ウイルスとビロイドの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ウイルスとウイロイドの主な違いは、ウイルスが生きた細胞の中でしか複製できない小さな感染性物質であるのに対し、ウイロイドは植物にしか感染しない最も小さな形態の感染性物質であることである

また、ウイルスは核タンパク質の粒子で、その核酸はDNAでもRNAでも良いが、ウイロイドはRNAの粒子です。

さらに、ウイルスはカプシドと呼ばれるタンパク質の被膜で構成されているが、ウイロイドにはタンパク質の被膜がない。

ウイルスとウイロイドは、宿主細胞内でのみ繁殖することができる2種類の感染性粒子です。

スポンサーリンク

ウイルスとは

ウイルスとは、宿主細胞内でのみ増殖することができる非生物的で小さな感染性物質です。

一般に、ウイルスはDNAの複製やタンパク質の合成など、複製に必要な細胞機構を備えていない

そのため、核酸の複製やタンパク質の合成を宿主細胞に依存しなければならない。

従って、ウイルスは義務的細胞内寄生生物であり、細胞に侵入し、病気を引き起こす。

What is the Difference Between Virus and Viroids:図1 ウイルスの構造

さらに、宿主細胞の外では、ウイルスはビリオンと呼ばれる独立した粒子として存在する。

ビリオンは、DNAとRNAからなる遺伝物質で構成されている。

したがって、ゲノムに含まれる核酸の種類によって、ウイルスをDNAウイルスとRNAウイルスに分類することができる。

また、そのDNAやRNAは一本鎖であったり二本鎖であったりする。

さらに、ビリオンは、カプシドと呼ばれる遺伝物質を取り囲むタンパク質の被膜から構成されている。

このように、ウイルスはカプシドの形状によって、らせん型、正20面体型、プロレート型、複合型に分類される。

また、カプシドを取り囲む脂質からなるエンベロープからなるウイルスもあります。

一般に、ほとんどのウイルスの大きさは20〜300 nmの範囲にある。

ビオロイドとは

ウイルスよりもさらに小さい、最小の感染性粒子として知られる亜ウイルス剤です。

また、宿主、特に植物細胞の中でのみ繁殖することができる。

一般に、ウイロイドはカプシドやエンベロープを持たない。

従って、ウイロイドは宿主の内部で複製する際に、いかなるタンパク質も産生しない。

ウイロイドの主な構造要素は、246から467塩基の円形の一本鎖RNA分子で、そのサイズは短い。

図2:PSTV(ジャガイモ紡錘体ウイロイド)の推定2次構造

また、ウイロイドは、挿し木や塊茎による植物の増殖、種子を介しての増殖、汚染された道具による手作業での誤操作のいずれでも感染する。

ジャガイモ、キュウリ、トマト、キク、アボカド、ヤシなどの植物に感染する。

残念なことに、ウイロイド感染による作物の不作で、毎年何百万ドルもの損失が発生しています。

ウイルスとウィロイドの共通点

  • ウイルスとウイロイドは、2種類の小さな感染性物質です。
  • ウイルスとウイロイドは、2種類の小型の感染性物質であり、非生物の粒子であり、その複製は生きている細胞の中だけで行われる。
  • また、複製を行うための細胞機構を備えていない。
  • しかし、どちらの粒子も核酸を含んでいます。
  • さらに、両方とも宿主に病気を引き起こします。

ウイルスとウィロイドの違い

定義

ウイルスとは、他の生物の細胞内でのみ増殖する小さな感染性物質であり、ウイロイドとは、既知のウイルスのどれよりも小さな感染性粒子で、ある種の植物の病気の原因物質となるものを指す。

これが、ウイルスとウイロイドの大きな違いです。

意義

また、ウイルスとウイロイドの重要な違いは、ウイルスが核タンパク質粒子であるのに対して、ウイロイドはRNA粒子であることである

サイズ

さらに、ウイルスは小さな粒子であるのに対し、ウイロイドはウイルスより小さい。

核酸の種類

また、ウイルスはDNAかRNAを核酸として持っているが、ウイロイドは円形の短い一本鎖のRNAを核酸として持っています。

したがって、この点もウイルスとウイロイドの違いです。

プロテインコート

さらに、ウイルスとウイロイドのもう一つの違いは、ウイルスには核酸を取り囲むタンパク質の被膜があるのに対し、ウイロイドにはタンパク質の被膜がないことである

ホストの種類

ウイルスは、動物、植物、細菌などさまざまな種類の宿主に感染するが、ウイロイドは植物細胞にのみ感染する。

複製中のタンパク質の生成

ウイルスは複製時にタンパク質を産生するが、ウイロイドは複製時にタンパク質を産生しない。

したがって、この点もウイルスとウイロイドの違いです。

ウイルスの例としてはEBV、アデノウイルス、B型肝炎、A型インフルエンザなど、ウイロイドの例としてはジャガイモ紡錘体ウイロイド、Avsunviroidaeなどです。

結論

ウイルスとは、DNA複製やタンパク質合成のための細胞機構を持たないため、もっぱら生きた細胞の中で複製される小さな感染性粒子です。

ウイルスは、DNAまたはRNAの核酸をカプシドと呼ばれるタンパク質の被膜で取り囲んだものです。

一般に、あらゆる種類の生細胞に感染することができる。

これに対して、ウイルスよりも小さな感染性粒子であるウイロイドもまた、ウイルスよりも小さい。

一本鎖のRNA分子で構成され、キャプシドを持たない。

また、ウイロイドは植物細胞にしか感染しない。

従って、ウイルスとウイロイドの主な違いは、その構造と宿主の種類です。

タイトルとURLをコピーしました