ダーウィニズムとネオ・ダーウィニズムの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダーウィニズムとネオ・ダーウィニズムの大きな違いは、ダーウィニズムは遺伝する有利な表現型の変異が種分化の原動力であるとするのに対し、ネオ・ダーウィニズムは遺伝する遺伝子の変異のみが種分化の原動力であるとする点です。

ダーウィニズムとネオ・ダーウィニズムは、新種の起源、つまり進化を説明する2つの概念です。

ダーウィニズムはダーウィンとウォーレスが提唱した原論であり、ネオ・ダーウィニズムは原論を修正したものです。

スポンサーリンク

ダーウィニズムとは

ダーウィニズムとは、イギリスの博物学者チャールズ・ダーウィン(1809-1882)らによって提唱された生物進化論です。

すべての種は、有利な表現型の変異が自然淘汰され、それが遺伝することによって発展するとする。

その結果、個体の競争力、生存力、繁殖力が高まるというものです。

Darwinism vs Neo Darwinism:図1 人類進化論

さらに、ダーウィニズムの基本的な考え方は、以下の4つです。

  • 生物は、生存できる個体のレベルを超えて、より多くの個体を生産する。
  • これらの個体には表現型の変異があり、それは遺伝する。
  • これらの異なる表現型のうち、いくつかは他のものよりも環境に適している。
  • 最も適した表現型は、時間の経過とともに個体内に自然淘汰として蓄積され、新しい種の起源につながる。

ネオ・ダーウィニズムとは

ネオ・ダーウィニズムとは、ダーウィンの進化論をメンデルの遺伝学と現代の自然淘汰の合成と結びつけて修正解釈したものです。

そのため、種分化の主要な原動力は、遺伝子プール内の遺伝子型の変異の蓄積であると説明される。

また、ネオ・ダーウィニズムを現代自然淘汰説と呼ぶ人もいる。

新ダーウィニズムの支持者には、ロマンス、ハクスリー、フィッシャー、フォールド、ハルデンなどがいる。

図2:ネオ・ダーウィニズム

また、突然変異は遺伝子プール内の遺伝子型の変異の原因です。

突然変異には、ゲノムの数塩基を変化させるだけのものもあれば、組換えのように大きな変化を引き起こすものもあります。

しかし、どちらの突然変異も、環境に適した新しい遺伝子型を生み出す幸運な偶然となり得る。

さらに、ネオ・ダーウィニズムにおける種分化では、生殖的隔離が重要な役割を果たす。

これは、遺伝子プール内の適性遺伝子を差動的に増幅することを可能にする

したがって、適性遺伝子の自然淘汰が新しい種の起源につながると考えられている。

ダーウィニズムとネオ・ダーウィニズムの共通点

  • ダーウィニズムとネオ・ダーウィニズムは、種分化の原動力を記述する二つの概念です。
  • どちらも生物の進化を記述しようとするものです。
  • さらに、種分化の強制力として、異なるタイプの変異が記述されている。
  • それぞれの概念における変化は遺伝するものです。
  • また、両者とも自然淘汰を異なる基盤で記述している。

ダーウィニズムとネオ・ダーウィニズムの相違点

定義

ダーウィニズムとは、チャールズ・ダーウィンが提唱した自然選択による種の進化論を指し、ネオ・ダーウィニズムとは、ダーウィンの自然選択による進化論に遺伝学の知見を取り入れた現代版ダーウィニズムを指す。

したがって、これがダーウィニズムとネオ・ダーウィニズムの主な違いです。

意義

ダーウィニズムが原論であるのに対し、ネオ・ダーウィニズムはメンデルの遺伝学と現代の自然淘汰の合成をもとに修正されたものです。

種分化の原動力

ダーウィニズムでは表現型の変異の蓄積が主要な駆動力であり、ネオ・ダーウィニズムでは遺伝的変異の蓄積が主要な駆動力であるとされる。

変動事由の概要

ダーウィニズムとネオ・ダーウィニズムのもう一つの違いは、変異の背後にある原因です。

ダーウィニズムは変異の原因を記述しないのに対し、ネオ・ダーウィニズムは変異の原因を突然変異、遺伝子の組み換え、自然選択、生殖隔離と記述している。

バリエーション

ダーウィニズムでは、変異は個体で起こるが、ネオ・ダーウィニズムでは、変異は遺伝子プールで起こる。

したがって、この点もダーウィニズムとネオ・ダーウィニズムの重要な違いです。

自然淘汰の種類

ダーウィニズムでは、自然淘汰は適者生存のことであり、時間の経過の中で不適当な生物を除去することであるのに対し、ネオ・ダーウィニズムでは、自然淘汰は適者遺伝子と遺伝子型の差異増幅のことである

生殖隔離の効果

また、ダーウィニズムとネオ・ダーウィニズムのもう一つの違いは、ダーウィニズムは進化の主要な要素として孤立を考えていないのに対し、ネオ・ダーウィニズムは進化の主要な要素として孤立を考えていることである

結論

ダーウィニズムとは、ダーウィンが提唱した、新しい種分化の起源を説明する独自の概念です。

ダーウィンによれば、個体内の適者生存の表現型変異の集積が種分化の主要な原動力です。

したがって、自然淘汰とは環境における適者生存のことである

一方、ネオ・ダーウィニズムは、ダーウィニズムを修正した理論で、種の起源を遺伝的基盤にしたがって記述したものです。

したがって、遺伝子の変異がネオ・ダーウィニズムの大きな原動力となる。

自然淘汰は、遺伝子プールの中で最も適した遺伝子を差動的に選択することに基づいている。

したがって、ダーウィニズムとネオ・ダーウィニズムの大きな違いは、変異の種類と自然淘汰の種類にある。

タイトルとURLをコピーしました