仮説と予測の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


仮説と予測の主な違いは、仮説がすでに起こったものに対する説明を提案するのに対し、予測は将来起こるかもしれないものを提案することです。

仮説と予測は、いくつかの出来事や現象に説明の可能性を与える重要な概念である

その結果、新たな理論の構築を支援する結論を導き出すことができ、それが人類の文明の将来の進歩に影響を与える可能性がある

このように、科学、研究、論理の分野では、この2つの用語は共通です。

また、予測には証拠や観察が必要であるが、仮説は限られた証拠に基づいて立てることができる

スポンサーリンク

仮説とは

定義によれば、仮説とは、さらなる調査の出発点として、限られた証拠に基づ いてなされた仮定または説明の提案を指します。

簡単に言うと、仮説とは、ある現象に対する説明の提案です。

  とはいえ、これは問題の根本的な原因に基づいて、限られた証拠、事実、または持っている情報に基づいています。

しかし、それは実験によってさらに検証することができます。

したがって、これが正しいと証明されるには至っていない。

このように、仮説という言葉は、一般的な使い方よりも、科学や研究の分野でよく使われる。

科学では、科学的仮説と呼ばれる。

しかし、科学的仮説は科学的手法によって検証されなければならない。

また、科学者は通常、既存の科学理論では説明できない過去の観察結果に基づき、科学的仮説を立てる。

Main Difference - Hypothesis vs Prediction 図01:コロニアル鞭毛虫の仮説

研究においては、独立変数と従属変数に基づいて仮説が立てられる。

これは「作業仮説」と呼ばれ、今後の研究の基礎として暫定的に認められるものであり、質的研究においては概念的な枠組みとして機能することが多い。

その結果、研究において収集された事実に基づいて、仮説は異なる変数間のリンクまたは接続を作成する傾向があります。

したがって、より具体的な科学的説明のためのソースとして機能することになる。

したがって、仮説に基づいた理論を構築し、問題の究明を進めることができる。

強い仮説は、推論に基づいた効果的な予測を行うことができる。

その結果、仮説は実験室での実験や自然現象の観測の結果を予測することができる。

したがって、仮説は「教育された推測」と呼ばれる。

予測とは何か

予測とは、「予測されること」または「予測」と定義することができます。

したがって、予測とは、将来起こるかもしれない何かについての声明です。

したがって、既存の証拠や観察に基づいて、何が起こるかを推測することができます。

一般的な文脈では、不確実な未来を予測することは難しいが、現在の観察に基づいて、将来何が起こるかについて結論を出すことはできる。

これは、現在危険な現象が起こっているときに、将来否定的な結果を回避するのに役立つ。

さらに、仮説と予測には関連性があります。

強い仮説があれば、予測は可能である

このような仮説と予測の関係は、科学の分野ではよく見受けられる。

したがって、科学や研究において、予測とは、仮説を検証するための具体的な設計です。

つまり、仮説が実験で裏付けられた場合に、どのような結果が得られるかを予測するものです。

また、予測は、”もし、そうなら “という形で書かれることが多く、例えば、”私の仮説が正しいなら、こういったことが観察されるだろう “といった具合です。

仮説と予測の関係

  • 仮説に基づき、予測をすることができる。
  • また、仮説は演繹的推論という行為によって予測を可能にする。
  • また、仮説は演繹的推論によって予測を可能にする。さらに、予測は仮説が実験によって裏付けられた場合に観測される結果です。

仮説と予測の違い

定義

仮説とは、限られた証拠に基づいて、さらなる調査の出発点として行われる仮定または説明の提案を指します。

一方、予測は、予測されること、あるいは何かを予測することを意味する。

このように、仮説と予測の主な違いを説明する。

解釈

仮説は、何かが起こった理由を説明することにつながり、予測は、現在の観察に 従って何が起こり得るかを解釈することにつながる。

ここが仮説と予測の大きな違いです。

結果

仮説と予測のもう一つの違いは、仮説は現象に対する答えや結論を出すもので、理論につながるのに対し、予測は将来の仮定や予測につながることである

統計情報

仮説は統計と直結しているが、予測は統計を使うとはいえ、確率を出すだけです。

プロセス

また、仮説は発生の始まりや原因に遡るのに対し、予測は未来の発生に遡る。

自然

仮説と予測のもう一つの違いは、検証可能かどうかということです

仮説は検証できる、つまりテスト可能であるのに対して、予測は本当に起こるまで検証できない

結論

仮説と予測は、科学や研究において不可欠な要素です。

しかし、これらは一般的な文脈でも使用される。

したがって、仮説と予測は互いに関連してはいるが、2つの異なる概念です。

仮説と予測の主な違いは、仮説がすでに起こったことについての説明を提案するのに対し、予測は将来起こるかもしれないことを提案することである

タイトルとURLをコピーしました