B細胞レセプターと抗体の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


B細胞受容体と抗体の主な違いは、B細胞受容体がB細胞の膜貫通型受容体であるのに対し、抗体はB細胞が産生するタンパク質分子であることである

さらに、B細胞レセプターは特定の抗原結合部位を持ち、抗原と結合できるのに対し、B細胞は特定の病原体を中和するために特異的に抗体を産生する。

B細胞レセプターと抗体は、B細胞に関係する2種類の分子です。

B細胞は、骨髄で作られる2種類のリンパ球のうちの1つです。

スポンサーリンク

B細胞レセプターとは?

B細胞受容体(BCR)とは、B細胞の表面に存在する受容体分子の一種である

Tヘルパー細胞は、B細胞を増殖させ、特定の病原体に対する特異的な抗体を産生するように誘導する。

さらに、B細胞のクローンは1種類の抗体しか作らない。

典型的なB細胞は、このような抗体を105個程度持っていることがあります。

さらに、B細胞で作られた最初の抗体は循環に分泌されず、細胞膜に挿入されてBCRとして機能する。

循環器系に分泌されない抗体は免疫グロブリンと呼ばれる。

したがって、BCRとは、このようなB細胞表面の免疫グロブリンのことである

What is the Difference Between B Cell Receptor and Antibody 図1:B細胞レセプター

特定の抗原が結合すると、B細胞受容体が活性化される。

これにより、細胞内シグナル伝達のカスケードが開始され、抗原と結合したBCRが内在化され、抗原の処理とT細胞への提示が行われる。

抗体とは

抗体とは、B細胞が特定の病原体に反応して産生するタンパク質分子です。

ある特定の抗体クローンは、その特定の病原体に特異的です。

また、Tヘルパー細胞は病原体の抗原をB細胞に提示し、活性化させる。

そして、抗体を分泌したエフェクターB細胞は、大量の可溶性抗体を循環器内に分泌し、病原体に結合して中和することができる。

この抗体分泌B細胞はプラズマB細胞と呼ばれ、成熟したプラズマB細胞は1秒間に約2000個の抗体を産生することができる。

Main Difference - B Cell Receptor vs Antibody 図2: 抗体

抗体は、2本の重鎖(H)と2本の軽鎖(L)の4本のポリペプチド鎖が、共有結合と非共有結合によって結合したものです。

重鎖の多様性により、抗体は5つのクラスに分類される。

IgA、IgD、IgE、IgG、IgMの5種類で、それぞれα、δ、ε、γ、μの重鎖を持つ。

図3: 抗体の機能

抗体分子はY字型をしており、それぞれの腕の先端に抗原結合部位があります。

そのうちの2つは同じものです。

したがって、抗体は2価です。

特定の抗原が複数の抗原決定基を持つ場合、抗体は架橋により格子を形成する。

この格子は、マクロファージに貪食されやすくなる。

つまり、抗体は免疫系の他の種類の細胞を呼び寄せて、病原体を破壊することができる。

一方、抗体は、補体カスケードの第一構成要素を動員することにより、補体系を活性化し、免疫反応を引き起こすことができる。

B細胞レセプターと抗体の類似性

  • B細胞受容体と抗体は、B細胞に関係する2種類の機能分子です。
  • どちらも免疫グロブリン分子です。そのため、2本の重(H)ポリペプチド鎖と2本の軽(L)ポリペプチド鎖を有しています。
  • また、B細胞は特定の抗原に応答して両者を産生するため、特定の種類のB細胞クローンが産生するすべてのB細胞受容体と抗体は、同じ抗原結合部位を含む。
  • 体液性免疫反応の生成に関与する。

B細胞受容体と抗体の違い

定義

B細胞受容体とは、B細胞の表面にある膜貫通型タンパク質の一種である免疫グロブリン分子を指し、抗体とは、B細胞が特定の抗原に反応し、対抗して産生する血液中のタンパク質を指します

これが、B細胞受容体と抗体の主な違いです。

意義


B細胞受容体が膜結合型免疫グロブリンの一種であるのに対して、抗体は分泌型免疫グロブリンの一種である

構造上の相違点

B細胞受容体と抗体の構造上の唯一の違いは、B細胞受容体には膜貫通ドメインとして機能するC末端の疎水性領域が存在することと、シグナル伝達のための別の膜貫通ドメインが存在することである

抗体にはこのような膜貫通ドメインは存在しない。

タイプ

成熟B細胞が発現するB細胞受容体はIgDとIgMの2種類、抗体はIgA、IgD、IgE、IgG、IgMの5クラスに分類される。

役割

B細胞受容体と抗体のもう一つの違いは、B細胞受容体が特定の抗原と結合してB細胞を活性化するのに対し、抗体は抗原と結合して補体経路を通じて免疫反応を引き起こし、他の免疫細胞を呼び寄せて病原体を破壊することができる点です。

結論

B細胞受容体は、B細胞の特定のクローンが特定の病原体に応答して産生する免疫グロブリンの一種である

これらの免疫グロブリンは循環血液中に分泌されることはなく、細胞膜に挿入される。

そして、抗原と結合したB細胞の受容体が処理され、再びT細胞へ提示される。

一方、抗体は循環器系に分泌される免疫グロブリンです。

その主な機能は、抗原を中和して他の免疫細胞を募り破壊したり、補体系を通じて免疫反応を惹起したりすることである

結論として、B細胞受容体と抗体の主な違いは、免疫系における意義と役割です。

タイトルとURLをコピーしました