生物学における「成長」と「発達」の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


生物学における成長と発達の主な違いは、成長が特定の生物のサイズと質量が一定期間内に増加することであるのに対し、発達は組織と機能の面で生物全体の全体的な変化であることです

生物学における成長と発達は、生物の異なるプロセスを説明する際に使われる2つの用語です。

 さらに、成長が定量的であるのに対し、発生は定量的かつ定性的です。

さらに、発生には、成長、形態形成、分化が含まれる。

スポンサーリンク

生物学における「成長」とは

生物学における成長とは、時間の経過とともに生物のサイズと質量が増加することです。

最も重要なことは、生物の体内で起こる不可逆的な変化であるということです。

一般に、成長は、細胞分裂と細胞肥大の2つのプロセスの結果です。

ここで、成長時に起こる細胞分裂の主なものは有糸分裂であり、同じ遺伝子を持つ細胞の子孫を作る役割を担っている。

一方、肥大とは、細胞内の内容物(主に液胞内の水分量)を増やすことで、分裂した細胞を大きくすることである

What is the Difference Between Growth and Development in Biology 図1: 細胞分裂

さらに、生物の成長には、決定性成長と不定性成長の2種類があります。

決定論的成長では、生物の一部または全体がある大きさまでしか大きくならない。

それ以後は成長が止まる。

一方、不定型成長では、生物の大きさは生涯を通じて継続的に増大する。

 例えば、植物は不定形成長であるが、動物の体内の器官は確定的な成長を遂げる。

また、主に生態学的な研究において、集団の中の生物の数が増えることを成長と表現する場合もあります。

生物学における「発達」とは

生物学における発生とは、生物の複雑さが増すことである

発生の過程で起こる主なプロセスは、成長、形態形成、分化の3つです。

前述したように、成長とは大きさや数の増加のことである

しかし、形態形成とは、形や構造を獲得することである

生物の形を発展させる役割を担っている。

図2:両生類甲殻類Parhyale hawaiensisの発生過程

また、分化とは、生体の一般的な細胞が、形態と生理の両面から特殊な細胞へと成熟する過程です。

細胞は、遺伝子の発現を変化させることによって特殊化を遂げる。

分化は特に機能を獲得することに関与している。

生物学における成長と発達の類似性

  • 成長と発達は、生物学における異なるプロセスを表す2つの用語です。
  • 両者は隣り合わせの2つの相関関係にあるプロセスです。
  • また、遺伝と環境の共同産物です。

生物学における「成長」と「発達」の違い

定義

成長とは、生物の生活史の中で細胞のサイズや数が増加することを指し、発生とは、生物の生活史の中でサイズ、形状、機能が徐々に変化し、遺伝子の潜在能力(遺伝子型)が機能する成熟システム(表現型)へと変換されることを指す。

このように、生物学における成長と発達の根本的な違いを説明している。

意義

つまり、成長とはある期間内にサイズや質量が増加することであり、発生とは生物が機能や組織の面でより複雑な形態に変化することである

したがって、これが生物学における成長と発達の主な違いです。

相関関係

重要なことは、成長は発達の一部であるのに対し、発達には成長、形態形成、分化が含まれることである

タイプ

さらに、成長が量的であるのに対して、発生は量的かつ質的です。

これが生物学における成長と発達のもう一つの重要な違いです。

レベル

さらに、成長は細胞レベルで起こるが、開発は組織レベルで起こる。

変更の内容

生物学における成長と発達の根本的な違いは、何よりも、それらが引き起こす変化の種類にある。

  成長は身体の大きさ、形、形態、構造に変化をもたらすが、発達は組織と機能に変化をもたらす。

タイムスケール

生物学における成長と発達のもう一つの違いは、成長が成熟で止まるのに対し、発達は生涯を通じて続くことである

測定

特定の生物の成長は直接測定することができるが、発育は主観的な解釈です。

結論

成長とは、生物のサイズと質量が増加することである

主に有糸分裂による細胞数の増加によって行われる。

これに対し、発生とは、機能や組織化によって生物が複雑化することである

さらに、発生には、生物の成長も含まれる。

したがって、成長は量的な測定にとどまるのに対し、発生は質的にも量的にも測定可能である

しかし、生物学における成長と発達の大きな違いは、それぞれの過程がもたらす変化の種類にあります。

タイトルとURLをコピーしました