骨髄芽球とリンパ芽球の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


骨髄芽細胞とリンパ芽細胞の主な違いは、骨髄芽細胞は顆粒球に分化するのに対し、リンパ芽細胞はリンパ球に分化することである

また、骨髄芽細胞は顆粒を含むが、リンパ芽細胞は顆粒を含まない。

骨髄芽細胞とリンパ芽細胞は、造血の過程で血球芽細胞から分化した2種類の前駆細胞です。

ここで、血球芽細胞は多能性幹細胞であり、数種類の前駆細胞に分化することが可能である

主な対象分野

  1. 骨髄芽球とは
         – 定義、形態、病理学
  2. リンパ芽球とは
         – 定義、形態、病理
  3. 骨髄芽球とリンパ芽球の類似点とは?
         – 共通の特徴の概要
  4. 骨髄芽球とリンパ芽球の違いについて
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

Acute Lymphocytic Leukemia (ALL), Acute Myeloblastic Leukemia (AML), Lymphoblast, Myeloblast, Nucleus Difference Between Myeloblast and Lymphoblast - Comparison Summary

スポンサーリンク

骨髄芽球とは?

好中球、好酸球、好塩基球などの顆粒球の前駆細胞です。

単能性であり、多能性の血球芽球から分化する。

また、骨髄芽球の核は、S字型、C字型、V字型のいずれでもあります。

さらに、クロマチンの密度は低く、そのため核小体が目立つ。

そして、骨髄芽球の細胞質には顆粒が含まれる。

その上、骨髄芽細胞はミエロペルオキシダーゼ染色で染めることができる。

アウエルロッドの存在は骨髄芽球の重要な特徴の一つであり、骨髄塗抹標本で骨髄芽球を識別するのに役立つ。

図1: ヒト骨髄芽細胞

骨髄芽球から顆粒球が発生することを顆粒球形成という。

骨髄芽球の働きが悪くなると、急性骨髄芽球性白血病(AML)という病気が起こります。

末梢血中に未熟な骨髄球が蓄積され、造血不全を起こします。

このため、貧血状態、開口部からの出血のほか、感染症の再発を引き起こす。

リンパ芽球とは

リンパ芽細胞は、Tリンパ球やBリンパ球の前駆細胞です。

また、血球芽細胞とも区別される。

リンパ芽球の核は円形で、圧縮されたクロマチンを含む。

骨髄芽球のように、顕著な核小体や細胞質顆粒は含まれない。

リンパ球増殖は、リンパ芽球からリンパ球への分化過程です。

急性リンパ性白血病(ALL)は、骨髄でリンパ芽球が過剰に産生される疾患です。

そして、肺炎などの感染症を再発させる。

骨髄芽球とリンパ芽球の類似点

  • 骨髄芽球とリンパ芽球は、造血の際に発生する2種類の前駆細胞です。
  • 骨髄芽細胞とリンパ芽細胞は、造血の際に発生する2種類の前駆細胞で、大型で骨髄に存在する。
  • また、どちらも血球芽球から発生します。
  • 両者とも単能性細胞です。
  • さらに、これらの細胞はサイトカインによって分化が促進される。

骨髄芽球とリンパ球の違い

定義

骨髄芽球は骨髄球の前駆体である大きな骨髄細胞であり、リンパ球はリンパ球の前駆体である大きな骨髄細胞です。

これが骨髄芽球とリンパ球の主な違いです。

顆粒

骨髄芽細胞とリンパ芽細胞のもう一つの違いは、骨髄芽細胞は細胞質内に顆粒を含むが、リンパ芽細胞は細胞質内の顆粒を含まないことである

核の形状

さらに、骨髄芽球の核はS字、C字、V字のいずれかであり、リンパ芽球の核は丸みを帯びている。

クロマチン

また、骨髄芽細胞は凝縮したクロマチンが少なく、リンパ芽細胞は凝縮したクロマチンが多く含まれる。

核小体

また、骨髄芽球の核には顕著な核小体があるが、リンパ芽球の核にはあまり明確な核小体がない。

直径

なお、骨髄芽球の直径は20μm、リンパ芽球の直径は15μmです。

に分化させる。

骨髄芽細胞は好塩基球、好酸球、好中球に分化し、リンパ芽細胞はTリンパ球とBリンパ球に分化する。

この点も骨髄芽球とリンパ芽球の重要な違いです。

病理学

骨髄芽球の異常は急性骨髄性白血病(AML)を、リンパ芽球の異常は急性リンパ芽球性白血病(ALL)を引き起こす。

結論

骨髄芽細胞は、骨髄球の前駆細胞です。

骨髄球には、好中球、好酸球、好塩基球の3種類があります。

 リンパ球は、Tリンパ球とBリンパ球の前駆細胞です。

骨髄芽球とリンパ球はともに、血球芽球から発生した2種類の単能性細胞です。

骨髄芽球とリンパ球の主な違いは、そこから発生する成熟細胞の種類です。

タイトルとURLをコピーしました