マシンコードとバイトコードの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


マシンコードとバイトコードの主な違いは、マシンコードがCPUで直接実行できる機械語またはバイナリによる命令群であるのに対し、バイトコードはソースコードをコンパイルして生成された仮想マシンで実行可能な中間コードであることです

コンピュータプログラムは、特定のタスクを実行する命令の集合体です。

コンパイラやインタプリタなどの専用ソフトが、プログラムを機械が読める機械語に変換する。

一方、バイトコードはネイティブな機械語コードではなく、ポータブルなコードです。

また、仮想マシンのようなソフトウェアで直接実行することができる。

スポンサーリンク

マシンコードとは

マシンコードとは、機械語で書かれた命令の集合のことです。

CPUはこれを直接実行することができる。

プログラマーは、C、C++、Javaなどの高級プログラミング言語を使ってコンピュータープログラムを書くことができます。

これらの言語は構文が英語に似ており、プログラマーが読んで理解するのが容易です。

しかし、これらのプログラムはコンピュータが理解できるものではありません。

そこで、プログラムやソースコードを機械が理解できる機械語に変換する。

この変換を行うのが、コンパイラやインタプリタです。

図1: 機械語コード

コンパイラは、ソースコード全体を一度に相当する機械語に変換する。

インタープリタは、ソースコードを1行ずつ等価な機械語に変換する。

したがって、コンパイラベースの言語はインタープリタベースの言語より高速です。

最後に、CPUが直接マシンコードを実行することで、プログラムで定義されたタスクを実行することができる。

バイトコードとは

バイトコードは、ソースコードをコンパイルした後に作成されます。

中間コードです。

バイトコードは、仮想マシンによって実行可能である

また、仮想マシンはバイトコードをマシンコードに変換する。

図2:Javaバイトコード

Javaプログラムは主にバイトコードを使用します。

Javaソースコードをコンパイルする際、Javaコンパイラはそのソースコードをバイトコードに変換する。

さらに、このバイトコードはJava仮想マシン(JVM)によって実行可能である

JVMは、バイトコードを機械語に変換する。

JVMを搭載したコンピュータであれば、そのバイトコードを実行することができます。

言い換えれば、JVMで構成されるプラットフォームであれば、Javaバイトコードを実行することができます。

マシンコードとバイトコードの関係

  • 仮想マシンはバイトコードをマシンコードに変換します。

マシンコードとバイトコードの違い

定義

機械語とは、コンピュータが直接応答できるバイナリ命令で構成されたコンピュータのプログラミング言語です。

これに対し、バイトコードは、仮想マシンなどのソフトウェアで効率的に実行できるように設計された命令セットです。

したがって、マシンコードとバイトコードの根本的な違いを説明する。

基本情報

さらに、マシンコードとバイトコードの大きな違いは、マシンコードはプロセッサまたはCPUが直接実行できることです。

一方、ソースコードをコンパイルするとバイトコードが生成されます。

仮想マシンはそれを実行することができます。

タイプ

マシンコードとバイトコードのもう一つの違いは、マシンコードが低レベルのコードであるのに対し、バイトコードは中間コードであることです。

結論

簡単に説明すると、プロセッサやCPUは機械語を直接実行することができます。

しかし、バイトコードはソースコードをコンパイルして作成され、仮想マシンがそれを実行することができます。

これがマシンコードとバイトコードの大きな違いです。

タイトルとURLをコピーしました