クローニングとサブクローニングの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


クローニングとサブクローニングの主な違いは、クローニングが生物のクローンや細胞やDNA断片のコピーを作ることであるのに対し、サブクローニングは特定のDNA配列を親ベクターから目的ベクターに移動させるために用いられる技術である点です

さらに、クローニングでは一次cDNAや遺伝子を使用するのに対し、サブクローニングではベクターや一次挿入物を変更することでクローンを操作することが含まれます。

クローニングとサブクローニングは、分子生物学において、目的のDNA断片を導入することによって生物のゲノムを操作する2つの技術です。

スポンサーリンク

クローンとは

クローニングとは、分子生物学における技術の一つで、目的のDNA断片を複数の分子にするのに役立つ。

そのため、分子クローニングとも呼ばれる。

遺伝子のようなコード化されたDNAとプロモーターを含む制御DNA配列のような非コード化されたDNAをそれぞれ増幅するのに使用することができる。

また、遺伝子のフィンガープリントからタンパク質の大量生産まで、幅広い応用が可能である

図1: 分子クローニング法

さらに、クローニングのステップは以下の通りです。

  1. 断片化 – 制限消化によりDNAの鎖をばらばらにする。
  2. ライゲーション – DNAを目的の配列でつなぎ合わせる。
  3. トランスフェクション:新しく形成されたDNA断片を細胞に挿入する。
  4. スクリーニング/選択-新しいDNAの導入に成功した細胞を選び出す。

しかし、クローニングとは、親となる生物から遺伝的に同一な個体を大量に作り出すことを指す場合もあります。

これは、生殖という形で環境中に自然に発生することもあります。

一方、組織培養技術のように実験室内で行われることもあります。

サブクローニングとは

サブクローニングとは、分子生物学において、親プラスミドから第二のベクターに挿入DNAを移動させるための技術です。

ここで、第二のベクターは、DNA断片の発現を可能にする発現ベクターとすることができる

さらに、別のプロモーターの下で発現を変化させるために使用することもできる。

また、抗生物質選択のための特異的マーカーや蛍光発現などの特別な性質を有するベクターであってもよい。

Cloning vs Subcloning 図2: サブクローニング

さらに、サブクローニングの手順は以下の通りです。

  1. まず、親ベクターからインサートを制限酵素で遊離・精製する。
  2. 用意した目的ベクターにインサートをライゲーションする。
  3. ライゲーション反応物をコンピテントセルに形質転換する。
  4. 形質転換した細胞で、インサートがあるかどうかスクリーニングする。

クローニングとサブクローニングの類似点

  • クローニングとサブクローニングは、分子生物学においてゲノムを操作するための2つの技術です。
  • クローニングとサブクローニングは、どちらも生物のゲノムに目的のDNA断片を導入するために重要な技術です。
  • また、ゲノムライブラリーを構築する際にも重要です。
  • また、両手法とも制限酵素とPCRに依存する。

クローニングとサブクローニングの違い

定義

クローニングとは、生物のクローン、細胞やDNA断片のコピーを作ることであり、サブクローニングとは、特定のDNA配列を親ベクターから目的ベクターへ移動させるための技術です。

従って、これがクローニングとサブクローニングの主な違いです。

重要性

また、クローニングは目的のDNAを特定の生物のゲノムに導入することができ、サブクローニングは目的のDNA断片を第2のベクターに導入することができます。

ベクターの種類

ベクターの種類もクローニングとサブクローニングの違いの一つです。

クローニングではクローニングベクターが使われることが多く、サブクローニングでは発現ベクターが使われることがあります。

結論

クローニングとは、目的のDNA断片を宿主生物に導入したり、DNAライブラリを構築するための分子生物学の技術であり、サブクローニングとは、親ベクターから別のベクターにDNA断片を導入するための分子生物学の技術です。

これがクローニングとサブクローニングの大きな違いです。

タイトルとURLをコピーしました