篩管とコンパニオンセルの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


篩管と伴細胞の主な違いは、篩管は被子植物の葉茎に存在する細長く尖った管であるのに対し、伴細胞は篩管に付着して篩管の活動を調節していることである

さらに、篩管には核やリボソームがないのに対し、伴細胞には核やリボソームがあります。

篩管と伴細胞は、被子植物の葉茎に存在する2種類の密接な関連性を持った細胞です。

篩管と伴細胞は、被子植物の篩部に存在する2種類の密接に関連した細胞で、主な働きは植物全体に食物を運ぶことである

スポンサーリンク

ふるい振とう機とは

篩管は被子植物の葉茎にのみ存在する最も高度なタイプの篩細胞です。

篩管エレメントを縦に並べて筒状にしたものです。

また、篩管要素の端壁は水平で幅広くなっている。

その中には、孔の大きさを時間的に制御することができる篩板が含まれている。

また、ふるい板は表面積が大きいので、より多くの材料を輸送することができる。

What is the Difference Between Sieve Tubes and Companion Cells: 図1: 草本双子葉植物の茎の篩管

さらに、篩管要素の横壁には広い孔があり、隣接する細胞との細胞質結合を可能にし、光合成物質や組織機能に必要な有機分子を移動させることができる

コンパニオンセルとは

コンパニオンセルとは、篩管要素に付随する細胞です。

篩管とは異なり、核を持ち、リボソームやミトコンドリアが多く存在する。

そのため、この細胞は篩い分けの機能を制御する役割を担っている。

一般にコンパニオン細胞は、プラスモデズマータを介して篩管に接続されている。

Sieve Tubes vs Companion Cells:図2 コンパニオンセルの機能

さらにコンパニオン細胞は、植物体全体に糖質を輸送するために必要なATPやシグナル伝達を行う

また、コンパニオン細胞は、糖鎖が篩管を通過する際の双方向の流れを助ける。

さらにコンパニオン細胞は、糖鎖の篩管への輸送を制御している。

ふるい管とコンパニオンセルの類似性

  • ふるい管と伴細胞は、被子植物の葉茎に存在する2種類の細胞です。
  • 篩管と伴細胞は被子植物の篩部に存在する2種類の細胞で、主な働きは植物全体に食物を運ぶことです。
  • また、両者は分裂組織から発生し、エピジェネティックな因子によって分化が促進される。
  • ふるい要素-伴侶細胞複合体を形成している。
  • また、どちらも細長い形状の生きた細胞です。
  • さらに、両者はプラスモデズマータでつながっている。
  • また、両者ともミトコンドリア、小胞体、セルロースからなる細胞壁が存在する。

ふるい落とされた管とコンパニオンセルの違い

定義

篩管とは、篩い分けされた篩い束が連なって管状になったものをいい、伴細胞とは、顕花植物の葉茎にあり、篩い束と発生・機能上密接に関連する特殊な柔細胞です。

したがって、これが篩管とコンパニオンセルの大きな違いです。

サイズ

ふるい管と伴細胞のもう一つの違いは、その大きさです。

ふるい管は大きな細胞であり、伴細胞は小さな細胞です。

シーブプレート

さらに、篩管には篩板があるが、伴細胞には篩板がない。

横壁の孔

篩管の横壁には孔があるが、伴細胞の横壁には孔はない。

したがって、この点も篩管と伴細胞の違いの一つです。

核とリボソーム

伴侶細胞には核と多数のリボソームが存在するが、篩管には存在しない。

量 ミトコンドリア

また、篩管はミトコンドリアが少なく、伴細胞はミトコンドリアが多い。

代謝活性

代謝活性も篩管とコンパニオンセルの違いです。

前者は低い代謝活性を示し、後者は高い代謝活性を示す。

機能

篩管は植物体内の食物の輸送を担い、コンパニオン細胞は篩要素の活性を調節する役割を担っています。

結論

篩管は被子植物の葉茎の構成要素であり、植物全体に食物を輸送する役割を担っている。

篩管の構成要素が連なって篩管を形成している。

篩管は横壁に孔を持ち、篩管の両端には篩板があります。

一方、コンパニオン細胞は、それぞれの篩管要素に付随している。

核を持ち、リボソームやミトコンドリアが多く存在する。

主な働きは、篩管の機能を調節することである

したがって、篩管と伴細胞の主な違いは、その構造と機能です。

タイトルとURLをコピーしました