頭蓋内髄膜と脊髄内髄膜の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


頭蓋膜と脊髄膜の主な違いは、頭蓋膜は脳の保護膜で、硬膜ヒダと呼ばれる脳の各部分の間の硬膜のチャンネルからなるのに対し、脊髄膜は硬膜が硬膜シースとして機能する脊髄の保護膜であることである

 さらに、頭蓋髄膜は硬膜の中に2層あるのに対して、脊髄髄膜は硬膜の中に1層ある。

さらに、頭蓋髄膜は硬膜外腔を作らず、脊髄髄膜は脂肪で満たされた硬膜外腔を作ることもあります。

髄膜には頭蓋髄膜と脊髄髄膜があり、これらは中枢神経系の保護膜です。

一般に、外側から内側に向かって硬膜、くも膜、梨状膜の3つの結合組織層で構成されている。

主な対象分野

  1. 髄膜とは
         – 定義、解剖学、機能
  2. 頭蓋髄膜とは
         – 意義
  3. 脊髄髄膜とは
         – 意義
  4. 頭蓋髄膜と脊髄髄膜の類似点とは?
         – 共通点の概要
  5. 頭蓋髄膜と脊髄髄膜の違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

くも膜、頭蓋髄膜、硬膜、梨状膜、脊椎髄膜

スポンサーリンク

髄膜とは

髄膜は、脳と脊髄を保護する外側の覆いです。

一般に、硬膜、クモ膜、梨状膜の3つの結合組織層からなる。

また、3層の間には硬膜外腔、硬膜下腔、クモ膜下腔という3つの空間が存在する。

デュラ・マター

基本的に硬膜は外側の層で、厚く、緻密で繊維状です。

また、かなり非弾性的です。

また、硬膜の上面と保護骨層との間に硬膜外腔が存在する。

一方、硬膜下腔は硬膜とクモ膜の間に生じる。

クモ膜

クモ膜は、脳脊髄液(CSF)の代謝に関与する無血管組織の繊細な網目状の中間層です。

また、3つの層から構成されている。

表層の中皮層、多くの接合タンパク質によって結合された細胞を含む中心層、そして、多くの膠原線維と緩く詰まった細胞を含む深層です。

また、クモ膜絨毛の集まりが硬膜に突出し、連絡網の役割を果たしている。

さらに、クモ膜と梨状体の間にはクモ膜下腔が発生します。

この空間はCSFで満たされている。

髄液の主な役割は、脳を外傷から守り、酸素と栄養を供給し、老廃物を排出することです。

そのため、脳の主要な動脈はクモ膜下腔を通るようになっています。

ピアメター

最内層にあり、脳に密着している。

脳と脊髄に酸素と栄養を供給するのに役立っている。

クモ膜とは異なり、脳溝や脳回に沿った形をしています。

さらに、膠原線維を含む外層(epipial layer)と弾性線維と網状線維を含む内層(intima pia)の2層から構成されており、膠原線維を含む内層(intima pia)は、膠原線維を含む外層(epipial layer)と内層(intima pia)の2層から構成されています。

頭蓋髄膜とは何か

頭蓋髄膜は、脳を保護する外側の覆いです。

硬膜の上面は、頭蓋骨の骨膜にしっかりと付着しているため、硬膜外腔が存在する可能性がある

 しかし、硬膜外腔は病的に発生することがあります。

さらに、硬膜には、頚骨に最も近い骨膜層と、内側に向かって発生する髄膜層の2層があります。

しかし、この2つの層は静脈洞や硬膜の反射やひだ以外では、ほとんどが融合している。

さらに、静脈洞は、脳から酸素不足の血液を回収するために枝分かれしたネットワークを形成しているチャネルコンプレックスです。

一方、硬膜反射は、髄膜層が頭蓋腔に下降する場所であり、対面する2つの髄膜層で隔壁を形成している。

また、小脳鎌と小脳内膜は、2つの主要な硬膜反射です。

さらに、髄膜層とクモ膜の間には硬膜下腔が存在する。

これは潜在的な空間でもあり、病的な状態でのみ存在する。

一方、頭蓋髄膜のクモ膜は皮質溝の輪郭に沿うのではなく、皮質溝を橋渡ししている。

クモ膜海綿体はクモ膜下腔に突出している。

脊髄性髄膜炎とは

脊髄髄膜は、脊髄を保護する外側の覆いです。

一般に、大後頭孔から末端膜まで伸びている。

また、椎間孔の壁とは別に存在する。

ここで、形成される空間は硬膜外腔であり、緩い結合組織と内脊椎静脈叢で満たされている。

さらに、脊髄神経は椎弓管から起始し、硬膜を突き破っている。

したがって、硬膜は脊髄神経の根元を取り囲んでいる。

硬膜外腔と同じように、脊髄髄膜にも硬膜下腔があります。

Main Difference - Cranial vs Spinal Meninges 図2:脊髄髄膜

さらに、脊髄はL1、L2レベルで終末を迎え、終末円錐体と呼ばれる先細りの端部を形成しています。

しかし、クモ膜下腔は末端膜まで広がり、腰髄腔を形成している。

また、梨状体は末端膜と融合している。

梨状体は厚くなることで神経根の間に歯状靭帯を形成する。

頭蓋内髄膜と脊髄内髄膜の類似性

  • 頭蓋髄膜と脊髄髄膜は、中枢神経系を保護する外被として機能する2種類の髄膜です。
  • 骨のすぐ下に存在する。
  • 硬膜、クモ膜、梨状膜の3つの結合組織層があります。また、レプトメニングはクモ膜と梨状体を総称して指す。
  • どちらもクモ膜下腔という脳脊髄液で満たされた空間があり、脳への直接のダメージを防ぐクッションの役割を担っています。
  • 主な働きは、脳血管や頭蓋血管を支える骨格となることです。
  • また、脳脊髄液とともに中枢神経系を機械的な損傷から保護する働きもあります。

頭蓋内髄膜と脊髄内髄膜の違い

定義

頭蓋髄膜は、脳の保護膜として機能する髄膜の一部を指し、脊髄髄膜は、脊髄の保護膜として機能する髄膜の一部を指す。

発生状況

頭蓋髄膜が主に頭蓋骨を包んでいるのに対し、脊髄髄膜は頭蓋骨から仙骨のS2レベルまで延長したものです。

硬膜外スペース

また、頭蓋髄膜は硬膜外腔を作らず、脊髄髄膜は脂肪で満たされた硬膜外腔を作ることもあります。

デュラルメーター

頭蓋髄膜は硬膜の中に2層あり、脊髄髄膜は硬膜の中に1層ある。

硬膜の折り目

さらに、頭蓋髄膜は脳の各部分の間にある硬膜にひだを作り、脊髄髄膜の硬膜は硬膜鞘を形成する。

硬膜下空間

頭蓋髄膜は硬膜下腔を持たないが、脊髄髄膜は硬膜下腔を持つ。

クモ膜海綿体

また、頭蓋髄膜にはクモ膜下腔にクモ膜海綿体があり、脊髄髄膜には後正中隔にクモ膜海綿体が凝縮して存在する。

結論

頭蓋髄膜は、頭蓋骨のすぐ下に発生する、脳の保護膜です。

頭蓋髄膜の硬膜は、穀物の様々な部分の間のひだを含んでいることが重要です。

その硬膜は、骨膜層と髄膜層の2層を含んでいる。

その上、頭蓋髄膜ではクモ膜下腔にクモ膜海綿体が発生する。

一方、脊髄髄膜は、脊髄の保護膜です。

しかし、脂肪で満たされた硬膜外腔を含んでいる。

脊髄髄膜には硬膜1層が存在する。

一方、クモ膜海綿体は後正中隔に凝縮されている。

したがって、頭蓋髄膜と脊髄髄膜の主な違いは、その解剖学的構造です。

タイトルとURLをコピーしました