PetioleとPedicelの違いは何ですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


葉柄と花柄の主な違いは、葉柄は葉の茎で、葉身が茎に付着しているのに対し、花柄は花序と呼ばれる花の集合体の中にある個々の花の茎であることである

葉柄と花柄は、植物に存在する2種類の茎で、それぞれ異なる構造を持っています。

葉柄は葉柄の両脇にある突起で、花柄は花序の主幹であり、花柄を束ねたものです。

ペティオールとは

葉柄は、葉身と主幹をつなぐ幹です。

節から発生する。

葉柄の主な働きは、葉が光合成によって作り出したショ糖を主茎に伝えたり、光合成に必要な水分やミネラルを葉に供給したりすることである

さらに、葉を構造的に支える働きもあります。

葉柄の中には、その両脇に伸びた突起からなるものがあります。

このような葉柄は「棘(きょく)」と呼ばれる。

また、ルバーブやセロリのように、非常に長い葉柄もあります。

しかし、葉柄が短い葉もあります。

葉柄が非常に短い葉は、亜葉柄葉と呼ばれます。

しかし、中には葉柄のない葉もあります。

このような葉は、無柄葉または落葉葉と呼ばれる。

Petiole vs Pedicel 図1: 葉柄のあるドッグローズの葉

例えば、イネ科植物の葉は落葉性で、葉柄がない。

しかし、葉身の下部を狭くして偽腹柄を形成している。

さらに、葉柄を平らにして広げることで葉柄を形成するものもあります。

その結果、このタイプの葉は本葉が減少する。

ストレスの多い環境下でも生き延びることができる葉もあります。

さらに、複葉では、各葉は、棘(きょく)と呼ばれる葉柄の続き部分に付着している。

スポンサーリンク

ペディセルとは

茎の上に花が集まって主枝を作る花序のうち、個々の花を支える茎のことです。

また、花序の茎も花柄と呼ばれる。

ここで、子房とは、花序の卵巣から発生する果実の集合体を指す。

花序も果梗も大きさは同じです。

ただし、花には花柄がないものもあり、無柄花と呼ばれる。

また、複数の花柄を束ねている茎を花柄と呼ぶ。

興味深いことに、ハロウィンで使われるカボチャなどのカボチャ科植物の台木の大きさや形を最適化し、「ジャック・オー・ランタン」の「」に最適なものを作ろうとする植物育種家がいるのです。

Petiole と Pedicel の類似点

  • 葉柄と花柄は、顕花植物の茎の一種です。
  • 葉や花を主茎に付着させ、構造的に支えるのが主な役割です。
  • さらに、どちらも節から発生します。
  • そして、木部や葉部といった植物の伝導組織を含んでいる。
  • また、地上組織など他の植物組織も含まれる。
  • ほとんどの場合、緑色をしている。

PetioleとPedicelの違い

定義

葉柄は葉身と茎をつなぐ茎を指し、花柄は一つの花を花序につける茎を指す。

従って、これが葉柄と花柄の大きな違いです。

クラスター

また、葉柄はクラスターを形成しないが、台木はクラスターを形成する。

構造的な重要性

また、蕊は葉柄の両脇に出る突起で、台木は花序の主幹で、台木の集合体を保持する。

機能的意義

さらに、葉柄は光合成の産物を葉から主幹に伝える役割を、花柄は水や養分を花に伝える役割を担っている。

従って、これが葉柄と花柄の機能的な違いです。

結論

葉柄は、葉身と主幹を結びつけている茎です。

葉柄の中には棘を持つものもあります。

葉柄の主な働きは、光合成の産物を主茎に伝えるとともに、葉を構造的に支えることである

一方、花柄は、花の集合体である花序の中で、一輪の花を支える茎です。

その後、果梗の茎にもなる。

また、花や果実に水分や栄養分を供給するための伝導組織があります。

したがって、葉柄と台木の大きな違いは、どのような構造を持ち、どのような機能を持つかです。

タイトルとURLをコピーしました