レンズ豆と豆類の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


レンズ豆と豆類の大きな違いは、レンズ豆はレンズ状の種子を持つ豆類の一種であるのに対し、豆類は豆類の食用種子であることです

さらに、レンズ豆には赤レンズ豆、緑レンズ豆、ピュイレンティルなどがあり、豆類には乾燥エンドウ豆、ひよこ豆、乾燥豆なども含まれる。

レンズ豆と豆類は、さやの中で成長する2種類の食用種子です。

また、タンパク質や食物繊維が多く含まれています。

しかし、脂肪は少なめです。

一般的に、豆類は主に人間が食べるために栽培されています。

スポンサーリンク

レンティルとは

レンズ豆は、平たい円盤状の小さな種子の一種で、食用になります

しかし、その大きさや色は様々です。

一般的に、レンズ豆は乾燥させた状態で市場に出回ります。

また、種皮の有無、丸ごと、分割、研磨など、さまざまな形態で販売されています。

レンズ豆にはタンパク質が豊富に含まれているため、肉の代用品として最適です。

また、ビタミンA、B、カルシウムも豊富に含まれています。

図1: レンズ豆

さらに、レンズ豆にはブラウン・レンズ豆とグリーン・レンズ豆の2種類があります。

種皮がついた状態で市場に出回るが、中身は黄色です。

また、ピュイレンティルやフレンチグリーンレンティルは風味が強い。

赤レンズ豆やエジプトレンズ豆は丸みを帯びた小さな形をしており、種皮がないものが売られている。

また、南アジア料理では、脱皮したレンズ豆をダルと呼んでいる。

ダルは、米やロティと一緒に食べる主食として重要です。

また、サラダのベースやスープにも使われる。

パルスとは

豆類は、マメ科の植物の種子を乾燥させたもので、1粒から12粒の粒がさやの中に入っています。

種子の大きさ、形、色、味はさまざまです。

また、種類によって栄養価も異なります。

しかし、豆類は、豆類とは異なる健康上の利点があります。

豆類は、タンパク質と食物繊維が非常に豊富です。

また、脂肪の量も少なくなっています。

豆類の主な種類は、乾燥豆、レンズ豆、スプリットエンドウ、ひよこ豆です。

図2:豆類

豆類は食べ物としてだけでなく、環境にも良いものです。

豆類は窒素固定作物であり、大気中の窒素を土壌中の窒素に変換する「窒素固定」と呼ばれる過程を経て、窒素を利用できるようになります。

これによって、他の生物も窒素を利用できるようになります。

したがって、豆類は窒素を含む肥料の必要量を減らし、特に一年生作物システムにおいて、環境の持続可能性を向上させることができます

レンコンと豆類の共通点

  • レンズ豆と豆類は、2種類の食用豆類の種子です。
  • どちらもマメ科の一年草で、さやの中で育ちます。
  • また、大きさや形、色も様々です。
  • どちらも乾燥した状態なので、食べる前に水に浸し、調理する必要があります。
  • さらに、どちらもタンパク質と食物繊維を豊富に含んでいます。脂肪は少なめです。
  • さらに、食用だけでなく、家畜の飼料やサイレージ、土壌改良のための緑肥としても栽培されている。

レンズ豆と豆類の違い

定義

レンズ豆はユーラシア大陸の一年生マメ科植物(Lens culinaris)の扁平な食用乾燥種子を指し、その葉茎は飼料として利用され、豆類はマメ科の植物の食用種子を指している。

この点がレンズ豆と豆類の大きな違いです。

対応


レンズ豆が豆類の一種であるのに対し、豆類は豆類の種子を乾燥させた食用のものです

ここがレンズ豆と豆類の大きな違いです。

工場

マメ科の植物が豆類を生産するのに対し、Lens culinarisやLens esculentaはレンズ豆を生産する一年草です。

タイプ

レンズ豆、乾燥豆、ひよこ豆が主な豆類であるのに対し、茶色レンズ豆、緑レンズ豆、赤レンズ豆、黄色レンズ豆、黒レンズ豆はレンズ豆の数種類です。

形状

また、レンズの形状もレンズは大きく、パルスの形状は様々です。

この点もレンズと豆類の違いといえるでしょう。

結論

レンズ豆は、種子がレンズのような形をしているのが特徴的な食用種子の一種である

赤レンズ豆、黄レンズ豆、緑レンズ豆、茶レンズ豆などがあります。

一方、豆類は、豆類の種子を乾燥させた食用のものです。

レンズ豆、乾燥豆、えんどう豆、ひよこ豆などがあります。

レンズ豆も豆類も、さやの中で育ちます。

タンパク質と食物繊維を豊富に含んでいます。

しかし、レンズ豆と豆類の主な違いは、その対応と形です。

タイトルとURLをコピーしました