進化と突然変異の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


進化と突然変異の主な違いは、進化が時間をかけて古代の生物から現代の生物を降下させるプロセスであるのに対し、突然変異はゲノムの塩基配列が遺伝的に変化することであるということである

さらに、進化はより環境に適した生物を生み出す役割を担っているのに対し、突然変異は進化の最初のステップです。

進化と突然変異は、特定の生物の遺伝的構成に変化をもたらす2つのプロセスです。

これらのゲノムの変化は遺伝する。

スポンサーリンク

進化とは

進化とは、生物集団の遺伝的特性が連続した世代にわたって変化することである

進化の主な原動力は、突然変異、自然選択、遺伝子流、遺伝的ドリフトです。

さらに、交配や近親交配などの一部の性淘汰法も進化につながる。

さらに、進化は、種分化と呼ばれるプロセスにおいて、共通の祖先から出発した生物の継続的な分岐と多様化を担っている。

このような進化に関する壮大な考え方は、チャールズ・ダーウィンによって初めて本格的に示された。

図1:ヒト科の進化図

さらに、進化は、小さなスケール(ミクロ進化)と大きなスケール(マクロ進化)の両方で行われる。

ミクロ進化の主な駆動力は突然変異、遺伝子フロー、遺伝的ドリフト、自然選択であり、マクロ進化のパターンは、静止、性格変化、種分化、絶滅の4つです。

ここで、ある種が一定期間変化せず、生きた化石として存在することを「静止」という。

一方、類似あるいは相同な構造が出現するのが特性変化です。

種分化では、集団内の個体が地理的あるいは生殖的に隔離されることで、新しい種が出現する。

また、進化の過程でほとんどの種が絶滅する。

ミューテーションとは

突然変異とは、ゲノムのヌクレオチド配列に生じる遺伝性の変化のことである

一般に、突然変異はその発生状況によって2種類に分けられる。

突然変異には、遺伝性のものと後天性のものがあります。

通常、生殖細胞突然変異は遺伝性であり、親から子へと受け継がれる。

一方、体細胞突然変異は、環境要因やDNA複製のエラーによって生じる後天性の突然変異です。

一方、突然変異の中には有益なものもあり、環境に最も適合した新しい表現型を生み出し、進化につながる。

しかし、有害な突然変異もあり、病気の原因となる。

さらに、突然変異はその大きさにも幅があります。

そのため、ゲノムに与える影響によって分類することができます。

小規模変異と呼ばれるものは、ゲノム上の数個のヌクレオチドを変化させるものです。

点突然変異は、ゲノム上の一塩基の変化です。

SNPに似ているが、集団内で発生することは稀である(1%以下)。

また、挿入変異、欠失変異、置換変異は、ゲノムの1塩基以上を変化させることができる。

一方、大規模な変異は、染色体の構造を変化させる。

さらに、転座、逆位、染色体交差などの染色体再配列は、染色体の構造を変化させる。

進化と突然変異の類似性

  • 進化と突然変異は、特定の生物の遺伝的構成に生じる2種類の変化です。
  • これらは、生物に新たな特性を生み出す。
  • また、どちらも生物を環境に最も適合させる役割を担っている。
  • さらに、これらは小規模および大規模なプロセスとして発生する。

進化と突然変異の違い

定義

突然変異とは、DNAの1塩基単位の変化、または遺伝子や染色体の大きな部分の欠失、挿入、再配列によって、遺伝子の構造が変化し、後世に伝えられる可能性のある変異型をもたらすことである

意義

進化と突然変異の主な違いは、進化が時間をかけて以前の生物から現代の生物を降下させるプロセスであるのに対し、突然変異はゲノムの塩基配列における遺伝的変化であることである

結果

また、進化と突然変異のもう一つの違いは、進化が後に起こるのに対して、突然変異は先に起こるということです。

効果

また、進化は環境に最適な新しい生物を生み出す役割を担っているのに対し、突然変異は進化の最初のステップです。

したがって、これも進化と突然変異の違いです。

結論

進化とは、時間をかけて初期の生物から現代の生物を生み出す過程です。

進化の主な重要性は、環境に最も適した生物を生み出すのに役立つことである

一方、突然変異は、ゲノムのヌクレオチド配列における遺伝的変化です。

突然変異は、生物を進化に導く新しい表現型の産出を可能にする

したがって、進化と突然変異の主な違いは、その効果にある。

タイトルとURLをコピーしました