ランタイムエラーとロジカルエラーの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


実行時エラーと論理エラーの主な違いは、実行時エラーがプログラムの不正な操作によって発生するエラーであるのに対し、論理エラーはプログラムのアルゴリズムの不具合によって発生するエラーであることです。

ランタイムエラーとロジカルエラーはエラーの2種類です。

エラーとは、プログラムの予期せぬ結果を意味します

エラーは、プログラムの適切な実行に影響を与える可能性があります

したがって、エラーを修正することが重要です。

これら2つのエラータイプとは別に、シンタックスエラーと呼ばれるエラータイプもあり、これはプログラムの構文の間違いによって発生します。

スポンサーリンク

ランタイムエラーとは

ランタイムエラーとは、実行時に発生するエラーのことです。

つまり、プログラムを実行する時点でコンピュータがこれらのエラーを検出します。

それによって、プログラムが停止したり、クラッシュしたりします。

画面に診断メッセージが表示されます。

What is the Difference Between Runtime Error and Logical Error

さらに、プログラム中の不正な操作によって実行時エラーが発生します。

例えば、数値を0で割ると実行時エラーになります。

また、使用できないメモリ位置へのアクセスも実行時エラーとなります。

ロジカルエラーとは

アルゴリズムとは、プログラムを書くときに従うべき一連の手順のことです。

論理エラーは、アルゴリズムに問題があるために発生します。

これらのエラーは、プログラムの実行を終了させることはありません。

その代わり、間違った出力をします。

プログラマーは、論理エラーを特定するために、すべての文を読んでチェックしなければなりません。

したがって、これは困難な作業です。

例えば、和算(+)の代わりに減算(-)を使った場合、間違った出力が得られます。

このようなエラーが論理エラーです。

ランタイムエラーとロジカルエラーの違い

定義

実行時エラーとは、コンピュータプログラムの実行中に発生するエラーのことで、論理エラーとは、プログラムが異常終了しないが、動作がおかしくなるようなエラーのことである

これがランタイムエラーとロジカルエラーの主な違いです。

原因

上記をさらに説明すると、実行時エラーはプログラムの不正操作によるもので、論理エラーはアルゴリズムに問題があるために発生するものです。

検出

さらに、実行時エラーと論理エラーのもう一つの違いは、コンピュータはプログラムを実行する時点で実行時エラーを検出することです。

一方、論理エラーは、プログラマーがプログラム中の全てのステートメントをチェックして判断します。

出力

実行時エラーと論理エラーの違いは、実行時エラーはプログラムの実行を停止させたり、クラッシュさせたりすることです。

しかし、論理エラーはプログラムの実行を停止させませんが、間違った出力をします。

ランタイムエラーは、数値をゼロで割ってしまったり、使用できないメモリにアクセスしてしまったりすることで発生することがあります。

一方、論理エラーは、演算子の使い方が間違っていたり、命令の並びが不適切だったりすることで発生します。

この点もランタイムエラーと論理エラーの違いです。

結論

実行時エラーと論理エラーの主な違いは、実行時エラーがプログラムの不正な操作によって発生するエラーであるのに対し、論理エラーはプログラムのアルゴリズムに誤りがあることによって発生するエラーであることです。

タイトルとURLをコピーしました