骨髄系細胞とリンパ系細胞の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


骨髄系細胞とリンパ系細胞の主な違いは、骨髄系細胞が赤血球、顆粒球、単球、血小板を生じさせるのに対し、リンパ系細胞はリンパ球とナチュラルキラー細胞を生じさせることである

つまり、骨髄系細胞とリンパ系細胞は、血液中の細胞を生み出す多能性造血前駆細胞の2種類です。

 さらに、骨髄系細胞は骨髄に由来する細胞を指し、リンパ系細胞はリンパ系に関連する細胞を指す。

スポンサーリンク

ミエロイド細胞とは

骨髄系細胞は、骨髄に存在する多能性造血前駆細胞の一種である

赤血球、好中球、好酸球、好塩基球などの顆粒球、単球、血小板など、さまざまな種類の血球を生み出す。

  • 赤血球:全身への酸素運搬を担う最も一般的な血液細胞。
  • 好中球:顆粒球の中で最も一般的なもので、食細胞として機能する。
  • 好酸球:顆粒球の一種で、多細胞の寄生虫と戦う。
  • 好塩基球-最も一般的な顆粒球で、炎症反応の発生を担当します。
  • 単球-マクロファージや樹状細胞を生み出す。
  • 血小板-血液凝固に関与する。

図1:造血系

さらに、骨髄系細胞には、急性骨髄性白血病(AML)と慢性骨髄性白血病(CML)という2種類の悪性腫瘍が発生することがよく知られています。

AMLもCMLも骨髄系細胞のがんであり、骨髄で異常な細胞が急速に増殖するのが特徴です。

リンパ球とは

リンパ球は、骨髄に存在する多能性造血前駆細胞の一種である

また、Tリンパ球、Bリンパ球、ナチュラルキラー細胞を生み出す。

  • Tリンパ球は、細胞媒介性免疫において重要な役割を担っています。また、血液中のTリンパ球は、ヘルパーT細胞、細胞傷害性T細胞、制御性T細胞の3種類に大別される。
  • Bリンパ球 – 抗体を産生することにより体液性免疫に重要な役割を果たす。
  • ナチュラルキラー細胞-自然免疫系に関与し、ウイルスに感染した細胞に対して迅速な反応を示す。

Main Difference - Myeloid vs Lymphoid Cells 図2: 形成された血液細胞

また、リンパ系細胞の悪性腫瘍には、主に急性リンパ芽球性白血病(ALL)と慢性リンパ性白血病(CLL)の2種類があります。

 実は、どちらも未熟なリンパ芽球が大量に作られることを特徴とするがん状態なのです。

骨髄系細胞とリンパ系細胞の類似性

  • そもそも骨髄系とリンパ系は、多能性造血前駆細胞の一種です。
  • どちらも骨髄に存在します。
  • また、どちらも造血幹細胞から分化します。
  • また、造血幹細胞から分化し、機能的に関連した数種類の細胞に分化することが可能であり、造血として知られている。
  • さらに、両者は血液中の細胞を生み出す。
  • また、樹状細胞も生み出します。

骨髄系細胞とリンパ系細胞の違い

定義

骨髄系細胞とは、主に血液中の顆粒球や赤血球の前駆体となる骨髄の大きな細胞を指し、リンパ系細胞とは、細胞や抗体を介した免疫の産生を担う細胞で、リンパ球、リンパ芽球、形質細胞などのいずれかを指します。

したがって、これが骨髄系細胞とリンパ系細胞の大きな違いです。

血球の種類

骨髄系細胞は赤血球、好中球、好塩基球、好酸球、単球、血小板などを生じ、リンパ系細胞はTリンパ球、Bリンパ球、ナチュラルキラー細胞などを生じさせる。

これが骨髄系細胞とリンパ系細胞の大きな違いです。

関連項目

骨髄系細胞とリンパ系細胞のもう一つの違いは、骨髄系細胞は骨髄細胞に関係し、リンパ系細胞はリンパ系に関係することである

悪性腫瘍

骨髄系細胞の悪性腫瘍にはAMLとCMLが、リンパ系細胞の悪性腫瘍にはALLとCLLがあります。

結論


要約すると,骨髄系細胞は骨髄の多能性幹細胞の一種であり,赤血球の顆粒球,単球,血小板を生みだす

一方、リンパ球は骨髄の多能性幹細胞の一種で、Tリンパ球、Bリンパ球、ナチュラルキラー細胞などを産生する

したがって、骨髄系細胞とリンパ系細胞の主な違いは、どのような血液細胞を生み出すかです。

画像提供

  1. “Hematopoiesis simple” By Mikael Häggström, from original by A. Rad – Image:Hematopoiesis (human) diagram.png by A. Rad (CC BY-SA 3.0) via Commons Wikimedia  
  2. “Blausen 0425 Formed Elements” By BruceBlaus. Blausen.com スタッフ (2014). “ブラウゼン・メディカル2014のメディカルギャラリー”. WikiJournal of Medicine 1 (2). DOI:10.15347/wjm/2014.010. issn 2002-4436. – コモンズ・ウィキメディア経由の自作(CC BY 3.0)
タイトルとURLをコピーしました