ファンデーション・コンシーラー・ハイライトの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファンデーション・コンシーラー・ハイライトの大きな違いは、その機能です。

簡単に説明すると、ファンデーションは顔のメイクのベースとなり、均一な肌色を与え、コンシーラーは肌のシミをカバーし、ハイライトは特定のポイントを強調し顔を明るくする効果があります。

ファンデーション、コンシーラー、ハイライトの3つは、肌の欠点をカバーしながら完璧な仕上がりを実現するためのメイクアップ製品です。

その機能は一部重複していますが、これらの製品には明確な違いがあります。

スポンサーリンク

ファウンデーションとは

ファンデーションは、顔の化粧の下地となる化粧品です。

ファンデーションは、肌を均一に仕上げ、シミをカバーし、さらに肌色を変化させる効果があります。

顔全体はもちろん、時には首やデコルテ、体にも塗って、均一な肌色を作ります。

ファンデーションは、さまざまな肌の色に対応し、クリーム、パウダー、ローションなどの種類があります。

また、ファンデーションという名称は、色や質感、粘度の異なるさまざまな製品を指す包括的な用語でもあります。

Main Difference - Foundation Concealer vs Highlighter

ファンデーションを選ぶ際には、主に色合いとカバー力を考慮する必要があります

ファンデーションは、自分の肌の色に合ったものを選ぶことが大切ですが、これはサンプルを肌につけてみないとわかりません。

カバー力とは、その製品がどれくらいあなたの肌を隠してくれるかという、化粧品の不透明度のことを指します。

 多くのファンデーションは、シアー、ミディアム、フルの間に位置します。

シアーまたはライトファンデーションは、透明で、顔料が最も少ないです。

初心者の方は、シアーファンデーションから始めるとよいでしょう。

シミ、そばかす、傷、ニキビ跡などをカバーしたい場合は、カバー力のあるファンデーションを選ぶとよいでしょう。

なお、ファンデーションは、実はニキビをカバーするために作られたものではありません。

コンシーラーをお使いください。

コンシーラーとは

コンシーラーは、肌の欠点をカバーするための化粧品です。

クマ、シミ、ニキビ、大きな毛穴、その他肌に見える傷などを隠すことができます。

コンシーラーは、色補正剤としても知られています。

また、コンシーラーは色補正剤とも呼ばれます。

ファンデーションに似ていますが、厚みがあり、欠点を周囲の肌の色になじませることで、異なる色素を隠すことができます。

ファンデーションと同様に、コンシーラーも肌の色をより均一に見せることができます。

また、ファンデーションと一緒に使うことも、単独で使うこともできます。

コンシーラーには、さまざまな色合いがあります。

色合いを選ぶ際には、実際の肌の色よりもやや明るめの色合いを選ぶ傾向があるようです。

また、黄色い色調のコンシーラーはクマをカバーし、紫色の色調のコンシーラーは浅黒い顔色を明るくするのに役立つ。

ハイライターとは

ハイライターは、顔の特定の光点を強調し、肌を明るくする化粧品です。

光を反射させ、奥行きや角度の知覚を生み出します。

リキッド、クリーム、パウダーなど、さまざまな形状があります。

ハイライトを使うときは、顔全体に塗るのではありません。

頬骨、鼻骨、顎、唇の真上など、顔の特定のポイントに使うとよいでしょう。

ファンデーション・コンシーラー・ハイライトの違いについて

定義

ファンデーションは、顔のメイクアップのベースとなる化粧品です。

コンシーラーは、肌の欠点をカバーするための化粧品で、ハイライトは、顔の特定の光点を強調し、肌を明るくする化粧品です。

機能

ファンデーションは、顔のメイクのベースとなり、シミをカバーし、肌のトーンを均一にします。

コンシーラーは、そばかす、クマ、大きな毛穴、傷跡、ニキビ跡などの肌のシミをカバーするのに役立っています。

ハイライターは、顔の色を明るくし、特定のポイントにハイライトを入れるものです。

使用順序


コンシーラーを塗る前にファンデーションを塗る必要があります

ファンデーションを塗ってからコンシーラーを塗ると、ハイライターが使えます。

アプリケーション

ファンデーションは顔、首、デコルテに塗り、コンシーラーはカバーしたいシミに塗ります。

一方、ハイライターは、顔の中で強調したいポイントに塗ります。

結論

ファンデーション・コンシーラー・ハイライトの大きな違いは、その機能です。

簡単に説明すると、ファンデーションは顔のメイクのベースとなり、均一な肌色を与え、コンシーラーは肌のシミをカバーし、ハイライトは特定のポイントを強調し、顔を明るくする効果があります。

タイトルとURLをコピーしました