外因性抗原と内因性抗原の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


外因性抗原と内因性抗原の主な違いは、外因性抗原が外部から体内に侵入するのに対し、内因性抗原は体内で生成されることである

外因性抗原と内因性抗原は、体内の抗原の2つの主要なタイプです。

これらは起源に基づいて分類されます。

 さらに、外因性抗原は摂取、吸入、注射によって体内に入り、内因性抗原は通常の細胞代謝の副産物です。

また、病原体に感染した場合、細胞は内因性抗原を産生する。

スポンサーリンク

外因性抗原とは?

外因性抗原とは、摂取、吸入、注射によって外部から体内に侵入する非自己抗原のことです。

感染症の原因となる細菌やその他の病原体、アレルギーの原因となる花粉や食べかすなどが含まれる。

したがって、外来抗原は細胞外空間や血液・リンパ液などの体液中に発生するが、細胞内には発生しない。

マクロファージ、樹状細胞、B細胞などの抗原提示細胞(APC)は、エンドサイトーシスにより外来抗原を容易に取り込み、リソソームで消化酵素の力を借りて短い断片に分解する。

処理された抗原は、MHCクラスII分子とともに抗原提示細胞の細胞膜上に存在する。

What is the Difference Between Exogenous and Endogenous Antigens 図1:外来性抗原 – 免疫反応

CD4+ヘルパーT細胞はこれらの抗原を認識し、様々なサイトカインを分泌して、抗体を産生するB細胞、細胞の溶解とアポトーシスを誘導する細胞障害性T細胞、アポトーシスによって抗原を破壊するマクロファージなど、免疫系の様々な種類の細胞を活性化する。

細胞内ウイルスのような一部の抗原は、外来性抗原として始まり、後に細胞に感染することによって内来性抗原となる。

感染した細胞からウイルス粒子が外部に放出されることで、外来性抗原に戻る。

内因性抗原とは何か

内因性抗原とは、細胞の代謝の結果として産生される抗原のことである

自己抗原と非自己抗原があります。

ここで、通常の細胞代謝の副産物は自己抗原であり、感染細胞が産生する病原体関連抗原は非自己抗原です。

免疫システムは、非自己抗原に対してのみ免疫反応を起こすと考えられている。

病原体が細胞に感染すると、その代謝の結果、細胞内で生成された分子も、細胞の自己抗原とともに感染細胞の細胞膜に存在する。

病原体関連抗原は、その細胞を感染細胞としてタグ付けする。

ここでは、自己抗原と非自己抗原の両方がMHCクラスI分子とともに存在する。

そこで、細胞傷害性T細胞は、細胞表面の非自己抗原を認識して様々な毒素を分泌し、細胞溶解またはアポトーシスによって感染細胞の細胞死を誘導する。

外因性抗原と内因性抗原の類似性

  • 体内の抗原には、外因性抗原と内因性抗原の2種類があります。
  • どちらも由来が異なる。
  • また、主にタンパク質、ペプチド、多糖類です。
  • さらに、どちらも抗体によって認識され、免疫反応を引き起こすことができます。

外因性抗原と内因性抗原の違いについて

定義

外来性抗原とは、外部から生体内に侵入した抗原を指し、内因性抗原とは、正常な細胞代謝の一部として、あるいは細菌やウイルスに感染した際に、細胞内から産生される抗原を指す。

したがって、これが外来性抗原と内因性抗原の大きな違いです。

原点

外来性抗原は摂取、吸入、注射によって体内に入り、内因性抗原は細胞代謝の副産物です。

例えば、外因性抗原とは、細菌、ウイルスなどの病原体や花粉、毒性食品などのアレルゲンであり、内因性抗原とは、通常の細胞の代謝による副産物や感染した細胞内の病原体の分子成分などです。

自己か非自己か

外因性抗原と内因性抗原のもう一つの違いは、外因性抗原が非自己抗原であるのに対し、内因性抗原は自己でも非自己でもあり得るということである

発生状況

また、内因性抗原が細胞膜上に提示されるのに対して、外因性抗原は体液や細胞外腔に発生する。

したがって、この点も外因性抗原と内因性抗原の大きな違いです。

免疫系の活性化

また、それぞれの場合における免疫系の活性化は、外因性抗原と内因性抗原のもう一つの違いに寄与している。

すなわち、抗原提示細胞は外来性抗原を取り込み、断片に加工してCD4+ヘルパーT細胞に提示し、細胞は内来性、非自己抗原をCD8+細胞傷害性T細胞に提示するのです。

MHC複合体

さらに、外来性抗原はMHCクラスII分子とともに提示され、内在性抗原はMHCクラスI分子とともに提示される。

したがって、これも外来性抗原と内因性抗原の違いです。

免疫系の反応

外来性抗原と内因性抗原の違いは、それぞれの抗原に対して免疫系がどのように反応するかということである

Tヘルパー細胞は外来性抗原を認識するとサイトカインを分泌してB細胞、細胞傷害性T細胞、マクロファージを活性化し、細胞傷害性T細胞は毒素を分泌して感染細胞のアポトーシスや溶解を誘導する。

結論

外来性抗原とは、摂取、吸入、注射などの結果、外部から体内に入る非自己抗原のことである

一方、内因性抗原は、通常の細胞代謝の副産物です。

外因性、内因性ともに非自己抗原は、細胞の免疫系に認識され、免疫反応を起こします。

このように、外因性抗原と内因性抗原の主な違いは、免疫系が生み出す起源、抗原提示のタイプ、応答のタイプにある。

タイトルとURLをコピーしました