脱分化と再分化の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


脱分化と再分化の大きな違いは、脱分化は植物において分化した細胞が分裂能力を回復する過程であるのに対し、再分化は脱分化した細胞が分裂能力を失う事象であることである

さらに、脱分化した組織は、筋間維管束形成層、コルク形成層、創傷分裂組織などの分裂組織として働き、再分化した組織は、機能分化した組織として働く。

脱分化と再分化は、時折、有糸分裂の能力を変化させるプロセスです。

#脱分化とは

脱分化とは、植物体の特定の部位で分化した細胞が分裂する能力を取り戻すことである

これにより、植物の一部が新しい細胞を作り出すことができるようになる。

そのため、一般的に分化した細胞は、生理的または構造的に大きな変化が起こる前に脱分化を行う。

脱分化の過程で、細胞の機能形態は初期の発生段階に戻る。

したがって、植物では、脱分化した細胞は、筋間維管束形成層、コルク形成層、創傷形成層など、さまざまな形態の分裂組織として機能する。

What is the Difference Between Dedifferentiation and Redifferentiation:図1 ヒドラにおける再生機構

さらに、両生類やミミズなどの下等生物では、再生過程で脱分化が起こることが多い。

再分化とは

再分化とは、分化した細胞が分裂する能力を取り戻し、失われること。

これにより、分化した細胞は植物体内で機能的に特化した細胞として機能するようになる。

一般に、脱分化によって植物体の生理的変化や構造変化を整えた後、対象となった分化細胞は再分化した形態に戻り、特定の機能を発揮する。

図2:維管束形成層、二次木部、二次葉部

例えば、脱分化した維管束は、細胞分裂を経て、二次木部と葉茎に再分化する。

しかし、二次木部と二次篩部の細胞はそれ以上細胞分裂ができず、成熟後、植物の構造に一体性を与えながら、食物や水の伝導などの機能を発揮する。

スポンサーリンク

脱分化と再分化の類似性

  • 分化と再分化は、細胞が分裂する能力を変化させる2つのメカニズムです。
  • 分化した細胞はこの2つのプロセスを経る。
  • また、両者は発生や傷害の治癒に重要な役割を果たす。

脱分化と再分化の違い

定義

脱分化とは、特定の機能に特化した構造や行動がその特質を失い、単純化・一般化することをいい、再分化とは、一度分化した細胞集団が元の特化した形態に戻ることをいう。

したがって、これが脱分化と再分化の主な違いです。

役割

また、脱分化した組織は、筋間維管束形成層、コルク形成層、創傷形成層などの分裂組織として働き、再分化した組織は、機能特化した組織として働く。

したがって、この点も脱分化と再分化の違いと言える。

重要性

また、脱分化と再分化のもう一つの違いは、脱分化は植物体が特定の場所で新しい細胞を作ることを可能にするのに対し、再分化は植物の特定の部分に特有の機能を果たすことが重要であることである

実質細胞が完全に分化して筋間部やコルク上皮が形成されるのは脱分化の例、維管束上皮が二次木部と葉茎に特化するのは再分化の例です。

結論

脱分化とは、分化した細胞が分裂能力を回復することである

そのため、脱分化した組織は、植物体内で別の分裂組織として機能する。

したがって、この過程は、特定の場所に新しい細胞を作り出すために重要です。

これに対し、再分化とは、分化した細胞が取り戻した分裂能力を失うことである

これにより、これらの細胞の機能的な特殊化が可能となり、植物体内で独自の機能を発揮する能力を得ることができる

したがって、脱分化と再分化の主な違いは、分化した細胞の分裂能力に対する影響です。

タイトルとURLをコピーしました