白質と灰白質の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

主な違い – 白質 vs 灰白質

白質と灰白質は、脳と脊髄にある2つの構成要素です。

脳と脊髄は、中枢神経系に属する神経で構成されています。

中枢神経系の主な役割は、末梢神経系から伝達された情報をもとに、身体の機能を調整することです。

白質は、脳と脊髄の両方に存在します。

しかし、灰白質は脳の主要な構成要素です。

白質と灰白質の主な違いは、白質が主に有髄軸索で構成されているのに対し、灰白質は主に細胞体、軸索末端、樹状突起で構成されている点です。

白色は、ミエリンの脂質成分によって生じる。

ホワイトマターとは

白質は、脳と脊髄の淡い色の部分です。

脳の60%を占めている。

白質は、脳の皮質下領域に存在する。

主に神経細胞の髄鞘化した軸索で構成されている。

ミエリンの脂質成分が白質に色をつけている。

ミエリンはオリゴデンドロサイトから分泌され、脳内の神経細胞の軸索を絶縁している。

ミエリンは、神経細胞の中で2つの機能を担っている。

軸索を絶縁することにより、神経インパルスの伝達速度を向上させる。

一般に、長い軸索の大部分は髄鞘化されています。

ミエリンは、神経線維を損傷から保護する働きもあります。

図1は、脳の白質と灰白質を示している。

図1: 脳の白質と灰白質

白質は神経軸索で構成されているため、主に神経インパルスの伝達に関与している。

多発性硬化症では、白質のミエリン鞘が破壊されることがあります。

グレイマターとは

灰白質は、脳と脊髄の暗い色の部分です。

灰白質は脳の40%を占めている。

脳では、灰白質は皮質領域の表面に発生します。

灰白質には、中枢神経系の神経細胞の細胞体、神経膠、軸索末端、毛細血管が含まれる。

これらの成分が集合して、灰白質にピンクがかった灰色を与えている。

また、無髄の軸索も含まれる。

灰白質は、神経細胞の細胞体を含んでいるため、脳の情報処理を行う部分です。

感覚器から白質を通して情報を取り込む。

また、白質を通じて効果器官に指令を送る。

図2:脊髄の白質・灰白質

灰白質の正確な位置は

  • 大脳皮質
  • 小脳皮質
  • 視床下部、視床、視床下部の深部、基底核の深部
  • 歯状核、塞栓状核、鉤状核、球状核の深部
  • 脳幹では、赤核、オリーブ核、黒質、脳神経核。
  • 脊髄では、前角、側角、後角

白質と灰白質の類似性

  • 白質と灰白質は、脳と脊髄を構成する2つの要素です。
  • 白質も灰白質も神経細胞の成分で構成されている。
  • 白質と灰白質は共に、中枢神経系から身体の他の部分に信号を送るための脊髄路を形成している。

白質と灰白質の違い

定義

白質。

白質は脳と脊髄の淡い色の組織で、主に神経線維とそのミエリン鞘から構成されている。

灰白質。

灰白質は、脳と脊髄の黒っぽい組織で、主に神経細胞体と枝分かれした樹状突起から構成されている。

組成

白質。

白質は、神経細胞の髄鞘軸索で構成されている。

灰白質。

灰白質は、細胞体、軸索末端、樹状突起から構成される。

髄鞘軸索

白質。

白質には有髄軸索が多く存在する。

灰白質。

灰白質は有髄軸索の数が少ない。

カラー

白質。

白質は、ミエリンの脂質成分によって明るい色をしている。

灰白質。

灰白質は、神経細胞体や毛細血管によってピンクがかった灰色をしています。

軸索

白質。

白質:白質の神経細胞には長い軸索があります。

灰白質。

灰白質にある神経細胞には、短い軸索があります。

脳の中

白質。

脳では、白質は大脳皮質に存在する。

灰白質。

脳では、灰白質は表層部に存在する。

脊髄の中

白質。

白質は脊髄の表面に存在する。

灰白質。

灰白質は脊髄の内部に存在する。

脳内プロポーション

白質。

白質は脳の60%を占める。

灰白質。

灰白質は脳の40%を占める。

開発

白質。

白質:20歳代で最も発達する。

灰白質。

中年期が最も発達している。

役割

白質。

白質は、末梢神経系と灰白質との間で、感覚と運動の両方のインパルスを伝達する。

灰白質 灰白質は、白質から取り出された情報を処理し、白質を通じて効果器官に指示を送り返す。

機能

白質。

白質は、血圧、心拍数、体温などの体の不随意機能を制御している。

灰白質 灰白質は、聴覚、感覚、視覚、言語、記憶など、身体の感覚を制御している。

結論

白質と灰白質は、脳と脊髄の2つの構成要素です。

脳と脊髄は合わせて脊椎動物の中枢神経系を構成し、体の機能を調整する。

白質は、主に有髄軸索で構成されています。

ミエリンは白質に白色を与えている。

灰白質には、細胞体、神経膠、軸索末端が含まれる。

白質は神経軸索を含むので、中枢神経系に神経インパルスを出入りさせる。

灰白質は、末梢神経系からの情報を、神経細胞の細胞体で処理する。

白質と灰白質の主な違いは、その構成要素と機能です。

タイトルとURLをコピーしました