ICSIとIMSIの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ICSIとIMSIの主な違いは、ICSIでは1個の精子細胞を卵細胞の細胞質に直接注入しますが、IMSIは高品質の精子を卵細胞に注入するICSIの進化版である点です。

 さらに、ICSIは比較的妊娠率が低いのに対して、IMSIは常に妊娠率が高いと言われています。

簡単に説明すると、ICSI(卵細胞質内精子注入法)とIMSI(卵細胞質内形態選択精子注入法)は、体外受精(IVF)治療に用いられる2つの実験技術です。

そして、どちらの手法も、卵子は体外で精子と融合します。

また、どちらの方法も、顕微鏡下で精子を選択することになります。

主な対象分野

  1. 顕微授精とは
         – 定義、手順、重要性
  2. IMSIとは
         – 定義、手続き、重要性
  3. ICSIとIMSIの類似点とは?
         – 共通点の概要
  4. ICSIとIMSIの違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

ICSI, IMSI, In Vitro Fertilization, Pregnancy Rates, Sperm Selection Difference Between ICSI and IMSI - Comparison Summary

スポンサーリンク

顕微授精とは

ICSI(intracytoplasmic sperm injection)とは、体外受精(IVF)の方法の一つで、卵細胞の細胞質に直接注入するための精子細胞1個を必要とするものである

また、体外受精は、卵細胞と精子の受精が体外で行われる技術です。

受精前後の流れは同じですが、顕微授精では精子1個で受精するのに対し、体外受精では5~10万個の精子が必要です

ここで、必要な精子細胞数が多いのは、体外受精では先体反応が起こるためである

図1:顕微授精

さらに、200倍から400倍の倍率で精子を選別し、200倍の倍率で正常な精子を卵細胞内に注入する。

IMSIとは

IMSI(intracytoplasmic morphologically selected sperm injection)は、ICSIの進化した方法です。

基本的にIMSIの最大の特徴は、高倍率(6,600倍)で精子を選択することです。

さらに、高品質の精子は、滑らかで、対称的で、楕円形の形状をしており、長さと幅の限界は平均的である(それぞれ4.75±0.28 µmと3.28±0.20 µm)。

図2:顕微授精と顕微授精の一般的な手順

また、核クロマチンの量も均一で、核の局所的な障害もなく、境界径0.78±0.18µmの小さな空胞を1つ以上含んでいないことがわかります。

重要なことは、精子の品質が高いため、IMSIは常に高い妊娠率を伴うということです。

ICSIとIMSIの類似点

  • 顕微授精と顕微授精は、体外受精(IVF)の治療法の一つです。
  • 顕微授精と顕微授精は、体外受精(IVF)の治療法の一つで、一般的には、実験室の条件下で卵細胞と精子を体外で融合させる方法です。したがって、どちらも女性の排卵過程を監視・刺激し、女性の卵巣から卵子を取り出し、実験室内の液体で精子に受精させるという方法を取ります。
  • その後、受精卵(接合体)は2~6日間胚培養を行い、子宮内に移植し、妊娠を成立させることを目的としています。
  • いずれも生殖補助医療技術による不妊治療、妊娠代理援助技術です。

ICSIとIMSIの違い

定義

ICSI(Intracytoplasmic sperm injection)とは、体外受精(IVF)の一つで、精子細胞一つを卵子の細胞質内に直接注入する方法です。

一方、IMSI(Intracytoplasmic morphologically selected sperm injection)とは、体外受精治療において、高品質の精子を卵子に注入して受精させる実験技術で、ICSIの発展型です。

意義

ICSIは体外受精の方法の一つで、卵細胞の細胞質に直接注入する精子細胞を1つだけ必要とし、IMSIはICSIの進化版で、卵細胞に注入する精子の質が高いものを使用します

精子の選択

ICSIでは卵細胞1個に対して精子1個で済みますが、IMSIでは高倍率(6,600倍)で精子の選別が行われます。

重要性

ICSIは先体反応の発生を避けることができ、IMSIは高い妊娠率を誇る高度な技術です。

結論

ICSI(intracytoplasmic sperm injection)とは、簡単に言うと、体外受精を改良したもので、1個の精子で卵細胞を受精させるものです。

また、従来の体外受精のような先体反応の発生を回避することができる。

一方、IMSI(細胞質内形態選択精子注入法)はICSIの進化した方法で、高倍率で受精のための精子選択が行われます。

したがって、高品質の精子を使用するため、常に高い妊娠率が期待できます。

したがって、ICSIとIMSIの主な違いは、精子の選択方法と妊娠率です。

タイトルとURLをコピーしました