カウチとソファーの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


カウチとソファーの主な違いは、カウチには通常アームがなく、2本のアームがあるソファーより小さいことです。

カウチとソファは、2人または3人用の長くて快適な、布張りの座席です。

一般的には、この2つの言葉は同じように使われます。

しかし、カウチとソファはデザインに若干の違いがあります。

ソファには2本のアームがありますが、カウチには通常2本のアームはなく、ソファよりも小さいサイズです。

スポンサーリンク

カウチとは

カウチとは、2~3人用の長くて座り心地の良い座椅子のことです。

通常、布張りで、スプリングやテーラードクッションなどが取り付けられていることが多い。

カウチの語源はフランス語の動詞「coucher」で、「横になる」という意味です。

元々はシェーズラウンジのように横になったり寝たりするための家具を指した。

Main Difference - Couch vs Sofa

一般的にソファとカウチは同じ意味で使われますが、カウチはソファより小さく、アームがない(または片方のアームのみ)のが一般的です。

また、カウチはソファよりもカジュアル、インフォーマルと言われています。

しかし、私たちは、数人が座れるような大きなふわふわした座席を指してこの言葉を使うことが多いようです。

さらに、カウチという言葉は、北アメリカ、オーストラリア、南アフリカ、アイルランドで主に使われています。

ソファとは

ソファとは、背もたれとアームが付いた布張りの長いベンチで、2人以上座ることができます。

この定義には、ラブシートからセクションまで、さまざまな快適なシーティングオプションが含まれます。

以下にそのいくつかを紹介します。

ラブシート ソファ – 2人掛けとして知られている、これらは2つのクッションシートを持っており、2人を座らせるために設計されています。

これはソファの最も一般的なタイプです。

セクショナルソファ – これは、複数のセクション(通常2、3または4)を持っており、斜めに結合する少なくとも2つの部分を含む.

スリーパーソファ – 日中は、ソファとして機能します。

夜間はクッションを取り外してベッドとして使用できる。

さらに、従来のソファは一般的に3人以上座ることができます。

リビングルームにソファを置く家も多いですね。

革やマイクロファイバーなど、色や素材も豊富です。

さらに、ソファーの語源はアラビア語の「suffah」で、基本的には毛布やクッションのある木製のベンチのことです。

カウチとソファーの類似性

  • どちらも2人以上が座れる、布張りの長い椅子です。
  • この2つの言葉は、家具業界の人間でさえ、しばしば同じ意味で使われています。

カウチとソファーの違い

定義

カウチとは、2~3人がゆったりと座れる長いもので、ソファとは、背もたれとアームが付いた布張りのベンチで、2人以上が座れるものです。

特徴

カウチがアームがなく、ソファより小さいのに対し、ソファは背もたれが長く、布張りで、アームが2本あります。

語源

カウチの語源はフランス語の「coucher」(横になる)で、ソファーの語源はアラビア語の「suffah」(毛布やクッションで覆われた木のベンチ)です。

使用方法

カウチという言葉は、北米、オーストラリア、南アフリカ、アイルランドで主に使われており、ソファという言葉はイギリスで主に使われています。

結論

カウチとソファは、2~3人用の長くて座り心地の良い布張りの座席です。

カウチとソファーの主な違いは、カウチには通常アームがなく、2本のアームがあるソファーより小さいことです。

一般的な文脈では、この2つの単語は互換性を持って使用されます。

タイトルとURLをコピーしました