ツリーとバイナリツリーの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


木と二分木の主な違いは、木はデータを木に似た構造で階層的に配置するのに対し、二分木は親ノードが最大2つの子ノードを持つことができる木の一種であることである

データ構造とは、データを体系的に整理する方法です。

このような配置は、プログラムの効率を高めるのに役立つ。

一般的な非線形データ構造の1つは、木と呼ばれるものです。


二分木は木の一種である

スポンサーリンク

ツリーとは

ツリーとは、データを木のような構造で整理したデータ構造のことです。

データ要素はツリーのノードと呼ばれる。

主なノードはルートノードで、その下に他のすべての要素(子ノード)が配置される。

 ルートノードから左の部分と、右のノードから左の部分はそれぞれ別のサブツリーとなる。

エッジは、ツリー内のノードをつなぐ役割を果たします。

あるノードが特定のノードに上方向から接続する場合、その上方向のノードは親ノードと呼ばれる。

あるノードが下方向から特定のノードに接続する場合、その下方向のノードは子ノードとなる。

さらに、木はノード間で親子関係を保つ。

親ノードは複数の子ノードを持つことができるが、子ノードは1つの親ノードしか持つことができない。

ただし、子ノードに接続しないノードもあります。

このようなノードをリーフノードと呼ぶ。

バイナリーツリーとは

二分木とは、木の一種である

この木では、各ノードが最大2つの子ノードを持つことができます。

また、通常の木と同じ性質を持っています。

一番上のノードがルートノードです。

ノードは、親子関係に従って互いに接続される。

子ノードを持たないノードは、葉ノードとなります。

Main Difference - Tree vs Binary Tree

二分木の主な走査操作は以下の通りです。

前順序探索 – 最初にルートノードを探索し、次に左サブツリー、右サブツリーを探索する。

この処理は、各サブツリーに対して再帰的に適用される。

順方向探索 – 最初に左のサブツリーを探索し、次にルートノードと右のサブツリーを探索する。

この処理は、各サブツリーに対して再帰的に適用される。

後順序トラバース – 左サブツリー、右サブツリー、ルートノードの順にトラバースする。

この処理は、各サブツリーに対して再帰的に適用される。

ツリーとバイナリツリーの関係

  • 二分木は木の一種です。

ツリーとバイナリツリーの違い

定義

木は、ルート値と親ノードを持つ子ノードのサブツリーを持つ、階層的な木構造をシミュレートしたデータ構造であり、二分木は、それぞれの親ノードが最大2つの子ノードを持つことができるデータ構造の一種である

これらの定義により、木と二分木の根本的な違いを説明することができる。

子ノードの数

木では、親ノードは複数の子ノードを持つことができる。

しかし、2分木では、親ノードは最大2つの子ノードを持つことができる。

したがって、これが木と二分木の主な違いです。

結論

木は複数のノードを持つデータ構造で、1つのノードをルートとし、残りのノードはルートの子ノードです。


2分木は木の一種です

木と二分木の主な違いは、木が木に似た構造でデータを階層的に配置するのに対し、二分木は親ノードが最大2つの子ノードを持つことができる木の一種である点です

タイトルとURLをコピーしました