年齢のことです。

したがって、概念年齢とも呼ばれます。

一般的に、排卵は最終月経の2週間後に起こります。

基本的に、受精は排卵に近い時期に起こります。

したがって、受胎日は排卵日にある。

したがって、胎児期は妊娠期より2週間遅くなります。

日付の計算が難しいため、あまり正確な測定ができません。

妊娠月齢と胎児月齢の類似性

  • 妊娠年齢と胎児年齢は、妊娠の年齢を計算する2つのタイプです。
  • 主な機能は、妊娠の予定日を決定することです。
  • 一般的には、発育期、胎生期、胎児期の3つの時期に分けられます。
  • いずれも、胎生期と胎児期を判断する上で重要です。
  • さらに、中枢神経系、心臓、耳、目、手足、唇、口蓋、歯、外性器などの発達を判断する上でも重要です。

妊娠期間と胎児年齢の違い

定義

妊娠年齢とは、女性の最終月経(LMP)の開始時期から算出した妊娠期間中の年齢であり、胎児年齢とは、受胎した時点から成長中の赤ちゃんの実年齢を算出したものです。

別名

妊娠年齢が月経年齢とも呼ばれるのに対して、胎児年齢は概念年齢とも呼ばれる。

時差

妊娠期間には妊娠していない2週間が含まれるのに対し、胎児年齢は妊娠してから計算されます。

発達段階

さらに、妊娠期間の最初の4週間は発達段階に属し、胎児期間の最初の2週間は発達段階に属します。

胎生期

胎生期は妊娠5週目から10週目まで、胎生期は妊娠3週目から8週目までです。

胎児期

さらに、胎児期は妊娠11週目から40週目まで、胎児ステージは妊娠9週目から38週目まで存続する。

妊娠期間

妊娠週数による妊娠期間は40週、胎児年齢による妊娠期間は38週とされています。

精度

さらに、妊娠年齢は胎児年齢よりも正確です。

結論

妊娠年齢とは、女性の最終月経を起点として計算される妊娠の年齢のことです。

そのため、胚の実年齢にプラス2週間の時間が含まれます。

また、妊娠期間も妊娠月齢に合わせると40週となります。

これに対し、胎齢は妊娠を起点として計算した場合の年齢です。

したがって、胚の実年齢となります。

妊娠期間は、胎児年齢に従って38週であるべきです。

したがって、妊娠年齢と胎児年齢の主な違いは、起算点です。

タイトルとURLをコピーしました