データ隠蔽と抽象化の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


データ隠蔽と抽象化の主な違いは、データ隠蔽はデータを安全に保護するのに役立ち、抽象化はシステムの複雑さを隠すのに役立つという点です。

オブジェクト指向プログラミング(OOP)は、構造化プログラミングなどの他のパラダイムを使用するよりも、実世界のシナリオに対するソリューションを容易に作成するのに役立つパラダイムです。

オブジェクト指向は、クラスとオブジェクトを使用してプログラムを設計することに基づいています。

クラスは、オブジェクトを作成するための計画や青写真です。

クラスには属性とメソッドが含まれる。

属性は、オブジェクトのプロパティを記述するデータメンバーです。

メソッドは、動作を記述します。

オブジェクトはクラスを使って作成されます。

データ隠蔽とデータ抽象は、OOPの重要な概念です。

スポンサーリンク

データ隠蔽とは

クラスは、データメンバーとメソッドから構成されています。

データ隠蔽は、クラスのメンバを保護するのに役立ちます。

Javaなどのプログラミング言語には、public、private、protectedといったアクセス修飾子があります。

他のクラスのオブジェクトは、publicなデータメンバやメソッドにアクセスすることができます。

しかし、protectedのメンバーは、同じクラスとそのサブクラスのオブジェクトがアクセスできます。

また、privateなメンバは、そのクラス内でのみアクセス可能です

したがって、これらのアクセス修飾子は、メンバの安全性を確保するのに役立ちます。


あるクラスのメンバに他のクラスのオブジェクトがアクセスできないようにする必要がある場合、プログラマはprivateアクセス修飾子を使用することができます

この場合、データ・メンバーはそのクラス内でのみアクセス可能となります

また、データ・メンバーをプライベートにして、パブリック・メソッド(ゲッターとセッター)でアクセスできるようにすることも可能です

カプセル化は、OOPの主要な概念です。

これは、データ・メンバとメソッドを1つのユニットにラップするものです。

  さらに、データの隠蔽を実現する方法でもあります。

全体として、データ隠蔽はクラスのメンバを保護するのに役立ちます。

抽象化とは

抽象化とは、内部の詳細を隠蔽し、機能のみをユーザーに表示することです。

言い換えれば、実装の詳細を隠し、機能を外部に提示することです。

例えば、携帯電話のような実世界のアプリケーションを想定してみましょう。

ユーザーは、携帯電話の内部構造や回路を理解しなくても、電話をかけたり、SMSを送ったり、ゲームをしたり、インターネットを見たりすることができます。

JavaなどのOOPをサポートするプログラミング言語では、抽象クラスとインターフェースを使って抽象化を実装することが可能である

抽象クラスは、抽象メソッドと非抽象メソッドを持つことができる。

抽象クラスを継承するクラスは、抽象メソッドの定義を提供する必要があります

データ隠蔽と抽象化の違い

定義

データ隠蔽とは、クラスメンバへの排他的なデータアクセスを保証し、意図しないまたは意図した変更を防ぐことによってオブジェクトの整合性を提供するプロセスです。

一方、抽象化とは、実装の詳細を隠蔽し、機能のみをユーザーに見せるというOOPの概念です。

したがって、これがデータ隠蔽と抽象化の主な違いです。

主な内容

データ隠蔽がデータの保護に重点を置いているのに対し、抽象化はシステムの複雑さを隠すことに重点を置いています。

したがって、この点もデータ隠蔽と抽象化の違いと言えるでしょう。

使用方法

さらに、データ隠蔽と抽象化のもう一つの違いは、データ隠蔽がデータの安全性を高めるのに対し、抽象化は実装の詳細を隠してユーザーに機能のみを表示するのに役立つということです。

結論

データ隠蔽と抽象化は、OOPに関連する2つの概念です。

データ隠蔽は、データメンバを保護する。

データ隠蔽を実現するためには、カプセル化を行います。

一方、抽象化は、システムの複雑さを軽減するのに役立ちます。

また、内部の詳細へのアクセスを制限し、ソフトウェアの本質的な機能をユーザーに示すことができます。

データ隠蔽と抽象化の主な違いは、データ隠蔽はデータの安全性を確保するのに役立ち、抽象化はシステムの複雑性を隠すのに役立つということです。

タイトルとURLをコピーしました