バッディングとフラグメンテーションの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


出芽と断片化の主な違いは、出芽は成長したものが新しい個体になることであり、断片化は親生物から断片が切り離されて新しい個体として成長することである

さらに、出芽は酵母、アメーバ、イソギンチャクなどで起こり、断片化はプラナリア、真菌、クラゲ、地衣類、ヒトデなどで起こる。

出芽と分断は、下等生物で起こる無性生殖法の2種類です。

さらに、娘生物は親生物と遺伝的に同一です。

主な対象分野

  1. バッディングとは
         – 定義、プロセス、意義
  2. フラグメンテーションとは
         – 定義、プロセス、意義
  3. バッディングとフラグメンテーションの共通点
         – 共通点の概要
  4. バッディングとフラグメンテーションの違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

無性生殖、発芽、分断、多細胞、単細胞

スポンサーリンク

バディングとは

出芽とは、無性生殖の方法の一つで、親生物の上に娘生物が突出した状態で発生することである

一般に、酵母などの単細胞生物で起こる。

また、ヒドラやサンゴのような多細胞生物でも出芽が起こる。

ヒドラでは、芽は新しい生物に成長し、親生物から切り離される。

しかし、サンゴでは、芽は親から離れず、一緒にコロニーを形成する。

What is the Difference Between Budding and Fragmentation:図1 芽生え

フラグメンテーションとは

断片化とは、無性生殖の一種で、親生物の体が2つ以上の断片に分解されることである

その後、これらの断片は個々に新しい娘生物に再生する。

したがって、フラグメンテーションは基本的に多細胞生物で起こりうる。

特に、海星では、断片化が起こっている。

図2: ヒトデのフラグメンテーション

さらに、環形動物、渦虫類、有孔虫などでも発生する。

一方、菌類や藻類でも発生する。

出芽と分断の類似性

  • 下等生物の無性生殖法には、出芽と分断の2種類があります。
  • どちらの方法も、親となる生物と遺伝的に同一の娘生物を生み出すことが重要です。
  • 新しい個体は常に親生物の細胞から発生する。

出芽と分断の違い

定義

出芽とは、一カ所の細胞分裂によって生じた芽から新しい生物が発生する無性生殖の一種であり、断片化とは、親生物の体がバラバラになり、それが再生する無性生殖の一種を指す

これが、出芽と分断の大きな違いです。

生物種

発芽は単細胞生物でも多細胞生物でも起こるが、断片化は多細胞生物で起こる。

発生状況

また、出芽は酵母、アメーバ、イソギンチャクなどで、断片化はプラナリア、菌類、クラゲ、地衣類、ヒトデなどで発生する。

娘役生物の数

出芽と断片化のもう一つの違いは、出芽は単一の娘生物を生成するのに対し、断片化は複数の娘生物を生成することである

成長の種類

出芽では娘細胞が細胞増殖を行い成熟した生物となり、分裂では娘細胞が再生される。

結論

基本的に出芽は、酵母、アメーバなどの単細胞生物および多細胞生物における無性生殖の一種である

一般に、親細胞から突出した部分が新しい細胞へと発達する。

ただし、出芽では1回につき1つの娘生物を作ることができる。

一方、断片化も無性生殖の方法の一つで、真菌、藻類、プラナリア、ヒトデなどの多細胞生物で起こる。

ここでは、親生物がいくつかに分裂し、それが複数の娘生物に再生される。

したがって、出芽と分断の主な違いは、娘生物を作り出す方法です。

タイトルとURLをコピーしました